2012年11月07日

COOL JAPAN -MANGA/COMICS(漫画)-



NHKのCOOL JAPANを取り上げるの久しぶりです。いつの間にか、Youtubeも仕様が変わっていて、1番組丸ごとアップも可能になりましたね。昔は、1つの番組を5つとかに分割してアップされていたもんですが(汗)。時代も変わったと言う事。この番組は日本語がメイン。それに、アップ主が日本語を翻訳してアップしているので、英語字幕付き(笑)。英語の勉強にも役立ちますよね^^。昔、映画の台詞を日本語に訳した英語学習教材なんてあったんだけど、今やYoutubeの字幕動画で教材は、事足りる。本当に便利な時代になりました。

番組では中野ブロードウェイの名物まんだらけを紹介していますね。中野のまんだらけにはセル画とか、よく買いに行ってたので懐かしい。まんだらけに置かれているまんがの質と量はさすがの外国人も圧倒されると思います。個人的に、中野ブロードウェイ行ったら、4Fにあるお店「変や」とオカルト古本屋の「大予言」は欠かせない通行ルートです。大予言で販売されていた無明庵EOのインディーズ本が現在プレミアとなっていて、持っていた本が万円単位で売れた事があるので、ここでインディーズ販売される精神系書物は要チェックですぞ。怖ければ怖いほど。狂っていれば狂うほど当たりかも・・・。って、パチンコのリングかよ!みたいな(笑)。外れも多いけど。

中野と言えば、牛丼太郎 中野店は最近つぶれたと風の噂で聞きました・・・。牛丼一杯200円と言う想像を絶する価格の頃お世話になっていたんですが。そうですか・・。時代の流れは物悲しいものです。

名古屋の大須にある漫画が描ける漫画喫茶が紹介されています。名古屋の大須と言えば、メイド喫茶でお馴染みの台詞「ご主人様おかえりなさいませ!」の発祥地なだけあったヲタ文化も濃いものを持っていますね。

日本の少女マンガはなかなか恋愛が発展しない? 確かにそうですね。「ベルサイユのばら」しかり、「坂道のアポロン」しかり。外国人なら、積極的にアプローチして、白黒ハッキリさせるけど、日本人は傷つくのを恐れたり、地位や権力、差別など恋愛の障害をテーマにしたり、ややこしいですよね。

まぁ、連載で飯を食っている漫画家たちなわけで、連載が速く終わっては食い倒れというか、ストーリーを長く持たせるためにもなかなか恋愛を成就させずに、数々の災難やトラブルが起こるのは仕方ないんでしょう。ジャンプ漫画が、努力&友情⇒勝利をテーマにしているように、少女マンガも、恋愛の発見⇒恋愛の困難⇒恋愛の成就という王道をいかに魅せるかに苦労しているんでしょう。

最初は嫌なやつと思っていた奴が、実は隠れたところで良い奴で・・・と。少女が、次第に男に惹かれていって、数々の困難を経て、最後に両想いってこれ少女マンガの王道ですよね。

あるいは、特にかわいくもない平々凡々の女性がイケメンにモテモテとか。少年漫画にもこういうハーレム漫画ありますよね。やはり、人間の非現実的な願望をストレートに満たしてあげるというのも恋愛漫画の鉄則なのかもしれないです。

でも、パターン化されたそういう漫画って山ほどあって氾濫したため。変わり種も。「スクールランブル」のように、脳に障害を持った男に一途に惚れるヒロインに惚れて、惚れて結局結ばれない男とか。「キュビズム・ラブ」のように、ヒロインが交通事故で肉体を失って、脳だけが箱の中で生きてるっていう、女子高生と若い医者のラブコメとか。
箱なんだけど一応ヒロインなわけで、「顔、近いです……」「脳波見られるの恥ずかしいからやめてください!」そんな反応をする箱って・・・。箱萌えという1つのジャンルなのか一体。

やっぱ、最近のラブコメは、大リーグボールばりの超変化球が必要ですよね。昔、小説を書いてみようとして断念したテーマに「盲目の男女の恋愛劇」がありまして。ひじょーに難解なテーマだったので断念しましたよ。恋愛とは目に見えるかりそめの姿に対してなのでしょうか? 姿が問題なら老人たちに恋愛は存在しない事になります。否。いっそ、恋愛に形はなくてもいいのではないでしょうか? 記憶によってつむぎだされる盲目のかつて目が見えていた男女の恋愛劇・・・。「ナルト」に出てくるような回想シーンが8割(笑)。誰かこのテーマに挑戦する漫画家いませんか?
posted by クールジャポン at 22:29| Cool Japan(NHK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

ブラジルで、空前のこんにゃくブーム到来!

#動画削除#

NHKが海外へ発信している番組の一つ。日本独自のカッコイイ文化を、色々な国の人たちの意見を交えながら、興味深く作っている番組です。今回は野菜編。その中でも日本独-自に育った食文化「コンニャク」が取上げられました。

なんかTVで紹介されてブラジルセレブ女性がこんにゃく白滝求め-て殺到してるそうな。。。
passerbyJap

コメントありがとうございます。
なんか?「コンニャク・白滝」がブームになってるニュース見まし-たけど、一過性のような気もします。コンニャクの本質を伝え、食-文化として認められるには、簡単なTV番組だけでは、一過性の域-を超えられませんから・・・
yamafuguhonpo passerbyJap さんへの返信

日本に留学した時はこんにゃく何度も食べた事ありますが、余り好-きじゃなかったね。そしてこれを観て急に凄く食べたくなちゃった-! でも、黒いこんにゃくと白いこんにゃくの違いは何でした? その辺は通じなかって説明しておねがいします。 ^_^
Kaminix

質問ありがとう。こんにゃくは日本人独特の食文化。他国の人は最-初ためらう事もあるかも?。黒いこんにゃくと白いこんにゃくの違-いは。こんにゃく粉から作るこんにゃく製品は、そのままだと白く-なります。昔は製品をこんにゃく芋から直接作ったため黒っぽかっ-た。そのイメージを出すため、白いこんにゃくに海藻粉を入れて黒-こんにゃくにします。栄養がほとんど無いこんにゃくも、黒いこん-にゃくには海藻のミネラルが含まれます。こんにゃくの主成分の食-物繊維は、カロリーは無いけど6番目の栄養素とも云われてます。-ぜひ食べてください(^-^)v。質問ありがとう!
yamafuguhonpo Kaminix さんへの返信


-------------------------------------------------------------------------------------

こんにゃくは、収穫できる大きさに成長するのに3年かかるとな。始めて聞いた。こんにゃくの起源はインドシナ半島。6世紀ごろ中国から日本に伝わった。僧侶が肉に見立てた精進料理として、また貴族が珍味として食していたそうです。江戸時代、水戸藩がこんにゃくを粉にして、保存の効く食べ物として全国に広げました。

本来なら白いこんにゃくなんですが、粉が発明されるまでのこんにゃくは皮もそのまま混ぜていたので黒かった。白くなって違和感を覚えた当時の人は、海草を乾燥した粉をプラスし、わざと、コンニャクを黒くしたわけです。
へぇ〜!知らんかった。

本来なら白いのに、江戸時代の人たちの違和感から今だに黒っぽいコンニャクなのかよ・・・。
薀蓄は終わったとこで。

いみじくも、ブラジル人女性がレポートしていますが、ブラジルで「ダイエットに効く」と、糸こんにゃくやしらたきが大ブームになっています。ほぼゼロカロリーだし、満腹感を味わえるし。そりゃ、ブームになるわさ。テレビの料理番組で「食べれば痩せる」と紹介されたのがきっかけとのこと。日本でもそういう番組ありましたよね。料理番組じゃないけどw。

あまり知られていないのですが、イタリアでもこんにゃくはブームだそうで。イタリアで、糸コンニャクときたら、何の代わりかは言うまでも無いですね。
ちなみに、こんにゃくスパゲッティーは私の好物ですw。
糸コンニャクは排泄物が面白い事になるので有名ですね。面白い事=食べた事無かった事に(笑)。
ラベル:糸こんにゃく
posted by クールジャポン at 04:24| Cool Japan(NHK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

Cool Japan 携帯電話



クールジャパンの出演者の登場テーマ曲って、カウボーイビバップのオープニングテーマ 「Tank!」作曲 - 菅野よう子だし、ナレーターはONEPIECEのロロノア・ゾロの声優だし、そこはかとなくアニメの影響を感じます。まぁ、日本のバラエティーって、アニメのBGMとか良く使われていますよ。

エヴァの劇場映画に登場した携帯が実際に発売されているんですね。ソーラー携帯に指紋認証の携帯、香水を持ち運べる携帯、ゴルフのスイングの測定ができる携帯。神奈川工科大学では、モバイル学生証なるものがあり、図書館での借り入れ、学内に設置されたカメラの確認などがおこなえるとのこと。


絵文字ですが、モバイルの文化ですよね。これ。よりパーソナル性が強い携帯電話だからこそ発達した文化ともいえるわけですよ。PCの場合でしたら、たとえばこのブログに絵文字を多用したら、それだけで、ブログには親しみを感じてもらえる反面、信用性は落ちてしまうでしょう。


ケータイですが、位置認証システムや心拍数センサーなどを取り込んで、高齢老人のケアに役立てて欲しいですね。1人暮らしの高齢者の孤独死ほど残酷で悲惨なものはないです。夏場は特に。一定の場所に12時間留まっていると、介護員が電話を送ったり、駆けつけてケアするとか。これ、技術的には既に可能です。

続きを読む
posted by クールジャポン at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Cool Japan(NHK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

Cool Japan ラーメン・うどん・そば



40人に聞いて半数以上の人が週4回以上麺類を食べるというデータ。米食が基本的な食文化だと思っていた外国人には驚きの結果です。

日本人って、麺類やカレーライスの消費量が半端ではないです。食事と言えばご飯がイメージされる部分もあるわけですが、麺類が知らぬ間に浸透してきていると言うことですね。

麺の消費量が日本一の香川県。讃岐うどんを目指して、日本中のうどん好きが集まります。タクシーにまでうどんが乗ってます(笑)。

何の変哲もない釜玉うどんの店に100人の行列。1玉たったの200円という激安価格。

エミリーは、アメリカでは考えられないと発言。私も、たとえ価格が激安だったとしても、1時間もかけて並ぶ気にはなりません。確かにそれだけの時間並べば、美味しいものは、さらにおいしく感じると思いますがね。

外国人レポーター、音を立ててうどんを食べているんですが、スタッフからそう指導されたのでしょう。麺を食べているときに無音では絵になりませんから。外国では音を立てて食べると、白い目で見られます。中国人もその傾向にありますね。海外旅行の際には、気をつけたほうがいいと思います。

日本でも上流階級では、音を立てて食べ物を食べるのはご法度だったんです。でも、音を立てて麺類を食べる文化が浸透しましたね。私としては、食べ物を食べるときに豪快な音を立てられるのは、マフラーをつけない車の轟音と似ている気がします。はっと、我に返って周りの轟音を聞いて欲しいのですが、日本人のあれはやりすぎですよ(笑)。さすがに、女性のなかには、音を出して食べることに羞恥心を感じている人もいるようです。その心理正しい。
女性でも豪快にズズっと麺類をすすっている人がいて・・・。

運命学の観点から、食事をする様というのは、人生を反映している部分があって、粗雑にするべきではないと思うんですよ。人間が、動物と同じような食べ方をしていたら、食に堕している気がしてならないわけです。


普通、上層階級の文化が下層階級に流れるのが、「文化」なわけですが、素性の知れない庶民の食文化が、日本中に浸透してしまった日本という現状があるわけです。これには事情があって、アメリカのGHQが戦後、上流階級の解体をおこなったわけですよ。そのため、華族などの上流階級の文化が庶民に伝わらなくなった。上流階級からの浸透力が日本中で、皆無になったため、庶民の文化が基本となったわけです。

私としては、音を出してものを食べるのは重大なマナー違反だと思っていますので、麺類を食べるときには、極力音を出さないように食べてます。豪快さにチトかける気がするんですが(笑)。


ラーメンですが、この前、タッキー&翼のタッキーが通いつめた、西八王子の100円ラーメンにいってきました。100円なので具が少ないです。麺とスープという感じですね。100円なので、2つ頼んでも200円。味も、思っていたより旨い。なかなかに繁盛してましたよ。


posted by クールジャポン at 05:12| Comment(4) | TrackBack(0) | Cool Japan(NHK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

Cool Japan 草食系男子

Herbivorous Men



恋愛にも淡白。女性とも同性感覚。おしゃれという草食系男子。まぁ女性っぽい男性です。なんか、草食系男子が海外で注目されているようで、マッチョと男性支配時代は終わったとかなんとか。

男性支配の象徴のような日本で、間逆の文化が誕生したと言うことに驚きなんでしょうね。これ、どうも、日本の家族制度、父親を尊敬して女性は従うというような日本古来の家族制文化を壊そうとしたアメリカのGHQの洗脳が効いてきて、その行き過ぎた成れの果てだと思うんですがね。九州なんかじゃ、バンカラ気風はまだ残っていると思います。

現在は、女性が強くなりすぎ、男は弱くなりすぎた。亭主元気で留守がいい。とはよく言ったもんで、家事も育児も放り出して、亭主稼いだ金で、グルメやブランド、ギャンブル三昧の主婦も一部にいるわけです。本当にうらやましいと言うか、バチあたりというか・・・。


こういう男性を受け入れる素地があるから草食系男子が流行していると外国人の指摘。まぁ、日本にはそういう素地ありますよ。ヤオイ系の「受け」です(笑)。やまじゅんの漫画「くそみそテクニック」に出てくる男性に興味がある平凡な男の子。公園のベンチでつなぎを着た男から「やらないか?」と言われ、公園の便所にほいほい付いていっちゃうような優柔不断な男の子が理想像です(笑)。

眼鏡男子といい、草食系男子といい、ブームの影に腐女子文化があるとは、さすかの番組スタッフもわからなかったようです。いつも思うんですが、この番組テーマについての掘り下げ方が中途半端ですね。

続きを読む
posted by クールジャポン at 14:54| Comment(3) | Cool Japan(NHK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

Cool japan 日本の女性



胸にシリコンを入れている女性が多いとブラジルの話。イタリアでも40代の女性のなかで、豊胸は流行しているとのこと。お椀型の異様にでかい胸とか、外国人によくいるんですが、あれはシリコンの可能性を疑ったほうがいいですな。

ミスユニバースで優勝した森理世ですが、外国人にとってクールとの事。日本人はプロポーションよりも、かわいい顔を優先するので、キツめに見える彼女は、ミスユニバースで優勝といっても芸能界であまり活躍してませんね。

女子マネージャーは日本人だけのもの。外国にはない文化なんですね。そりゃそうだろうと納得。あのような見返りのない献身ができるのは日本人だけです。


日本の女性を取り上げられるなら、女性専用電車とか、チカン冤罪とか女性優遇社会を取り上げて欲しいですね。とにかく、女性を特権階級にしようという運動があり、正直危機感を抱いてます。弱者を隠れ蓑に次から次へと特権階級を作り、その利権の甘い汁を吸おうと画策している人や団体たちがいるんです・・・。こういうの根っこで通じているわけですよ。




東京にいくつか存在するんですが、女性専用の図書席というのご存知ですか?まぁこれ浮浪者への苦情から誕生したんですが、男性だって苦情を言っていたんでしょう。鼻から男性なんて無視ですよ。

トイレに女性の清掃員は入ってくるは、女性占領車両のために電車が混むは、本当に迷惑してます。男性の障害者は物凄い迷惑しているでしょう。しかも、女性専用車両ができてから、チカンの数は減少していないわけで、むしろ増加している。効果がない状態でどんどん女性専用車両が日本中に広まると言う動き。


男性専用車両を作ると言うなら納得なんですがね。一方的な女性優位の押し付け社会。女性がチカンと声を挙げれば、たとえ冤罪でもその男性を社会的に抹殺することが可能な社会。13歳の子供でも、目に付いた男性をいたずら半分で社会的死に追いやることができる社会。女性が証言さえすれば、チカンをしてなくても、その場で完全に犯罪として立証です。言い逃れできません。あなたは犯罪者です。公務員や社会的な地位がある人なら、報道機関に通報です。教師なら、職を失うでしょう。マスコミがどっと押し寄せてきます。一般人でもチカンを認めないと牢屋にぶち込まれます。

あなたはチカンをしてなくても、既に犯罪者なわけです。

満員電車通勤の男性諸氏に言いたいのですが、どんなに地位があっても財産があっても、あなたの日常は、電車の中で、「あっという間に崩壊する」可能性があります。

だから、チカンを餌に子供のゆすりたかりが多いんでしょう。もはや、犯罪の温床です。電車の中には、冤罪とか、そういうのを恐れて両手を電車のつり革にかけている人います。


言うまでもなく、こんなことをせにゃならん社会は、明らかに変です。

もちろん、チカンは許せない行為なんですが。そもそも、チカン常習犯は巧妙にやっているはずで、どう考えても、真後ろから手を伸ばすとは考えにくいんです。思うんですが、チカンは、大半の人の利き腕の右側を避けて女性の左後方に位置してるんじゃないですか? チカンも利き腕使いたいだろうし。いざという時に女性が使うのは右手なので、都合がいいわけです。チカンをするにしても、保険のため、真後ろに立つなんて馬鹿なことはしない。女性の真後ろの男性に罪を押し付けている可能性が非常に高いわけですよ。冤罪の可能性が大きい。


そういや、埼京線に痴漢防止のため電車内に監視カメラが付き、チカンが大幅に減ったという報道を聞きました。この報道を聞くと、やはり、チカン常習者って、今まで女性の真後ろに立つ男性とかを利用して、偽装工作をやっていたんじゃないかと思います。それが通用しなくなった。こういう効果がある対策なら歓迎ですよ。

女性優位社会が及ぼすチカン冤罪。ニュースで取り上げる勇気のある局ないでしょうかね? まぁ、NHKなんかに期待はしてませんが(w)。

女性は常に被害者ではないですよ。男性も被害を被ってます。


女性専用車両に反対する会


続きを読む
posted by クールジャポン at 16:01| Comment(6) | Cool Japan(NHK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする