2018年05月31日

【海外の反応】日本の歴史 江戸から東京への凄まじい変貌ぶりに外国人が興味津々



かつて江戸は16世紀には15万人。17世紀には100万人と世界最大の人口を有する都市だった。さらに、当時は世界最高の識字率。 戦国時代末期には日本は50万丁以上を所持していたともいわれ、当時世界最大の銃保有国だったわけだから、欧米諸国からの侵略に抵抗するだけの文化的、軍事的土壌が17世紀の時点で整っていたとみるべきでしょう。

それにしても15万人住んでいた16世紀の東京が小さな漁村というのも馬鹿にした話だなぁ。コメントにもあるけど、15万人は1820年代のニューヨークと同じ人口らしい。今では、東京は1350万人。東京都市圏では3000万人住んでいるというから東京はどこも人で溢れかえっている印象あるんだけどね。場所に寄りけりといった感じです。

実際に東京の奥多摩あたりに行くと殆ど森だし、過疎化が進んでいるわ。無人駅はあるわで、完全な田舎なんですよね(笑)。通から言わせてもらうなら、日本で大自然の息吹を感じたいなら東京に来い。と言いたい気分なんですよ。これを東京の奥多摩を知らない田舎出身の人に言っても「何言ってんだお前?」みたいな顔されるけど(笑)本気でそう思っていますよ。




続きを読む
posted by クールジャポン at 08:00| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

【海外の反応】外国人『人生を通して、あなたの影響を受けてきた。あなたが僕たちに与えてくれた多くのものに感謝をしたい。』→「日本アニメ界の神。ジブリの高畑勲監督が逝去・・・。」




少し前の話になりますが、ジブリ映画「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」などを監督したアニメ界の巨匠・高畑勲氏(以下敬称略)が逝去されました。お悔やみ申し上げます。

スタジオジブリでは宮崎駿よりも晩年では高畑勲の方が実力上と思っていたわけで、世間の認識では宮崎駿の方が格上なんだから世の中わからないですね。宮崎駿の「となりのトトロ」と同時上映された高畑勲の「火垂るの墓」の作品のクオリティーを比べてみれば歴然。宮崎駿は「となりのトトロ」あたりから、その昔「カリオストロの城」で見せたような緻密なプロットを放棄したようですね。いや「魔女の宅急便」からかな。

高畑勲の代表作となった「火垂るの墓」ですが、問題ないわけではないんですよね。一言ツッコミを入れるとストーリーが滅茶苦茶変です(笑)。あんな変なストーリーを感動作にしてしまう手腕は高畑マジックと言えるもので、泣きながら「なんじゃこりゃ( ゚Д゚)・・・なんで涙が・・・」と思ったものです。だって、戦争遺児の兄妹が親戚の家で無償で養ってくれているのにイジメもなんにもないのに、娘さんが淡い恋心をいだいているのにそれをわざわざ放棄して、川のほとりでホームレス生活する話ですよ(笑)。戦争なんて全く関係ない話です。なんでこれに戦争を絡める必要があるの?現在でも兄が妹を連れて、子供2人が川のほとりでホームレス生活すりゃ、確実に餓死するだろう。妹を虐待した、とんでもない兄の身勝手なストーリーですよ。一言「働いて耐えろ」としか言えない。

ストーリーは置いておいて、高畑勲氏の作品のクオリティーは安定していた傾向にあります。とにかく見せ方が上手い。監督には老化によって作品のクオリティーが低下するタイプと実力を維持するタイプがいて、黒澤明や宮崎駿は明らかに前者。このタイプの監督は、ピーク時の作品は確かに素晴らしいのだけど、晩年の作品はプロットが崩壊している傾向にあるんですよね。集中力が落ちで、行き当たりばったりの展開になる。

宮崎駿の場合、気分次第で出来上がった作品を破棄し作り直すから膨大な時間と製作費がかかる。その点でいうなら、「君の名は」の新海誠はあのクオリティーでスタジオジブリの製作費の1/10と言いますし、実力という点では宮崎駿を完全に凌駕しているんじゃないかと思いますよ。たぶん、宮崎駿の性格から「君の名」の超大ヒットに触発されて、新作映画を作り始めたと思うんだけど、いつ完成するか定かではないです。

公開されたら遺作。もしかしたら公開されないかもしれない・・・。というわけで、才能が枯渇した宮崎駿よりも高畑勲にもっと作品を作らせるべきだったと思います。にしても、この期に及んで新作映画を作り始めた宮崎駿は完全に予想通りでしたよ。わざわざ記者会見まで開いて監督を辞める宣言したのにあれは何だったんだ? 会見まで開いたのに何事もなかったかのようにしれっと嘘をつくということは、自意識が滅茶苦茶過剰なんでしょう。恥知らずなタイプと言える。おまけに責任を取らない。
左系に多いタイプなのですが、宮崎駿も高畑勲もそういえば左翼でしたね。

高畑勲監督が最後に遺した無念の言葉「これで安倍政権が崩れないのが信じられない」「自由で公平で平和な国で死にたい」だったそうですが、安倍政権が崩れないのはメディアの魔女狩り報道が存在するだけで、その実もりかけに違法性が全くないから。自由で公平で平和な国を体現しているのは日本でそれと真逆なのは共産国家。リベラルのくせに何?と思うんだけど・・・。止まらなくなるので、これ以上言うのは控えるとしますか。

まぁ、芸術家や映像作家に左翼は多いです。自身の思考のクオリティーと芸術作品のクオリティーに何ら因果関係がないことは高畑勲や左翼活動家坂本龍一を見れば一目瞭然ですね。



続きを読む
posted by クールジャポン at 08:41| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

海外の反応 衝撃!!世界最大となったの日本とEUの繋がりに焦る世界の人々!!「日本に移住するか…」30%って人類史上最大だな!!【すごい日本】



安倍首相の功績で日欧EPAが締結。世界のGDPの3割、貿易総額の4割をカバーすることになる人類史上最大の巨大経済圏の誕生です。これ凄いニュースなんですが、地上波であまり報道されてない。メディアは倒閣が重要な関心事なため、特にこういった安倍首相の功績は報道しない傾向にあり嘆かわしい限り。地上波のテレビが芸能人の不倫だの相撲だのどうでもいいことばかりを延々と報道しているし、左に偏向しているのでニュースはもっぱらネットで収集しています。

相撲の件で話脱線するけど、地上波のメディアは本質に全く触れない。週刊誌やネットでは報じられているけど、貴乃花問題というのは相撲の八百長問題そのものですよ。プロレスもそうだけど、真剣勝負をすれば必ず怪我をする。格闘技なわけで真剣勝負30回もやれば必ず大怪我する。

そうすると、怪我人だらけで興行として成り立たないわけです。だから年間90試合ある相撲に関しても基本的に勝ち負けがあらかじめ決まっている。これが暗黙の了解なわけです。そういった相撲協会の体質に戦いを挑んだのが貴乃花。彼は現役時代から、八百長をしないことで有名だった。その彼のぺいぺいの弟子が神にも等しい横綱を真剣勝負で倒してしまったから、八百長肯定派のモンゴル人たちの逆鱗に触れてしまったというわけ。この構図を見ないと何で相撲協会と貴乃花がもめているかまるで見えてこない。

週刊誌ではこのことが報道されているのでまだまともですが、これを報じない地上波のメディアはどうかと思いますね。それと、ある程度実力を推し量っているんだろうけど、モンゴル人優位に勝敗表を付けている相撲協会の人たちにも日本人としてふがいなさを感じますな・・・。

話を戻すと。
日欧EPAが実現できた背景はトランプ大統領の存在が大きいでしょうね。安倍首相とトランプ大統領が蜜月だし、彼のおかげでアメリカと日本の主従関係が薄れた。日本を対等のパートナーとして見る風潮ができてきて、その期を逃さず、すかさず安倍首相はEUとの経済圏設立に至った。その恩恵にあずかれないイギリス、アメリカは焦っているそうです。

解体の動きがでていたEUですが、日欧EPAがきっかけで解体の流れが止まるかも。まぁ、いずれは世界の経済圏は1つになるんでしょうがね。その流れが加速されるのは間違いない。日欧EPAもそうだし、日本を中心とした太平洋圏のTPP構想もあるし、安倍首相は外交では間違いなく戦後最大の功績を果たした人物だと思いますよ。

続きを読む
posted by クールジャポン at 11:10| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

【日本人天才だろw】教科書の落書きに対する海外の反応が凄い!漫画大国の実力+希望の党について




2017年10月10日に公示され2017年10月22日に投票が予定されている衆議院議員総選挙。やはり小池さんが希望の党(絶望の党、あるいは野望の党)の代表として全面的に出てきましたね。この人最初から都政ではなく、国政狙いの首相狙いなのが見え見えだったので、こう言う流れになることは予想していました。厚顔無恥というか、自己顕示欲が強いというかなんというか・・・。彼女の場合、メディアの使い方もうまいし、すべての行動が計算されているので人生ゲームのあがりを目指しているんじゃないかと思いますよ。首相になったらあがり。それしか頭にない。

この人が1年間都知事をやっていったい何の仕事をやったかと問われると、頭の中?のクエスチョンマークが点灯するんですよね。豊洲移転を彼女の立ち上げた都民ファーストの党利党略のために伸ばしに伸ばして、結局膨大な維持費と日本経済の機会損失を生んだ。その莫大な経済的損失は計り知れないですよ。豊洲移転にしても、あれだけ問題ではない豊洲を問題視して、石原元都知事を独断政治で責めたくせに、結局豊洲移転を決めたのは彼女の独断ですからね。あれだけ豊洲移転で騒いだのはなんだったのかと。もちろん選挙のためだけですが。

どうやって豊洲移転を決めたか聞かれたら、小池さん「AIが決めた」と意味不明な事を言う・・・。AIでもなんでもなくって単なる独裁ですよ。

都政をないがしろにし、都政をイエスマンたちの部下で固め、何をやりたいのか何が目的なのかは言語不明瞭で意味不明。都政の仕事は次々とキャンセルさせ、都政をないがしろにして国政に打って出る。結局、小池さんの人生ゲームで首相というあがりを目指しているだけ。自分に従わない人間は排除する。言っていることが意味不明。メディアに守られた独裁者。こんなわけのわからない人間が国政に出てこようというわけで、ふざけるのもいい加減にしろという話なわけです。

小池さんがまずやるべきは国政にかまけることではなく、豊洲移転の件で都民と日本国民に対して多大な迷惑をかけたことを心の底から反省謝罪し、都知事を辞任することだと思うんですよね。
憲法改正で、彼女に期待する部分があったのですが、言う事がコロコロ変わる小池さんを見ていると、彼女にいかなる期待をしてはいけないと悟りましたよ。都知事での仕事を見る限り何もやろうとしない。信念も政策もない。ただただ人生ゲームのあがり(首相)を目指しているだけの小物だとわかりました。

今回の安倍さんの衆議院解散総選挙は、間違いなく北朝鮮情勢を睨んだ国難に対処するための選挙。一説では中国共産党の党大会と衆議院選挙後に北朝鮮で何らかのアクションが起こると噂されていますね。この情報を安倍首相がつかんだから、選挙が行われることになったと言われています。一国の命運を左右する極めて大事な選挙なわけです。わけのわからないおばちゃんに滅茶苦茶にかき回されて終わりなら日本が滅びるでしょうな。

さて動画ですが、教科書の落書きに対する海外の反応です。教科書の落書きが面白いのは、教科書という真面さの象徴と落書きという非日常のギャップがあるからでしょうな。笑いの本質とは、日常と非日常の差ですし。
日本人はイラストが描ける率が高いというコメントがあるけど、多分子供のころから漫画とアニメに接し続けているから脳内にいくつかの構図のパターンが定着しているんだと思いますよ。知らず知らずにデッサンの基本が身についている人が多いんだと思います。


続きを読む
posted by クールジャポン at 04:06| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする