2010年12月23日

日本人は心優しき侍/世界から感謝される日本




アジア独立国から感謝されている日本。一度戦争に負けただけで日本人の誇りを失っては-ならない。我々は奴隷になったわけではない。
「独立アジアの光」より編集しました。以前、この動画を作った時に、数万アクセスあり-ましたが、消されました。そこで、もう一度作り直しました。



カースト制というような差別制度を利用して、インド人の民族統治をおこなっていたイギリス人。イギリス人だけではないですね。欧米列強は、民族内の混乱を利用して弱体化させ統治する。いつもそうです。

それとは逆に、日本人は差別制度を東アジアの国々で撤廃していきました。その点ならまさに開放軍です。当然のように、これまで、家畜同然の扱いを受けていた、欧米列強の植民地の人たちからは熱狂的な支持が集まりました。

欧米の植民地奴隷を経験していない、中国人も、朝鮮人も、台湾人も日本人を開放軍として支持していました。日本人は、支配ではなく同化。日本人と同等の権力と権威を持った民として、同等に現地民を扱ったのです。平等・・・。その言葉の意味するものは、権力によって地べたに這い蹲るしかない人々には過ぎたる夢のような出来事でした。


欧米の植民地政策。統治している民族のエネルギーを内部対立によって削いで、団結させまいとする。統治している人たちを疲弊させ、精神的に混乱させる・・・。

その点、実は戦争に負けた、日本にも同じ事をアメリカは意図して実行しました。日本人を統治しやすくするために、日本人とマイノリティーたちの対立を日本統治に仕組んだわけです。GHQは戦後、日本人には公にせず、マイノリティーたち、戦中に反政府活動をしていた人たちに権力を集中させたわけです。反戦活動をしていた人たちは、日本軍から拷問を受けたりして、日本が憎くてたまらない、彼らが、権力を持てばどうなるか・・・。そういう人たちの怨念の下に日本人はいます。現在もその影響が日本人の心に暗く影を投射しているわけですよ。


メディア、政治の中枢にマイノリティーたちが多いのは、単純にGHQが理由です。これがわからないと、日本にある、売国奴や不可思議な反日・自虐の構図は見えてきません。

石原知事が言っていた、「よく調べて見ると、国政を司る、与党の政治家たちに外国人や帰化人が多い。」

この発言は、何をいまさら、調べるまで分からなかったの?と言いたい。これ、知識人なら常識とも言えるんです。知らないのは、大半の日本人ぐらいのものでしょう。戦後の日本はマイノリティーが支配する日本なわけです。

もっと視点を広げ、東アジア全体ですが。日本と韓国、日本と中国が反目し合っているのは、戦後統治を計画したアメリカGHQの思惑通りなわけです。アジアを離反。憎しみで分断させようという計画です。

嫌韓も捏造された韓流も嫌いですが、どちらの潮流もあきらかに仕組んでいる人たちがいるわけです。本人は、正義を持っているつもりなのに、実は踊らされているケースが多々あります・・・。逆に、差別も賛美も、片方ずつの手じゃないかと。その自作自演の手の間で踊らされていたんじゃないかと(笑)。ということに気が付く賢い人たちが少しずつ増えてきています。



コンプレックスが強い人は別として、常識を持った人間は、差別に興味がないから。そういう常識を持った人が大半です。「差別」と言うのは、認識させ、あぶりだして、作り出す構図なわけですよ・・・。やたら「差別」を口にする人は、注意した方がいいと言っておきます。


歴史認識に関しては、もう少しレベル的な底上げというか、日本人もなんとかならないかと思います。常識と言う非常識の引力から抜け出て、大気圏外から全体を俯瞰しないと、真実なんか見えてくるわけがないと思うわけです。例を挙げると、有名な話ですが、右翼として我々が認識している、日の丸をかかげている街宣の愛国者たちは基本的に外国人です。


日本人は、呑気に贖罪洗脳させられている場合ではないと。アジア全体が、こういう映像による事実の積み重ねによる、正しい歴史認識を持てば、日本と中国、韓国が争うのはナンセンス。アジアで一致団結して、今までアジアを虐げてきた欧米列強を下そう。という話になるはずです。

でも、アジアが結びついたり、歴史を正すようなそういう活動って、強力な工作員を送り込まれて、意図的に内部分裂させられちゃうわけで・・・。某漫画家もそういうのに幻滅したんだと思いますよ。

posted by クールジャポン at 16:18| 外国人から見た日本の文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

3分でわかる寿司 - sushi's history




日本人の主食である米と魚。その両者が合体した日本を代表する料理。それは寿司。

米と魚が口の中で融合し、その上で醤油とワサビの辛さが融合し、絶妙なハーモニーを生み出していますね。ワサビ、生姜は、殺菌作用があるので、寿司の周辺には最適です。

現在のような寿司が誕生したのは19世紀のはじめ。この頃に町人たちの暮らしも豊かになり、食文化が多様化してきました。次々と屋台料理が生まれる中、寿司も誕生しました。

外国人がいみじくも言ったように、生ものは危険で火を通したものが安全。そういった神話を日本料理が世界中で駆逐していますね。きちんと、賞味期限と保存温度が守られている食べ物は安全。

そういった認識を日本料理は、世界中に広めています。ただ、生卵にかんしては、まだまだ世界の人々には抵抗がありますね。たぶん、腐った卵の匂いが強烈なのも、原因としてあるんでしょう。

100円の回転寿司では、くら寿司がクオリティー高いですね。

くら寿司には、むてん娘。による「あっぱれ回転ずし」が流れています。昔のシブガキ隊の「寿司くいねぇ!」が連想されますな。むてん娘。はモーニング娘。です。


続きを読む
posted by クールジャポン at 06:59| 外国人から見た日本の文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

昭和初期の日本 貴重なカラー映像




1934年(昭和9年)頃の東京の映像を見ていると、なんか不思議な気持ちになりますね。白黒映像だと古く感じるんですが、色が付いた途端に、息を吹き返したように生々しい映像になります。

今から80年近くも前なのに、そんなに昔の気がしない。日本は明治時代から信じがたいほどの短期間で欧米列強と肩を並べるほど成長したんだと感じるわけですよ。この事に関して、日本人は誇りを持つべきだと思いますね。

とにかく、戦後日本人に仕掛けられた贖罪洗脳によって、戦前、戦中の日本は貧しく、飢えていたという印象を持たされがちなんですが、とんでもない話です。裕福な人もいればそうでない人もいる。今と変わりはないです。


戦争の映像も紹介されているんですが、日本から戦争を引き起こすことはもうないでしょう。ありえない話です。これほど平和な国民なんて人類の歴史上存在しないですからね。左翼や特定アジアが言うように、日本の軍国化とか、右傾化とかナンセンスもいいところです。

真顔で日本に軍国主義が復活する危険性を訴えている人をみると、「この人、本当に思考力あるのか?」と思います(笑)。まわりを見回わすまでもなく、日本人はアメリカのGHQが戦後に、左翼を使って軍国主義復活を阻止するため施した強烈な洗脳がかけられてます。NARUTOで言うなら、呪印のようなものですね。

アメリカが、被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人無差別虐殺し、東京大空襲で十万人以上の犠牲者を出した国際法を無視の無差別殺戮より、日本人にとって、真偽が疑問視されている南京虐殺の方が犯罪なんですよ。日本人は基本的にそう思い込まされています。思い当たる人いるでしょう。それ、言ってあげましょうか? 

間違いなく洗脳です。

嘘でも日本人の贖罪意識に訴えるような事なら、なんでも真実と信じてしまうほどに・・・。そういう贖罪意識を日本人は植え付けられているわけです。戦争に負けた代償として日本人はそういう偏った思考を強いられたわけです。言うまでもなく、その国の国民は外国の国益より、自国の国益を優先するのが普通です。



戦争の引き金を弾くとすれば、日本の贖罪意識が由来する平和ボケが、その原因となるかもしれませんね。現実から目を背けてばかりで、逃げてばかり。現実に向き合わない。
竹島を軍事占領されても、何も言わない。何もできない。沖縄の米軍基地が撤去されたと仮定して、尖閣諸島、沖縄を占領されても、何もできないでしょう。贖罪洗脳で骨抜きにされて、何もできない日本ですから・・・。

こういう国は歴史上始まって以来だと思いますよ。こんな平和ボケな国が存在したならば、あっという間に、チベットのように侵略され、蹂躙されていただけでしょう。

日本人は、いい加減最低限の国防意識を持つべきだと思うんですがね。中国が尖閣諸島を奪おうとしている、こんな時、のんきに、沖縄で米軍基地の反対の運動が盛り上がっていると色のかかった報道をする日本のメディア。ここにきて、反日の彼らにも少しは愛国心があるのか、沖縄の米軍基地反対の報道が弱まってますが・・・。




沖縄の人たちはここが正念場だと思います。沖縄から米軍基地がなくなれば、確実に中国が沖縄を侵略してきます。台湾も当然侵略されるでしょう。中国は、日本がイザ有事となっても軍事的に、何もできないことを知リ尽くしているからです。むろん、現在の尖閣諸島問題のように、実際に何もしないでしょう・・・。

沖縄が、中国に侵略されたら、反日とか親日とかそういうレベルじゃないですよ。チベットで行われた悲劇の民族浄化が間違いなく実現します。沖縄県人の数倍もの中国人が入植し、沖縄県人は差別され、虐殺もありうる話です。目の前に、チベットと言う絶好の教材があるのに・・・。まったく理解に苦しむのですが、日本を危険な方向に持っていく活動家たちって、日本を破壊へ導きたいんでしょうかね。現実と理想をごちゃ混ぜにしているだけなんだろうけど・・・。

日本人はなんだかんだ言っても、世界に比類ないほど、非常にまともで真面目な民族です。韓国も一部沖縄を自国の領土だと言っている人もいるようですが・・・・。沖縄県人もお分かりのとおり、日本人は沖縄周辺では、比類ないほど一番まともです。



やはり、ドアを開けっ放しにして泥棒に入られたら、入った方も入られた方も罪ですよ。韓国人が沖縄や対馬に手を伸ばそうとしている。日本は、竹島で前例を作ったように、占領したもん勝ち。


周辺国から、舐められまくっているわけです。

そこんとこの甘い認識を政府が改めて欲しいですね。日本は非常に危険な状態にあります。贖罪意識とか、そんな甘えた意識で日本を動かすなと言いたい。政治家という職業は、日本国民から集めた権利と金を平等に日本国民に再分配する仕事です。外国人の利益のために日本の血税をばら撒く。反日のために日本の血税をばら撒く。いい加減にしろと言いたい。

少しでも愛国心が残っている政治家なら、左翼とか右翼とかどうでもいいから、そんなものさっさと捨てて、国益にシフトすることです。取り返しが付かなくなる前に・・・。

そもそも、国力が周囲を圧倒しているのに、ここまで周辺国の侵略の標的にされるの、国家としてありえない話なんだけど・・・。たんに、舐められているだけでしょう・・・。ちょろい日本、からかいで侵略と言う話です。


続きを読む
posted by クールジャポン at 09:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 外国人から見た日本の文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

大激論!日本人 VS フランス人


出生率を急上昇させたフランスを見習え!「結婚せずに子供を産む」世界は賛成?反対?




自分の国に自信があるという日本人は14パーセント。実施した23カ国中最下位。

世界に冠たる経済力と文化を持つ国日本が、世界で最も自信のない国民と言う結果です。

GDPは、今年中国に日本は抜かれ。

そんな、日本に見切りをつけ、世界的企業が日本から撤退。モーターショーでも出展社数が激減。

ナレーションで、日本の危機を訴える。


そして、画面に北野武が・・・。


途端にこの番組に期待が持てなくなりましたね。彼の出演する国際系番組って、わかる人にはわかるんですが、「ここが変だよ日本人」のように、色がかかっているし、北野武自身、左翼の贖罪洗脳にやられているのがわかります。彼に、世界の中の日本的なテーマの番組の司会をやらせるのは、ちょっと勘弁して欲しい気がします。

ビートたけしは、昔から実力以上に評価されている。そういう運命を持った人だし、嫌いではないんです。世の中の無常を感じている、物事の頂点を極めて、ライバルのいなくなった人が感じる独特の寂しさに魅力を感じるわけで。しかし、こういう番組には、日本の立場や歴史を的確に、把握し発言できる人が司会者を勤めるべきだと思うんですよ。櫻井よしことか。

高橋ジョージが出てますね。何で彼が? 彼が出ているだけで、どういうスポンサーがいるか読み解けます(笑)。

少子化で、出生率では、日本は毎年、徳島県の人口程度減っている計算とのこと。50年後には、1人で1人の老人を養うことになる。

そんな日本を尻目に出生率を増やしている国がある。それがフランス。出生率ランキングでは、主要10カ国中2位。今後10年間の予想では、GDPの成長率が日本の2倍に達するとの事。

かつてフランスも少子化に悩んでいた。どのようにしてフランスが出生率を上げたのか?

育児にかかる金が日本に比べて少ない、それどころか、子供を産めばプラス収入になるフランスの育児優遇制度を紹介。しかし、制度を導入してもすぐには出生率に結びつかない。

そんなフランスで出生率を増やした秘密とは・・・?

結婚しなくても、子供を作るライフスタイルが浸透し、その事で出生率が上昇。この日インタビューした30組中15組は結婚していないと言う調査結果が・・・。



この結婚していなくても、子供を産むライフスタイルは「事実婚」というそうな。この事実婚によってできた子供がフランスでは急増しているとのこと。それが、フランスで出生率を増やしている、そう番組は主張。そこですかさず、結婚していなくても結婚に準ずる権利を認めた制度「パックス」を紹介。結婚していなくても、結婚しているのと同様の権利が得られるため、フランス人の「事実婚」を後押ししているとのこと。

今や赤ん坊の2人に1人が結婚していないカップルによって誕生している。

結婚しないと子供を産んじゃいけないなんて、日本の制度は馬鹿げている。とフランス人の街頭インタビュー。反対意見を混ぜないのは、何らかの意図がある場合が多いのですが、事実婚を推進しているのが番組の作りで明確になってきました。


ぶっちゃけ、私としては結婚しなくても良いと思うんですがね(笑)。しかし、夫婦別姓で日本の父権や家族性を崩壊させようと企んでいる勢力に対抗したいがため、事実婚に反対します。

事実婚に対して、韓国ではありえない話とのこと。犬も住民登録している状態で、モラルの基準がなくなる事実婚は犬以下の発想。と韓国人。非常にまともな意見です。


張景子が出ていますね。彼女は日本国籍を持ちつつ、思想的にあれなので要注意です。


結婚と言うのは、自分の自由を諦める儀式で、自分が社会というものと契約して、社会の一員となる作業という出演者。確かにそうだと思いますよ。恋愛と言うものは、時間とともに効力が薄れる魔法ですからね。魔法がかかっている間に結婚と言う契約をさせないと、そもそも家庭というものが成り立ちません。

恋愛は、魔法が解けるとたいてい離れていく、ある種の錯覚のようなものです。それと、人によっては、恋愛はいともたやすく憎しみに転化します。


言っておきますが、憎しみに変わる恋愛は偽者ですよ。相手を自分のために利用しようと考えていたから憎しみが生じるわけです。本当の愛は見返りなんて求めません。ただ与えるだけです。赤子に母乳を与えている母親の如く。


その恋愛と言う名の魔法が利いている間に2人を結び付けさせ、子供を産ませる。両親が子供の面倒を見る契約を結ぶ。結婚は人類が歴史で培ってきた知恵の部分があるわけです。そこには、子育ても義務として2人に生じる以上、結婚制度というのは、守らなければならない文化だと思いますよ。

少子化対策ですが、人口が減るのはさほど問題ではないです。ある一定レベルの人口が減れば、横ばい状態になるでしょう。日本のその数は7000万人程度だと私は見ています。

人口が減るのは、ラットの動物実験でもわかるように、ある一定の場所には、ある一定の生物しか存在できない、遺伝子レベルでの制約があるからです。日本人は、無意識下で人口増加に歯止めがかかっているんですが、これ意識しようとしてもわからないでしょう。韓国人もその影響下にあり、韓国人の出生率も低いですね。

税金の確保で言うなら、手をつけるべき場所山ほどあるわけで・・・。弱者を隠れ蓑に利権をむさぼる人たちとか。天下り団体を解体するとか。衆議院と参議院を1元化するとか。宗教団体に課税するとか。違法なはずのパチンコを国営にするとか。国営カジノを実現するとか。

とりあえず、反日にお金が流れるのを何とかして欲しいものです。


続きを読む
posted by クールジャポン at 09:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 外国人から見た日本の文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする