2016年06月13日

LINEキラー!?任天堂アプリ「ミートモ」+【海外の反応】すごい!任天堂の人気ゲーム(マリオカート)をリアルなCGで実写化!



LINEキラーの本命と目される、任天堂のアプリ「ミートモ」。4月下旬までで1000万ダウンロードを達したといわれていて凄い人気。ダウンロード数はなんとLINEやツイッターなどを上回り日本で首位になったということで、このアプリが今後、市場を席巻するのは間違いないでしょう。任天堂は、なんといっても子供たちへの浸透力が強い。これがある限りLINEの市場独占状態を打ち破るのは任天堂なんじゃないかと前々から思っていたんですよ。子供が成長していけば、その上の世代にアプリが波及しますし、LINEが子供たちに浸透して市場を勝ち取ったビジネスモデルをほぼ上位互換で任天堂ならば実現できる。

実は、任天堂がDeNAと業務・資本提携した時点で、任天堂がLINEキラーのアプリを開発しているのを予言していたんですがね。誰もこれに気が付いていないのが不思議でならなかったんです。

今後は無料通話機能も付くだろうし、これはDeNAによるLINE対抗アプリ「comm」のノウハウを継承しているのでしょうが、ひた隠しにするでしょうな(笑)。まあともかく、このアプリは任天堂を前面に打ち出すことで大正解です。なんというかドストライクな球を投げてくれる任天堂に乾杯ですよ!これならマジで世界を狙える。

といいますか、韓国資本のLINE使いたくないんですよね・・・。スマホから外したいんだけど、松屋のクーポン配布があるから仕方なく入れている感じ。何の思入れもないし、セキュリティー的にも心配だし、代わりになるのがあれば喜んでそれを使うだけの事。とにかく日本のCMをLINEのような韓国企業が占領するのは報道の自由を奪うし、日本の国益に反するわけで・・・。

そういや、民放各社とNHKはLINEが日本企業ということをさかんに強調しているけど。スマホのギャラクシーのサムソン隠しと似たような裏事情があるんでしょうね。

とりあえず、LINEが上場を果たしたけど、任天堂の「ミートモ」アプリが今後のLINEの株価に大きな影響を与えることになるでしょうな。音楽事業が大失敗しているし、ビジョンが不鮮明なのが痛い。おそらく、任天堂が「ミートモ」とNXで本格的にゲーム事業に参入して来たら、LINEブランドはあっけなく駆逐されてしまうかも。それだけの破壊力とブランドがあるんですよ任天堂は。

と願望を込めて提灯記事を書いてみました(笑)。




https://miitomo.com/ja/
ミートモ公式ページ

さて冒頭の動画ですが、「マリオカート」をリアルなCGで実写化した映像に対する海外の反応です。巨大な亀の甲羅が笑えますな。

続きを読む
posted by クールジャポン at 22:17| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

【海外の反応】「何だこの人出は!多すぎ!」 ドイツ 日本デーの異常な人気ぶりが現地で話題に!!




G7(ジーセブン)で突然安倍首相が消費税増税延期を打ち出したのですが、唐突な話で驚きました。おそらく、前々から消費税増税延期のつもりだったんだけど、財務省の圧力があまりにも強いがため、それなりの大きな理由が欲しかった。というわけで、安倍さんはG7(ジーセブン)にかこつけて、ここぞとばかりに、消費税増税延期の正当性を主張したんでしょう。あまりにしらじらしいけど(笑)。G7で安倍首相に、言われちゃ財務省の官僚も黙るしかないですな。

前にも言いましたが、消費税にも贅沢品と日用品の2種類にあってしかるべきだと思います。裕福層の贅沢品への消費税は10パーセントどころか20パーセントが正しい。通常の消費税は5パーセント程度に減額すべきです。これで、すべて解決する気がします。消費税課税の比率を数多く分けるのはコスト面と運用面で無理が伴うので、2種類が限界でしょう。

贅沢品に対する消費税? よくよく考えると、日本は裕福層の所得税の税率が物凄く高い国。金持ちになればなるほど、ごっそり国に税金を持っていかれる。大金持ちになればなるほど、これほど国に搾取されるなんて通常ありえない。大げさに言うけど、海外なら暴動が起こるレベル。

この所得税の概念をそのまま消費税に当てはめるというわけです。裕福者への負担を増して、一般人の負担を減らす。

ガソリンのハイオク、宝石、ブランド品、高級車・・・。これらは本来必需品ではないですよね。裕福層はそれを承知で高い金を払って購入しているわけです。裕福層にとってこれらの消費税が上がっても痛くもかゆくもないわけです。金持ちだから。所得税であれだけ理不尽な税率を甘んじて受けているわけですから、消費税にだって耐えられるはずです。政府は何故、所得税と同じ概念で消費税を導入しないのか全く理解に苦しむわけですよ。消費税をすべての国民に均一にという平等主義が間違いなわけです。

政府から軽減税率なんて案が出てきたけど、その行きつく答えは裕福層の贅沢品への課税なのは明白なわけで。ひょっとしてと、この答えにたどり着くか否かで注目していたんだけど、残念ながら、結局辿り着けなかったですね。やっぱり頭が固すぎる。軽減税率という発想ができるんだから、裕福層の贅沢品への重点課税について思いを巡らせてほしかった。


さて、動画ですが、5月21日に開催されたドイツの日本デー。100万人(去年70万人)もの来場者が訪れ大盛況だった模様。というか、混雑し過ぎてラッシュアワーの日本の電車の方がマシだったとのこと。会場の近くで駐車は不可能だから、消防署の前に停めていたという人も・・・。やはり、日本のアニメとカルチャーはとんでもないパワーがありますな。日本デーは、花火が凄いらしくそれも人気に拍車をかけているようです。


続きを読む
posted by クールジャポン at 22:15| ドイツの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

【海外の反応】東京オリンピック招致で1.6億円支払い、裏金疑惑を英紙が報道+舛添都知事について思う




舛添都知事といえば、保育園のために申請していた新宿区矢来町の土地を独断で定員割れの韓国学校を作ると宣言したことでも知られます。舛添都知事の在日&韓国寄りの姿勢が保守の反感を買っていたんですがね。メディアはこのことに対して全くと言っていいほど報道しなかったので、左翼メディアはてっきり舛添の味方なのかと思っていたわけです。

でも、ここにきて、舛添都知事のバッシングがエスカレートしていて。というよりも潰しにかかっている。この報道の仕方は末期に近く、正直、もう舛添はもう駄目でしょうね。それにしても、メディアが手のひらを返したように舛添批判に転じたということは、メディアに指示系統みたいなものがあるんじゃないかと勘繰りたくなりますな。

五輪に裏金を送ったと噂される電通は五輪に対する執着がある。オリンピックを成功に導きたい志があるから、不祥事が多発する都知事の舛添を「こりゃ駄目だ」と見限って一斉に舛添バッシングに傾いたんだと思いますよ。

舛添に関しては昔書いたと思うのですが。彼は、頭がいい頭がいいと言われているけど、確かに記憶は良い。でも、後先を考えられないタイプの人間で、こういう人間は大脳新皮質が未発達だから、他人の感情を感知できず、自らの感情の赴くままに行動し、結局破滅的行動をとってしまう。いわゆる本質的な意味で馬鹿なんですよね。東大にはIQが高いかもしれんけど、こういう類の人間が多くて、文字通り「東大馬鹿」と呼んでいます。東大卒の福島みずほはその代名詞。


大脳新皮質が未発達の人は、海馬の記憶中枢の働きが抜群に良い傾向があり、記憶力がいい。詰め込み教育なんてやらせたら、抜群の実力を発揮するでしょう。カラクリは、そういう人たちには記憶中枢へのノイズがないからいくらでも記憶できるというわけです。



一部のチンパンジーは人間よりも記憶力が良いそうですが、たぶん大脳新皮質が未発達が故の結果でしょう。

我々は様々な事に気にかけ、それに対し思い煩っています。恋愛などしていたら勉強なんて手がつかないでしょう。人に対する気遣い。それはすなわち記憶中枢に対するダメージそのもの。

それが信じられないことに、記憶中枢へのノイズが皆無の人たちがこの世に存在するんですよ。ハーバードでも東大でもどこでも行ける人種です。大脳新皮質が弱く、集中力が強い者は記憶力が抜群に良い。

ただし、人としてよりよく生きるために進化した大脳新皮質が未発達ということは、他人のことなんて知ったことではないという冷酷なタイプが多く、周囲とトラブルを起こすパターンが多い。

周囲とトラブルを起こすというのは頭が悪い証拠。根本的に頭が悪いんじゃどうしようもないです。舛添氏が話題になって、数々のエピソードが公開されていますが、それを見るたびに、昔いた会社の東大卒の上司を思い出して仕方ない。

彼は営業先で、なんの脈絡もなく「私は東大卒です」とか言い出し東大卒を自慢した(当然のごとく顰蹙かいまくり)。部下たちをあからさまに学歴差別で口撃してくる。ささいなことで癇癪を起すし、パワハラで周りから凄い嫌われていた。「この人、東大卒だと自慢しているけど、人間的にものすごく頭悪い。この会社で一番馬鹿だと」そんなふうに、誰しもが陰口言っていた。完全な気印扱い(笑)。案の定、この人は、会社を辞めざるを得ない状況に追い込まれたけど・・・。

自分の行動がどういう結果をもたらすかに対する思慮に欠ける点では、舛添とよく似ていますね。東大馬鹿にはステレオタイプがあって、記憶力が異様にあるけど、他人の感情を感知する能力に欠けている。周りから異様に嫌われている。学歴差別するなどいくつか共通点がありそうです。

東大馬鹿は、心の知能指数であるEQ(自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする知能)が極めて低いから、いくら勉強ができたとしても身の破滅を産む諸刃の剣でしょうね。地位がない頃はまだいいけど、これに地位が加わっていくと悪質さに歯止めがかからず、どんどんエスカレートしていく。いくらIQが高く記憶力が良くてもあっけなく職を失うというわけです。せっかく東大に入ってたのに、EQが低いために、中年で職を失っていたら洒落にならないでしょう。

臨床心理士の和田秀樹は、「頭がよくてもEQ能力がないと成功できない」と言っていたけど、職種によって違う気がします。EQ能力がなくても成功している人山とみているわけで・・・。実際、IQが高く記憶力がいい人はデスクワークにおいて人の数倍仕事できるんですよ。だけど、EQ能力が低い人は、どこかで必ず破滅する。「EQ能力がないと成功を持続できない」が正しいと思います。

さて動画ですが、日本には不正とかそういうの関係ないクリーンなイメージがあるはずなのに。オリンピックロゴのパクリもそうですがいい加減にしてほしいですね。裏金疑惑には電通の名前が挙がっているようですが、例によってほとんど報道されていないみたいです・・・。辛坊治郎氏も言うように、他の立候補した国に比べればクリーンな招致活動だけど、やらないと負けちゃうからの「裏金」だったと思いますよ。オリンピック組織委員会の腐敗は有名ですからね。


続きを読む
posted by クールジャポン at 04:49| イギリスの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

海外の反応 日本 138年前 英国女性ただ一人、欧米人未踏の地へ 急流下りの冒険



パナマ文章が公開されましたね。基本的に外国に資産を移動することは法的には問題はないんだけど、国に治めるはずの税金を納めなかったという道義的責任が存在するために、パナ文書に名前が挙がった企業は非難されるのは必至でしょうね。こういう企業から税金を回収してくれれば、わざわざ増税する必要もないと思うわけで、なんとかならんものかと思います。例によって日本政府に忠誠心がないソフトバンクやらロッテやらの在日企業が名前を連ねているようですが・・・。メディアでのパナマ文章の扱いが小さいのは、こういう企業がテレビ局に圧力をかけているからなんでしょうね。

さて動画ですが、138年前に日本を訪れ、その旅行記を出版した英国人イザベラバードの旅行記の一部を紹介しています。イザベラバードといえば、日本を絶賛して韓国をこけおろしたことでも有名なんだけど、まぁ、日本人は昔から高い美意識と道徳心を育んでいたという事でしょうね。


続きを読む
posted by クールジャポン at 18:00| イギリスの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする