2016年04月27日

海外の反応:親日国タイが反日国家だった歴史と、親日になった理由




日本観光をする外国人の数が急激に伸びています。「爆買い」の中国人観光客、台湾人、韓国人は有名ですよね。なかでも最近急激に増えているのが、東南アジアのタイからの観光客。きっかけは、2013年7月、タイ人観光客への短期滞在のビザが免除が実施されたこと。これにより、タイ人の訪日観光客数は、2014年に前年比45%増となる65万7600人。さらに、2015年1月〜9月の統計でも既に54万人を突破。2016年もおそらく前年を上回る勢いで増えているでしょうね。

ちなみに、タイ人がもっとも来訪者が少なかった都道府県は沖縄。東アジアの観光客にとって沖縄は人気の観光地なんですが、それこそ沖縄のメインストリートである国際通りの半数近くが中国人、台湾人、韓国人という状況。でも、タイ人には沖縄は不人気。その理由を考えるとタイ自体がリゾート地で気候が暖かいため、同種のリゾート地に興味がないのでしょうね。

さて動画ですが、タイ人は親日でも知られていますよね。でも、あまり知られていないのですが、1950年代、1960年代は反日国家として知られた国。どうやってタイ人が日本と友好国になったかというと日本のアニメや映画、ドラマ、漫画などの日本文化の影響とのこと。もちろん、最初はかなりの反発を生んだのですが、それでも日本人は怒らず、企業進出などでタイ人との接触を辛抱強く続けた結果、タイ人は親日に目覚め始めたとのこと。

この日本人の温和な対応の是非はケースバイケースでしょう。韓国政府に対する日本人の日和見な態度は彼らの反日に対して火に油を注ぐ結果になっている。でも、日本人の温和な対応の結果、親日のタイ人たちが増えてくれた。これは思わぬ副産物ですよね。


いまだに特定アジアに工場を建設しようとする日本企業があるのですが、理解に苦しみますね。反日暴動でも見てわかるように何が起こるかわからない。反日国家は企業にとってリスクが半端ないのに比べ、東南アジアは親日で労働賃金も安い。というわけで、日本企業は積極的にタイに進出すべきだと思いますよ。タイは東南アジア諸国で唯一独立を維持した立憲君主国家。国には不思議な守りもあり、日本と深い意味で似ている。明らかに日本人とタイ人は相性がいい。企業進出も文化交流も積極的に行うべきだと思います。


続きを読む
posted by クールジャポン at 18:00| タイの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

フランスの電車で同席した、日本人と中国人の旅行者の行動を見たタイ人の反応+矢口の復帰




先日、不倫が理由で芸能界を休業していた矢口の復帰会見やっていたんだけど、もういい加減にして欲しい気がします。所属事務所を通じて芸能活動を長期休業することを宣言していたくせに1年経ったら、何事もないように復帰ですか。しかも、矢口は自己の保身の為に、夫であった中村昌也のDV疑惑を捏造した。不倫騒動なんて、普通の会社なら首でしょうがね。覚醒剤といい大麻といい犯罪を犯して、芸能人が復活するパターンが多すぎる。芸能界ってそんなに甘い世界なのだろうか?ええ甘ったるい世界です。

2013年10月に無期限活動休止を発表。2014年10月に活動を再開。一連の流れを見て、どうせ、最初から1年後に復帰を計画していたんだと推察します。「1年経ったら復帰する。そのあたりになればほとぼりが冷めている」と。矢口はそういう事を計算しますよ。

モーニング娘。のファンだから良く知っているのですが、その昔矢口ってば、恋愛禁止のアイドルなのに俳優・小栗旬との「連泊愛」をフライデーされ、グループを突然脱退したスキャンダルがありましたね。しかも当時はモーニング娘。のリーダーですよ・・・。リーダーとしての自覚全くなし。

矢口を初めとして加護、辻たちのスキャンダルの影響によって、モーニング娘。の人気が大きく衰退することになったのですが・・・。

矢口によって、小栗旬の知名度は上がり一躍脚光を浴びたため、この頃から矢口のあげまん説が流れるようになります。矢口は極度の面食いで、ジャニーズといったイケメン狙いは昔からです。見てくれと己の性欲で男漁りしているように見えるので、斡旋業者とのかかわりとかその種のダークな噂がつきまとう。彼女には、非常に薄っぺらさを感じていたんですよね。己の恋愛のためなら、周りがどうなろうと、どう思うが知ったこっちゃないというのが前面に出ていた。これは、体格の小さい人に多い傾向なのですが、非常に気が強く他人の意見を聞かない性格を持っている。

加護ちゃんも恋愛スキャンダルでモーニング娘。を脱退しましたね。でも、加護ちゃんは恋愛に意固地な面があるんだけど、さえないおっちゃんと付き合っていた。表面ではない内面に惹かれて男性と付き合っていた。そっちのほうがずっと好感が持てる。

俳優の中村昌也と結婚と聞いて、この尻●も、やっと腰を下ろす気になったのかと一安心していたらこのざまです(苦笑)。しかも、彼女の業の深さがそのまま現れているかのような、大事件としてメディアで大々的に報じられる。その意味するところは、彼女の生き様そのままでしょう。

10月26日、TBS系「アッコにおまかせ!」では、和田アキ子が矢口について「話したくない」ときっぱり拒否したそうです。どうもこの「話したくない」で世間は和田アキ子が矢口をバッサリ切ったとか言っているけど。これは拡大解釈もいいところ。できる事なら、和田アキ子が矢口について毒を吐いてバッサリ切って欲しかった。矢口がいまだ反省していないのは、彼女が行った会見をみていればわかります。

まあ、復帰ニュースで大々的に報道されるのは、最初だけでしょうね。芸能界にはいくつかタブーがあって、整形を認めた女性タレント。不倫した女性タレント。この2つは芸能界から遅かれ早かれ、フェードアウトしていきます。どうやらこの2つは、主婦たちの癇にとても障るらしく(笑)、抗議と反発が凄いわけです。辻ちゃんは整形を認めていないのですが、認めたらトンデモない事になりそうです。かろうじて災難を免れていますね。

ちなみに、矢口真里の不倫相手は梅田賢三だとリークしたのは、小森純だと噂されています。小森純は、整形を公言したのが理由か、ペニーオークション騒動が原因か。その両方でしょうが、サッパリ表舞台から離れてしまいましたよね。やはり負の連鎖と言うか運が落ちている人と接していると影響を受けるのかもしれませんね。

不倫騒動から1年きっかりに芸能界復帰を果たした矢口。その昔絶大な人気を誇った、山田邦子は不倫で失墜していましましたし。山田邦子ですら超えられなかった壁を矢口が越えられるとは思いません。ほうっておいても徐々にテレビから消えていく運命だと思います。

あとは、ノリピーのようにパチンコ営業の道ですかね。ラ○ピーこと酒井法子はパチンコ営業で荒稼ぎしているそうですが、1つのパチンコ営業で数百万稼げるから、複数重なれば、これはこれで美味しい商売です。東国原は、これでひっそり金儲けしています。芸能界の裏家業としてパチンコ営業は切っても切れない存在なのです。

矢口は年齢があれだが、「龍が如く4」でエロいキャバ嬢を演じていたし、見た目がちっちゃい(マニア好み)ので、AVとかの可能性もありそう。けど、事務所が絶対に無理だからそれはないでしょうな。AV出演の為に所属事務所を離れ、「元モー娘。」という引力から脱出するほど彼女は馬鹿ではないです。

さて、動画ですが、フランスの電車で同席した、日本人と中国人の旅行者の行動を見たタイ人の反応です。前書きが長すぎるし、脈絡ないけど(笑)。民度から言ったらモラルとか周りの人たちの事を慮る日本人と自分の我を通す中国人との対比が面白いですね。矢口は動画の中国人のように日本人としての謙虚さが欠けているんじゃないかと思います。




続きを読む
posted by クールジャポン at 05:47| タイの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

【進撃の巨人】タイ人発狂!





韓国で「進撃の巨人」が大ブームとかで、日本もブームなんだけど、それ以上の熱狂とのこと。まぁ日本のアニメが韓国で流行するのは珍しくないので、何とも思わないのですが。韓国国内ではあまりのブームに、このアニメは日本の右傾化とか騒いで色々うるさいですね。右傾化でもなんでもないんだろうけど、嫌なら見なきゃいいのに。

「進撃の巨人」原作者、諫山創は先日、自分の秘密ツイッターアカウントで、「日本統治で 朝鮮人の人口と寿命が2倍に増えた」と主張したらしいですが、この事実が知られると、韓国では直ちに大騒ぎ。陳重権(チン・ ジュングォン)東洋大学教授はツイッターで、「漫画の第一話から、昆虫が互いに食い合う話が出るが、これは典型的な右翼世界観から出た隠喩だ。作品に日本右翼の世界観が含まれているのは確実」と評した。

世界を適者生存と無限競争のジャングルだと見る右翼論理が露骨にあらわれているということらしいんだけど、まぁ、完全に意味がわかりません。分る必要もないけど。そもそも、日本の植民地政策は、適者生存というより、白人国家から虐げられてきたアジア人民を日本人と同様の権利を持たせる同化政策なわけで。弱肉強食の強者は欧米だから、日本は、アジア人民、朝鮮人たちと手を携え、アジアで一致団結して、欧米列強と戦うという当時の日本人たちの心境を全く理解してない。陳重権氏の理解度の低さだけが目立つんですよね。

原作者が、「日本統治で 朝鮮人の人口と寿命が2倍に増えた」と主張したのは、事実なんだから韓国人は、淡々と認めたほうがいいとしか思いませんね。事実なのになんであれこれ文句言ったり、否定するん?

韓国は「反日」でないと叩かれる異常な国なので、彼等が日本に対して主張する内容はいつも、論拠不十分とか、事実無根ばかりですね。

韓国には、冬季オリンピック開催できる資金がないから、日本にたかろうと言う韓国政府の思惑があるという話を聞きます。日本の海産物輸入禁止措置で、日本のオリンピック開催を妨害した韓国がどの面下げて、日本に資金援助を求めるんでしょうか? もちろん、全力で却下だわ。

まぁ、韓国は「虚飾の禍」の影響で、運を使い果たしている傾向があり、今までのように日本にユスリ、タカリをしても、かえって自国の立場を危うくさせるだけでしょうな。韓国政府は、今までの韓国政府の傍若無人さが原因で、日本人たちの怒りが蓄積しているし、世界中を敵にまわしている所から考えて、今後世界中からの大きなバッシングが予想されます。自業自得なんだけど。

さて動画ですが、タイで、「進撃の巨人」が大人気。1期のオープニングなんか、日本語歌詞で合唱ですよ。2期のオープニングは人気があるようだけど、歌詞がいまいち意味不明。日本人でも歌える人少ないと言うことで、タイ人歌ってないですね。リヴァイ兵長の人気が高いようだけど。世界中で、リヴァイ兵長の人気が高いようですね。


続きを読む
posted by クールジャポン at 22:02| タイの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

タイでは超有名な仮面ライダー1号、藤岡弘



タイでは、日本の特撮「仮面ライダー」と「ウルトラマン」が人気です。その昔、人気が嵩じて現地映画、『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』『ハヌマーン、五人の赤アリ(蟻)男に会う』などが制作されました。

赤アリ(蟻)男? 

どうやらタイでは、バッタという設定の仮面ライダーが赤アリに見えるらしく、赤蟻男と呼ばれています。そういや仮面ライダーV3は赤アリそのもの(笑)。

上の動画は、『ハヌマーン、五人の赤アリ(蟻)男に会う』ですが、1974年に「フィンガー5と遊ぼう! 東映まんがまつり」の一編として公開された「5人ライダー対キングダーク」を東映の許可を得ずに、タイで撮影したものを勝手に切り貼りした編集映画なんですよね・・・。無断借用に関して、後にタイ側が、賠償金を払うことで解決したそうですが。

ハヌマーン?

特撮ファンからすれば、タイの特撮映画には「ハヌマーン」が付き物。タイの特撮と聞いて=ハヌマーン。で、頭を抱える人も。なんというか、ハヌマーンのおちゃらけたダンスとか、度派手なコスチュームが日本の特撮作品の世界観に全然合わないんです。日本人からすれば、コーヒーに梅干入れるというか。ハヌマーン好きが嵩じて、日本の特撮に無理やり捻じ込んだと言う感じ。タイ人のハヌマーンへの執着って、沖縄県民がシーサーに執着する以上のものを感じさせますな。

映画のオープニングですが、タイの街中を5人のライダーが疾走。というか、2、3車線占領は、すげー邪魔(笑)。もちろん、許可取って無いんでしょう。版権の許可を取って無いくせに、交通許可を取ってたらそれこそお笑いですが。

と冒頭のシーンはOK。なんちゃってバイクに目をつむれば、仮面ライダーそのものです。でも、問題はその後・・・。

続きを読む
posted by クールジャポン at 16:16| タイの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする