2010年08月01日

Cool Japan 魚




日本の1人あたりの魚の消費量は世界一です。日本人になじみが深い魚についてのクールジャパンです。

生で車えびを食べるのを躊躇する外国人。その気持ちわかりますよ。海老って良く見ると昆虫みたいな生き物ですから。海老が人類に食べられるようになったのは、美味いからでしょうね。

同様にゴキブリとかも美味ければ、あんな扱いはされていないでしょう。と思いきやゴキブリは、味も良いと、百年ほど前までは世界各地で食べていたそうです。


肉のミンチがハム。魚のミンチがカマボコです。魚のミンチの分野って日本の独壇場なわけです。カマボコって、外国人受けする気がするんですが、もしかして寿司や天ぷら等の定番日本食にカマボコが加わるなんてこともありえそうですね。次の日本食ブームはカマボコかもしれません。

既に、かに風カマボコってイギリスやフランスをはじめ、世界ではすでにメジャーなものとして認知されているとのこと。フランスではスリミと称されてます。

安くておいしいし、無性に、かに風味カマボコが食べたくなりました。

関係ない突っ込みですが、腕組みしながら司会する司会者の態度ってどうよ。。

続きを読む
posted by クールジャポン at 18:15| Comment(0) | Cool Japan(NHK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

Cool Japan 本



イギリスの本屋では立ち読みしていると追い出されてしまうそうです。そう考えると日本の本屋って寛容ですよね。ジャンプって、人気が集中しているのは、主力4作品程度なので、立ち読みですましちゃう人が多いんでしょう。



神田神保町と言えば、発売日前の雑誌が店頭にならんでいて、編集アシ時代よく買いに行かされました。



マンガ家を頂点にして、それを目指す膨大な人たちの受け皿が同人誌。こういう競争の激しい下地と受け皿があるからこそ、クオリティーの高い日本の漫画文化が誕生したんでしょうね。

日本の装丁デザインって、世界の中で特異ですよね。これほど、デザインにこだわる国ってないです。

続きを読む
posted by クールジャポン at 01:08| Comment(0) | Cool Japan(NHK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

COOL JAPAN 「JAPAN EXPO」





フランスでの日本食ブーム(2分頃から)、
なんちゃって日本食(6分頃から)


フランスで人気の日本食は、回転すし。

フランスでは、日本ブームに便乗して、アジア系外国人による日本食レストランが急増しているとのこと。寿司+ごはんという発想は日本人にはないですね。なんちゃって日本食ですか・・・。


日本料理を持ち上げてくれているのに、わざわざキレるこの司会者の意図がわからないですね。

鴻上尚史のおススメは、なんちゃって日本食レストランについてくるサービスの御飯とな?クールジャパンの司会者が、似非日本食レストランや似非日本食メニューをわざわざ褒める。なんじゃそりゃ(笑)。

疑似日本食料理店が海外で問題を呼び、日本食のブランド力が低下しつつあります。生ものを扱う日本食なので、アジア人経営の日本食レストランで食中毒が多発しているわけです。
日本食ブランドを確立させようと政府は、日本食レストランのライセンス制度を導入しているわけです。

そんな状況なのに鴻上ときたら、
外国人が、偽日本料理を批判したらキレる?日本人経営の日本食レストランは高いと切り捨てて、特定アジア人経営の似非日本食レストランを安くて美味いとわざわざ宣伝する意図がわかりませんね。実は、わかるんだけど(笑)まぁ、反日的な報道のあるNHKですから・・・。

例によってYoutubeのコメント欄は、そんな鴻上への意見で埋め尽くされてます。
posted by クールジャポン at 10:05| Comment(2) | Cool Japan(NHK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

Cool Japan - 日本の冬



Youtubeには、司会に関して、鴻上じゃないほうがいい的な意見が多いですね。鴻上さんには悪いのですが、それは番組のコンセプト上正論でしょう。彼の顔は、欧米人が軽蔑の意味を込めて描く眼鏡をかけた黄色人種の顔に若干似ている部分があるんですよ。

欧米人たちが日本に熱狂している部分は、日本のポップカルチャーや見てくれのいい日本人に対してです。まぁ、コンセプトがずれまくっているのは、NHKだからですね(笑)。「Cool Japan」の司会者にわざわざ鴻上氏を起用したプロデューサーの考えを知りたいです。



番組タイトルは「Cool Japan」です。ハンサム系の日本人が適任でしょうし、鴻上のトークも時々不快になるようなのがあります。司会者として場をまとめるべきなのですが、自分の偏った結論をまわりに押しつける斜に構えたトークで一方通行になっている場面がみられます。


嫌味をいってもちゃんとフォローするのならいいんですが、ただの攻撃に終始していることもあって。外国人に、日本に興味を持ってもらう番組なんだか、嫌われてOKなのだかわからない場面も・・・。司会者なのに、キレやすいし、性格的に子供っぽいわけで・・・。スタジオ出演している日本人って彼だけですよね。


外国人の方が日本人よりも「Cool」という宣伝になってます。



なべ料理ですが、同じなべに箸をツッコミのに抵抗ある日本人は山ほどいますよ。日本の文化として紹介するよりも、そうじゃない鍋を紹介するとか、ありますよね。そんなに親しくない人と、箸を合わして平気な日本人ってかなり少ないんじゃないですかね。

私は、箸を合わせる鍋料理は、基本的に嫌です。

続きを読む
posted by クールジャポン at 06:18| Comment(0) | Cool Japan(NHK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする