2016年05月18日

【海外の反応】東京オリンピック招致で1.6億円支払い、裏金疑惑を英紙が報道+舛添都知事について思う




舛添都知事といえば、保育園のために申請していた新宿区矢来町の土地を独断で定員割れの韓国学校を作ると宣言したことでも知られます。舛添都知事の在日&韓国寄りの姿勢が保守の反感を買っていたんですがね。メディアはこのことに対して全くと言っていいほど報道しなかったので、左翼メディアはてっきり舛添の味方なのかと思っていたわけです。

でも、ここにきて、舛添都知事のバッシングがエスカレートしていて。というよりも潰しにかかっている。この報道の仕方は末期に近く、正直、もう舛添はもう駄目でしょうね。それにしても、メディアが手のひらを返したように舛添批判に転じたということは、メディアに指示系統みたいなものがあるんじゃないかと勘繰りたくなりますな。

五輪に裏金を送ったと噂される電通は五輪に対する執着がある。オリンピックを成功に導きたい志があるから、不祥事が多発する都知事の舛添を「こりゃ駄目だ」と見限って一斉に舛添バッシングに傾いたんだと思いますよ。

舛添に関しては昔書いたと思うのですが。彼は、頭がいい頭がいいと言われているけど、確かに記憶は良い。でも、後先を考えられないタイプの人間で、こういう人間は大脳新皮質が未発達だから、他人の感情を感知できず、自らの感情の赴くままに行動し、結局破滅的行動をとってしまう。いわゆる本質的な意味で馬鹿なんですよね。東大にはIQが高いかもしれんけど、こういう類の人間が多くて、文字通り「東大馬鹿」と呼んでいます。東大卒の福島みずほはその代名詞。


大脳新皮質が未発達の人は、海馬の記憶中枢の働きが抜群に良い傾向があり、記憶力がいい。詰め込み教育なんてやらせたら、抜群の実力を発揮するでしょう。カラクリは、そういう人たちには記憶中枢へのノイズがないからいくらでも記憶できるというわけです。



一部のチンパンジーは人間よりも記憶力が良いそうですが、たぶん大脳新皮質が未発達が故の結果でしょう。

我々は様々な事に気にかけ、それに対し思い煩っています。恋愛などしていたら勉強なんて手がつかないでしょう。人に対する気遣い。それはすなわち記憶中枢に対するダメージそのもの。

それが信じられないことに、記憶中枢へのノイズが皆無の人たちがこの世に存在するんですよ。ハーバードでも東大でもどこでも行ける人種です。大脳新皮質が弱く、集中力が強い者は記憶力が抜群に良い。

ただし、人としてよりよく生きるために進化した大脳新皮質が未発達ということは、他人のことなんて知ったことではないという冷酷なタイプが多く、周囲とトラブルを起こすパターンが多い。

周囲とトラブルを起こすというのは頭が悪い証拠。根本的に頭が悪いんじゃどうしようもないです。舛添氏が話題になって、数々のエピソードが公開されていますが、それを見るたびに、昔いた会社の東大卒の上司を思い出して仕方ない。

彼は営業先で、なんの脈絡もなく「私は東大卒です」とか言い出し東大卒を自慢した(当然のごとく顰蹙かいまくり)。部下たちをあからさまに学歴差別で口撃してくる。ささいなことで癇癪を起すし、パワハラで周りから凄い嫌われていた。「この人、東大卒だと自慢しているけど、人間的にものすごく頭悪い。この会社で一番馬鹿だと」そんなふうに、誰しもが陰口言っていた。完全な気印扱い(笑)。案の定、この人は、会社を辞めざるを得ない状況に追い込まれたけど・・・。

自分の行動がどういう結果をもたらすかに対する思慮に欠ける点では、舛添とよく似ていますね。東大馬鹿にはステレオタイプがあって、記憶力が異様にあるけど、他人の感情を感知する能力に欠けている。周りから異様に嫌われている。学歴差別するなどいくつか共通点がありそうです。

東大馬鹿は、心の知能指数であるEQ(自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする知能)が極めて低いから、いくら勉強ができたとしても身の破滅を産む諸刃の剣でしょうね。地位がない頃はまだいいけど、これに地位が加わっていくと悪質さに歯止めがかからず、どんどんエスカレートしていく。いくらIQが高く記憶力が良くてもあっけなく職を失うというわけです。せっかく東大に入ってたのに、EQが低いために、中年で職を失っていたら洒落にならないでしょう。

臨床心理士の和田秀樹は、「頭がよくてもEQ能力がないと成功できない」と言っていたけど、職種によって違う気がします。EQ能力がなくても成功している人山とみているわけで・・・。実際、IQが高く記憶力がいい人はデスクワークにおいて人の数倍仕事できるんですよ。だけど、EQ能力が低い人は、どこかで必ず破滅する。「EQ能力がないと成功を持続できない」が正しいと思います。

さて動画ですが、日本には不正とかそういうの関係ないクリーンなイメージがあるはずなのに。オリンピックロゴのパクリもそうですがいい加減にしてほしいですね。裏金疑惑には電通の名前が挙がっているようですが、例によってほとんど報道されていないみたいです・・・。辛坊治郎氏も言うように、他の立候補した国に比べればクリーンな招致活動だけど、やらないと負けちゃうからの「裏金」だったと思いますよ。オリンピック組織委員会の腐敗は有名ですからね。


続きを読む
posted by クールジャポン at 04:49| イギリスの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

海外の反応 日本 138年前 英国女性ただ一人、欧米人未踏の地へ 急流下りの冒険



パナマ文章が公開されましたね。基本的に外国に資産を移動することは法的には問題はないんだけど、国に治めるはずの税金を納めなかったという道義的責任が存在するために、パナ文書に名前が挙がった企業は非難されるのは必至でしょうね。こういう企業から税金を回収してくれれば、わざわざ増税する必要もないと思うわけで、なんとかならんものかと思います。例によって日本政府に忠誠心がないソフトバンクやらロッテやらの在日企業が名前を連ねているようですが・・・。メディアでのパナマ文章の扱いが小さいのは、こういう企業がテレビ局に圧力をかけているからなんでしょうね。

さて動画ですが、138年前に日本を訪れ、その旅行記を出版した英国人イザベラバードの旅行記の一部を紹介しています。イザベラバードといえば、日本を絶賛して韓国をこけおろしたことでも有名なんだけど、まぁ、日本人は昔から高い美意識と道徳心を育んでいたという事でしょうね。


続きを読む
posted by クールジャポン at 18:00| イギリスの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

海外の反応:親日国タイが反日国家だった歴史と、親日になった理由




日本観光をする外国人の数が急激に伸びています。「爆買い」の中国人観光客、台湾人、韓国人は有名ですよね。なかでも最近急激に増えているのが、東南アジアのタイからの観光客。きっかけは、2013年7月、タイ人観光客への短期滞在のビザが免除が実施されたこと。これにより、タイ人の訪日観光客数は、2014年に前年比45%増となる65万7600人。さらに、2015年1月〜9月の統計でも既に54万人を突破。2016年もおそらく前年を上回る勢いで増えているでしょうね。

ちなみに、タイ人がもっとも来訪者が少なかった都道府県は沖縄。東アジアの観光客にとって沖縄は人気の観光地なんですが、それこそ沖縄のメインストリートである国際通りの半数近くが中国人、台湾人、韓国人という状況。でも、タイ人には沖縄は不人気。その理由を考えるとタイ自体がリゾート地で気候が暖かいため、同種のリゾート地に興味がないのでしょうね。

さて動画ですが、タイ人は親日でも知られていますよね。でも、あまり知られていないのですが、1950年代、1960年代は反日国家として知られた国。どうやってタイ人が日本と友好国になったかというと日本のアニメや映画、ドラマ、漫画などの日本文化の影響とのこと。もちろん、最初はかなりの反発を生んだのですが、それでも日本人は怒らず、企業進出などでタイ人との接触を辛抱強く続けた結果、タイ人は親日に目覚め始めたとのこと。

この日本人の温和な対応の是非はケースバイケースでしょう。韓国政府に対する日本人の日和見な態度は彼らの反日に対して火に油を注ぐ結果になっている。でも、日本人の温和な対応の結果、親日のタイ人たちが増えてくれた。これは思わぬ副産物ですよね。


いまだに特定アジアに工場を建設しようとする日本企業があるのですが、理解に苦しみますね。反日暴動でも見てわかるように何が起こるかわからない。反日国家は企業にとってリスクが半端ないのに比べ、東南アジアは親日で労働賃金も安い。というわけで、日本企業は積極的にタイに進出すべきだと思いますよ。タイは東南アジア諸国で唯一独立を維持した立憲君主国家。国には不思議な守りもあり、日本と深い意味で似ている。明らかに日本人とタイ人は相性がいい。企業進出も文化交流も積極的に行うべきだと思います。


続きを読む
posted by クールジャポン at 18:00| タイの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

熊本地震 外国人から日本を心配する声が殺到「なぜ日本ばかり・・・」




悲しいことに熊本地震が起こりました。なぜ日本ばかり。本当にそう思いますよ。日本はとにかく自然災害が異常に多くて、いつもいつも理不尽な自然災害に遭遇する民族だなぁと思います。個人に起こる災難は、理不尽であればあるほど、その個人が優れているか、また逆に劣っているかの両極の場合が多々あり。前者に起こるのが試練、後者に起こるのが因果応報と大雑把に解釈できるのですが、日本で頻繁に起こる自然災害は国レベルでの試練の側面が強いんじゃないかと思います。

また、韓国人が大恩ある日本人に対してありえないような見当違いな憎しみをぶつけてくる理不尽(異常)さも、試練だと解釈していいと思います。異常であれば異常であるほど、そこに何らかの大きな意図が存在する気がします。もちろん、試練に負けては話にならないのですが。下手をすると潰される。理不尽すぎる。絶望でどうしようもない。というのが試練であって、本当に苦しいけど、その試練を乗り越えることを我々に要求されているんでしょう。

日本人は神に愛された民族というか、ユダヤ人もそうなんですが、個人も国家も優れていれば優れているほど、試練を与えられ、普通の人生を歩ませてもらえないと聞いたことがあります。これ以上は、大きく脱線するので言いませんが。とにかく、日本は次々と自然災害の試練が起こる。そういう珍しい国というか異常な国に生まれたのだから、本気でそろそろ来るであろう関東大震災に備えないとやばいなぁと感じています。熊本なんて巨大地震と無縁な場所で起こったんだから、何処いても安心できない。とりあえず2週間分の食料は即座に持ち出せる用意はしているんですがね。これで足りるか少し心配です。

昔から思うのですが、いい加減に東京都知事は緊急時の食料備蓄を開始して欲しいです。食料も賞味期限が切れる寸前には、生活保護とか浮浪者たちに配布すればいいわけで。いざという時に大勢の餓死者が出るのがわかっているのにいったい何をしているんだろうと。明日にも起こるかもしれない大災害を前にして、豪華な外国旅行で遊んでいる場合ではないわけで。韓国べったりなのも気になるし、こんな舛添なら、そのまんま東が都知事になった方がまだマシだったかもしれない。



続きを読む
posted by クールジャポン at 22:38| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする