2018年09月19日

【海外の反応】安室奈美恵のラストライブ&引退で沖縄が聖地化?銅像計画も浮上!





この世は陰と陽でできていて、超絶な人気(陽)を誇った人には必ずと言っていいほど影(不幸)が付き従う。人気稼業の人たちは、持って生まれた運が尽きれば、その人生の振り子が本人をめがけて攻撃を仕掛けてくる。人気者であればあるほど、その振り子が大きい。現にかつてアイドルと呼ばれた人たちは短命であったり、精神を病んだり、大きな不幸に遭遇することが多い。これを私は「アイドル禍」と呼んでいる。


ダウンタウン松本の口癖

「モーニング娘。はみんな不幸になってる」
「辻ちゃんはモー娘で唯一の勝ち組やもんね」(辻がダウンタウンDX出るたびに言うそうな)


実はモー娘。人気絶頂期の4期までで言うなら吉澤ひとみ、保田圭、石川梨華、安倍なつみら勝ち組はそこそこいる。でも、今回の吉澤ひとみ逮捕で吉澤ひとみが抜けましたね。彼女が起こした事件は大枠で「アイドル禍」と言えるかもしれない。



そういえば、辻ちゃんはブログに吉澤ひとみ逮捕で「この度は、吉澤ひとみの起こした件で大変ご迷惑をおかけしていること誠に申し訳ございません」「同期として皆様に心からお詫び申し上げます」と謝罪していたなぁ。お馬鹿キャラだった辻ちゃんがいつの間にかまともなキャラに。かつてのリーダーと辻ちゃんの立場が逆転している。

出来たばかりの「ギャルル」というユニットをできちゃった結婚でぶち壊したり(←アイドルで出来ちゃった婚はないだろw)、うど鈴木のモノマネで変顔していた昔の辻ちゃんの面影はもうない。顔も変わったけど。これほどのキャラチェンジは凄いと思う。モー娘。メンバーで辻ちゃんだけは謎の存在なんですよね。規格外というか。不幸を感じさせない。松田聖子のように幸運が不幸に転じない、生まれ持った運の許容量が尋常じゃない人がいるんですが、辻ちゃんもそのタイプかもしれない。あるいは、不幸をはねのけるウイルスみたいなものを持っているんじゃないかとw

話が脱線したけど、

「アイドル禍」を鑑みるなら、安室奈美さんの早すぎる引退は彼女なりの賢い選択だと思う。彼女の実母が義弟によって惨殺された事件があった。あの事件によって彼女は陽の運を蓄え、人気が再びと上がった。と見ることもできます。ですが、1度尽きている。人気稼業なゆえ、活動すればするほど運という蝋燭にガソリンをぶっかけているようなもの。激しく炎が燃えさかり運を食い尽くす。いつ蝋燭の火が消えてしまうかわからない・・・。

このまま彼女が活動していけば、再びと大きな不幸を引き込んだり、寿命が尽きる可能性が高かった。もしかしたら、こういう運命学的な知識を持つ人からアドバイスされたのか、もしくは本人の本能で感じ取ったのかわからないけど、人気絶頂の時点で芸能活動を一切やめるというのも、今後の長い人生を考える上で間違っていない選択だと思いますよ。

ジャニーズのタッキーもそうだけど、人気があるのに何故芸能界を辞める? という人がいるのだけど、人気があるからそうするという人もいると思いますよ。人気絶頂で辞めたと言えば、山口百恵が浮かびますね。それにしても山口百恵の21歳で引退というのも若すぎる・・・。




続きを読む
posted by クールジャポン at 04:47| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

【海外の反応】衝撃!北海道で震度7の大地震 大規模な山崩れが発生「日本はどうなっているんだ?」「台風に地震に....」【日本人も知らない真のニッポン】




北海道と言えば地震とか災害というイメージは全くなかったのですが、その北海道で大規模地震が発生した。日本は何処の場所にいても災害とは無縁ではいられない。これほど災害が発生する国は世界を探しても日本ぐらいのものでしょうな。因縁論的に言うとマイナスの因縁を受けた分、国もプラスに発展する可能性が高まる。日本は昔から自然災害の被害を受け続けた。そうした因縁があるからこそ、世界でも有数の国家に発展してきた。と見ることもできますね。

私の直感ですが、日本に大変革の時が来ている。だからこそ、この時期に合わせて自然災害も多発している気がします。マイナスの因縁をバネに国が大きく変革しようとしているのではないかと。それは何かといえば、安倍首相が推し進めている憲法改正ならびに、世界最大の経済圏になる日欧EPA、日本主導の経済圏TPP11。TPP11にイギリス、台湾が入りたがっているようですが、大ウェルカムですよ。このまま太平洋圏で世界最大級の経済圏を作り上げればいい。安倍政権の下で今後、日本経済のさらなる飛躍と日本人の意識改革が行われるのではないかと思います。

というのは私の勝手な妄想の入り混じった希望的観測なのですが(笑)。さてどうなることでしょうね。

このままいけば、安倍首相の三選は確実になされるでしょう。彼の前に有力な対立候補が現れないのは日本にとって幸運なことです。とはいえ、もろ手を挙げて安倍さんに賛成というわけではなく、安倍さんの政策の大半は賛成するのですが、しかしいくつかの政策には反対です。特に外国人労働者の大量受け入れに関しては完全に間違っていると思いますよ。経済学者の三橋さんが言っていたのですが、今の状況は昔の高度経済成長期に非常に似ているそうです。高度成長期も人手不足はあった。その時は賃金の上昇と企業努力による作業の効率化を産み、労働革命を起こして人手不足を克服した。人手不足で追いつめられると企業は生き残るために効率化や技術革新するしかなくなるんです。

三橋さんによると、現在日本にはそういった労働者賃金の上昇と技術革新、労働革命の大チャンスが訪れているのだけど、外国人労働者の大量受け入れをしてしまうと、そのチャンスをみすみす潰すことになり、賃金の上昇が望めなくなる。それどころか、将来にわたるヨーロッパで深刻化している外国人移民の問題と治安の悪化を生じることになる。

現状23区内のコンビニでは外国人スタッフが圧倒している状況ですが、サービス業に関しては無人化の方向で技術革新が図られるべきだと思います。現在でも、無人のコンビニや無人のホテル(変なホテル)が実稼働していますからね。サービス業はいずれ無人化の方向に急速に進むでしょう。自販機が増殖したのと同じでこの流れは逆らえない。これを可能にする治安の良さが日本の強みです。AI機能をもった監視カメラが発達すれば、万引きや不審者は即座に通報されるから防犯的には人がいた時代よりもいいかもしれない。

介護に関しても、介護ロボットなるものの研究を推し進めていけば人手不足もなんとかなるだろうし、そもそも少子化対策で子供を増やせば、根本的な解決になる。やはり、手厚い子供手当が必要。外国人労働者の大量受け入れする前に、まずは少子化対策ありきなんじゃないかと思いますよ。順番が逆になっている。

消費税に関してですが、安倍首相は消費税を導入する方向ですね。安倍首相は消費税に関して心の底では反対のはずだからまだどうなるかわかりませんが・・・。私としては、消費税はどんどん上げてもいいから、貴金属やハイオクガソリン、飛行機のファーストクラス、ブランド品といった金持ちの贅沢品のみに絞るべきだと思います。軽減税率という考え方あるけど、これも方向性が頓珍漢なんですよね。まず無税ありきで、金持ちの贅沢品だけに高額な税金を課すべきなんです。金持ちは消費税なんか関係なく贅沢品を買うんですよ。ならどんどん上げればいい(笑)。

金持ちに税金を大きく負担させ、庶民には無税で消費を促すべきなんです。なんで、消費欲をつぶすような、経済を疲弊させることが必至の増税をするのか、全商品に一律の課税を課すのか全く理解の苦しむわけです。

結論は出ているんですよ。所得税は収入によって、税金の掛け率が大きく変わる。とくに日本は金持ちになるとごっそり税金を搾り取る国。分かっているじゃん(笑)。その考え方で金持ちに消費税を大負担させればいいだけの話。なぜ、所得税ではそれをして消費税ではしない? 消費税を上げた結果、消費が大幅に落ち込み、国民が疲弊し、国の税収が減るわけだから全く本末転倒な話です。
財務省や官僚の大半を占めるだろう東大出のエリートたちは考え方が固定化されてしまって、柔軟な発想ができないようですね。心底、理解に苦しみますな。



続きを読む
posted by クールジャポン at 20:52| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

【海外の反応】広島など西日本での豪雨被害に世界中から励ましの声が殺到!→台湾人「日本との間にはかけがえのない友情がある。みんな寄付を!」




広島など西日本での豪雨被害に対して、世界中から励ましの声が届けられています。それにしても日本は災害の国ですね。これほどの自然災害が多発する国は珍しい。

中部大学教授の武田邦彦氏によるとどうやらこの災害は人災の要素もあって、2009年に発足した旧民主党(民進党)政権が「コンクリートから人へ」というスローガンを掲げ、自治体は公共工事をやりにくくなった。自治体は危機意識を持っているものの、予算がつかないため、それらの必要な公共工事ができないでいる。今回も洪水の被害が拡大したのには、そうした「人災」の側面があるとのこと。

そういえば、東北大震災で洪水の被害が拡大したのも、蓮舫議員が200年に一度の大洪水に備えたスーパー堤防事業を仕分けし廃止したことに由来しているし、今回の災害の拡大も民主党の失策によるもの。安倍憎しのメディアと野党は相変わらず、安倍首相が洪水時にパーティーを開いていたとか、対応が悪いとか連日安倍首相を叩いていますが、真っ先に叩くのは蓮舫と旧民主党の仕分け事業の失策だろうと思いますよ。

まぁ、テレビでは蓮舫を叩くなんてまずないし、蓮舫がテレビに出るとしたら安倍首相を叱責している映像ばかりでしょうが。街頭インタビューでも、安倍首相の対応の悪さに批判的な人たちの意見ばかり報道するので報道の公平性は地に落ちたものです。メディアは今だ学生運動で革命を夢見ている老害左翼の巣窟ですね。電波オークション早く始まらないかな?


確かに安倍首相がパーティーに参加したのはまずかったけど、これほどの豪雨被害になるなんて普通誰も予想できないわけだし、これから何をできるかを安倍首相に期待するべき。少なくとも菅直人とか、蓮舫とか、そういった国益が日本にない政治家よりはずっと期待が持てると思います。


続きを読む
posted by クールジャポン at 16:48| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

[スマブラ新作 現地の海外の反応] 情報が出る度にワールド杯優勝した感じになってすごすぎるwww



ニューヨークの任天堂の専門店にてNintendo Direct E3 2018の映像をみんなでリアクションしている映像。滅茶苦茶エキサイトしていますね。それにしてもスイッチ用のスマブラ新作は登場キャラの数が滅茶苦茶多い。セガからはソニック、ナムコのパックマン、カプコンのストリートファイター、ロックマン、スクウェアエニックスのFF7、ハドソンのボンバーマンなどなんでもあり。そうそうボンバーマンはハドソンをコナミが買収した経緯から現在の版権はコナミにあります。

前作WiiU版スマブラはキャラを詰め込み過ぎたせいか開発が遅れに遅れたため、ストーリーモードが無い状態で発売された。シングルプレーは超つまらないから速攻で売りに出した記憶があります。やはり格闘ゲームと言えど、目的がないとやる気が全くわかない。
個人的にストーリーモードがあればスイッチのスマブラ買うけど無ければ買わない。で、噂ではスイッチ版のスマブラではストーリーモードが復活するそうです。まずは一安心というところですかね。


続きを読む
posted by クールジャポン at 18:00| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

【海外の反応】日本の歴史 江戸から東京への凄まじい変貌ぶりに外国人が興味津々



かつて江戸は16世紀には15万人。17世紀には100万人と世界最大の人口を有する都市だった。さらに、当時は世界最高の識字率。 戦国時代末期には日本は50万丁以上を所持していたともいわれ、当時世界最大の銃保有国だったわけだから、欧米諸国からの侵略に抵抗するだけの文化的、軍事的土壌が17世紀の時点で整っていたとみるべきでしょう。

それにしても15万人住んでいた16世紀の東京が小さな漁村というのも馬鹿にした話だなぁ。コメントにもあるけど、15万人は1820年代のニューヨークと同じ人口らしい。今では、東京は1350万人。東京都市圏では3000万人住んでいるというから東京はどこも人で溢れかえっている印象あるんだけどね。場所に寄りけりといった感じです。

実際に東京の奥多摩あたりに行くと殆ど森だし、過疎化が進んでいるわ。無人駅はあるわで、完全な田舎なんですよね(笑)。通から言わせてもらうなら、日本で大自然の息吹を感じたいなら東京に来い。と言いたい気分なんですよ。これを東京の奥多摩を知らない田舎出身の人に言っても「何言ってんだお前?」みたいな顔されるけど(笑)本気でそう思っていますよ。




続きを読む
posted by クールジャポン at 08:00| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

【海外の反応】外国人『人生を通して、あなたの影響を受けてきた。あなたが僕たちに与えてくれた多くのものに感謝をしたい。』→「日本アニメ界の神。ジブリの高畑勲監督が逝去・・・。」




少し前の話になりますが、ジブリ映画「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」などを監督したアニメ界の巨匠・高畑勲氏(以下敬称略)が逝去されました。お悔やみ申し上げます。

スタジオジブリでは宮崎駿よりも晩年では高畑勲の方が実力上と思っていたわけで、世間の認識では宮崎駿の方が格上なんだから世の中わからないですね。宮崎駿の「となりのトトロ」と同時上映された高畑勲の「火垂るの墓」の作品のクオリティーを比べてみれば歴然。宮崎駿は「となりのトトロ」あたりから、その昔「カリオストロの城」で見せたような緻密なプロットを放棄したようですね。いや「魔女の宅急便」からかな。

高畑勲の代表作となった「火垂るの墓」ですが、問題ないわけではないんですよね。一言ツッコミを入れるとストーリーが滅茶苦茶変です(笑)。あんな変なストーリーを感動作にしてしまう手腕は高畑マジックと言えるもので、泣きながら「なんじゃこりゃ( ゚Д゚)・・・なんで涙が・・・」と思ったものです。だって、戦争遺児の兄妹が親戚の家で無償で養ってくれているのにイジメもなんにもないのに、娘さんが淡い恋心をいだいているのにそれをわざわざ放棄して、川のほとりでホームレス生活する話ですよ(笑)。戦争なんて全く関係ない話です。なんでこれに戦争を絡める必要があるの?現在でも兄が妹を連れて、子供2人が川のほとりでホームレス生活すりゃ、確実に餓死するだろう。妹を虐待した、とんでもない兄の身勝手なストーリーですよ。一言「働いて耐えろ」としか言えない。

ストーリーは置いておいて、高畑勲氏の作品のクオリティーは安定していた傾向にあります。とにかく見せ方が上手い。監督には老化によって作品のクオリティーが低下するタイプと実力を維持するタイプがいて、黒澤明や宮崎駿は明らかに前者。このタイプの監督は、ピーク時の作品は確かに素晴らしいのだけど、晩年の作品はプロットが崩壊している傾向にあるんですよね。集中力が落ちで、行き当たりばったりの展開になる。

宮崎駿の場合、気分次第で出来上がった作品を破棄し作り直すから膨大な時間と製作費がかかる。その点でいうなら、「君の名は」の新海誠はあのクオリティーでスタジオジブリの製作費の1/10と言いますし、実力という点では宮崎駿を完全に凌駕しているんじゃないかと思いますよ。たぶん、宮崎駿の性格から「君の名」の超大ヒットに触発されて、新作映画を作り始めたと思うんだけど、いつ完成するか定かではないです。

公開されたら遺作。もしかしたら公開されないかもしれない・・・。というわけで、才能が枯渇した宮崎駿よりも高畑勲にもっと作品を作らせるべきだったと思います。にしても、この期に及んで新作映画を作り始めた宮崎駿は完全に予想通りでしたよ。わざわざ記者会見まで開いて監督を辞める宣言したのにあれは何だったんだ? 会見まで開いたのに何事もなかったかのようにしれっと嘘をつくということは、自意識が滅茶苦茶過剰なんでしょう。恥知らずなタイプと言える。おまけに責任を取らない。
左系に多いタイプなのですが、宮崎駿も高畑勲もそういえば左翼でしたね。

高畑勲監督が最後に遺した無念の言葉「これで安倍政権が崩れないのが信じられない」「自由で公平で平和な国で死にたい」だったそうですが、安倍政権が崩れないのはメディアの魔女狩り報道が存在するだけで、その実もりかけに違法性が全くないから。自由で公平で平和な国を体現しているのは日本でそれと真逆なのは共産国家。リベラルのくせに何?と思うんだけど・・・。止まらなくなるので、これ以上言うのは控えるとしますか。

まぁ、芸術家や映像作家に左翼は多いです。自身の思考のクオリティーと芸術作品のクオリティーに何ら因果関係がないことは高畑勲や左翼活動家坂本龍一を見れば一目瞭然ですね。



続きを読む
posted by クールジャポン at 08:41| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする