2017年05月10日

海外の反応「一度食べると病みつき」日本のコンビニのおにぎりに驚く外国人+小池知事の豊洲私物化



難航する豊洲移転問題に関して言っておきたいのですが、移転するかしないか小池知事はいまだに煮え切らない。思った通り都議会選挙まで持ち越すつもり。まんまと、小池知事の政争の道具に利用される形になってしまいましたね。この人都民ファーストとか言いながら結局自分のことしか考えていないわけで、都民を私物化する小池ファーストもいいところ。豊洲移転によって、日本経済に流れるはずの莫大な金の流れを彼女の独断でせき止めているわけだし、彼女のせいで、もったいないもったいないとか言って、オリンピックも縮小モード。期待されたオリンピック景気も大幅縮小される見込みなのが残念なところです。

保守かと思えば、小池百合子都知事が実質的に率いる「都民ファーストの会」が極左の地域政党「東京・生活者ネットワーク」と政策協定で調印手を組んだというニュース。この人、朝銀問題に切り込んでいますし、バリバリの保守かと思っていたんですがね。ただの小池ファーストだったんですね・・。虎の門ニュースの竹田恒泰氏が言っていたけど、極左と手を結ぶ小池氏に対し「味噌汁にウンコがちょっと混ざっただけでも、それは全部ウンコになる」。まさにその言葉通りですな。

もはや彼女には何も期待しない。都知事としての仕事はしないわ。党利党略にうつつを抜かすわ。つまらぬ私怨を政治に持ち込むわで、小池知事よりも、舛添氏が知事をやっていたほうが日本人と日本経済にとっては圧倒的によかったと思いますよ。

今となっては、舛添氏よりも小池知事の害悪が計り知れないほど大きいわけです。日本経済の本来あったはずの大きな発展に対し、彼女のつまらぬ私利私欲で大きなブレーキをかけている。日本にとって大きな損失でしかない。市場関係者たちはもちろん、日本経済に実質的な害悪をもたらしているのだから、メディアももっと叩けばいいんですがね。何故かさほど叩かない。メディアに内在する反自民の勢力の思惑と合致しているからかもしれんけど。どうもこの調子だとメディアの誘導もあって都民ファーストの会が大幅に議席を伸ばしてしまう危惧を感じますね。

さて話変わって動画ですが、海外では今おにぎりが人気を呼んでいます。人気の理由には日本のアニメに登場するおにぎりの影響もあるとのこと。そういや日本のアニメには滅茶苦茶登場しますね。アニメを輸出すると、日本の食文化や文化の輸出につながるということがよくわかりますね。外国人にとっては黒い海苔に対するアレルギーがあるという話を聞いたことがあったのですが、外国人にとっての黒い海苔に対するアレルギーも遠い昔の話になってしまったようですな。


続きを読む
posted by クールジャポン at 10:38| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

【海外の反応】森友学園より遥かにヤバイ!金一族を崇拝する朝鮮学校が日本に存在してることに外国人も驚愕!



まぁ確かに、外国人と同意見です。森友学園よりも金一族を崇拝する朝鮮学校が日本に存在してることの方がよほど問題だと思うんだけど、メディアでは全く取り上げられていませんね。朝鮮学校では徹底的に北朝鮮への忠誠と、反日教育が叩き込まれるんでしょうが、そういう日本の国益に反するような学校に助成金を与えるべきだと主張している左翼の人たちの思考は理解に苦しみますな。


続きを読む
posted by クールジャポン at 18:02| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

【海外の反応】外国人に人気だったマリオカート風レンタカー、無許可営業で任天堂から提訴




「マリオカート」げなコスプレで公道を走るカートのレンタルサービスを手がける「マリカー」が任天堂に訴えられて久しいけど、なんと「マリカー」の商標が止められず、任天堂の異議が却下されたとのニュースが入ってきました。どう考えても「マリカー」って「マリオカート」の略なんだけどね(笑)。これが許されるなら、肖像権というものも存在しないに等しいですな。そういやピコ太郎のPPAPを勝手に商標登録出願していた人物も話題になりましたな。

個人的な希望を言うなら「マリカー」の運営を任天堂がある程度認めて欲しいものです。任天堂がこの会社を買収してもいい。とにかくクールジャパンの観光として「マリカー」が外国人たちから人気を呼んでいるし、コスプレ+ゲーム+公道でマリオカート。こんなに奇抜で面白いものが盛り上がっているのに、ただ単に潰すだけではもったいないと思うんですよね。

任天堂と言えば、発売間もないゲーム機「Nintendo Switch」が話題ですね。Wii Uが発売数日後に余裕で購入できたので、これもそうかなと思ったら時代が変わっていた。何処も売り切れている・・・。転売屋が買い占めたのは明白ですな。転売屋が定価よりも高値で売っているので購入する気にならずまだ入手していませんが、(集計期間:2017年3月3日〜2017年3月5日/販売日数:3日間。ファミ通)国内推定販売台数: 330,637台とかなり好調のようです。

入手していないからあれこれ言うのもなんですが、ジョジョの奇妙な冒険には「シンプルなスタンドほど恐ろしいものはない」という言葉があり、「Nintendo Switch」ってまさにそれなんじゃないかな?と思います。シンプルな外観には驚くような未来が詰まっている。

何の変哲もないタブレット。コントローラーを合体させるだけで、タブレットから本格的なゲーム機に早変わり。日常への浸透圧が高いのが大きな強み。見た目が地味で何の変哲もないからこそ、ただのタブレットだからこそ大きな可能性を秘めている。電車でたまに見かけるタブレット。あれの形状が、ゲーム機を感じさせるものなら人前でプレイするのに抵抗ある人多い。でも形状がスマホやタブレットそのものなら人前でも抵抗がない。ここに任天堂が仕掛けた戦略を垣間見ることができますね。

まぁ、コントローラーをつけたらゲーム機に見えるんだけどね。タブレットという使い方がベースにあって日常に浸透しやすさでこれまでのゲーム機とは一線を画します。タブレットとして成功できるか否かはどんなアプリが投入されるかに関わってきますけどね。オンラインは有料とのことだし、無料通話アプリは当然出てくるでしょう。そうなると完全にスマホそのものですな。となると、スマホを世界で初めてゲーム専用機に昇華させた画期的な代物になる・・・。もしかして任天堂はこれを狙っているのかもしれない。

続きを読む
posted by クールジャポン at 17:58| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

海外の反応 外国人「日本ではニンテンドースイッチが数分で予約分完売したらしい…」




2017年3月3日に任天堂からNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が発売されます。タブレット端末としても使えるから欲しいなぁと思ってアマゾンを覗いたら4万円以上の値段で取引されている。メーカー希望小売価格(税別)29,980円だからここにも転売屋がひしめいて価格を釣り上げていますね。
PSVRもいまだに倍近くの値段で取引されているし、転売屋がゲーム機を買い占めて品薄状態にさせ、不当に価格を釣り上げている状況何とかならんものかと思うんだけど・・・。

WiiUが中途半端なモニターのゲームコントローラーだったもので、このコンセプトをさらに進化させた完成形がNintendo Switch。コントローラーがかなり研究されているようで、期待が高まります。WiiUのゲームコントローラーは外で遊んでいたらかなり恥ずかしい代物だったのですが、Nintendo Switchは電車で遊んでもあまり違和感がない形状なので、もしかしたら電車でタブレットをいじっている人たちが多いかと思ったらNintendo Switchだったという状況が生まれるかもしれませんな。

Nintendo Switchの発表で株価が下がったとか、「期待していたのにがっかり」だとか「サプライズがない」とか市場の反応も冷たいのですが、このマシン自体が世間への浸透圧が高いし、スマホやタブレット最大の弱点であるまともなコントローラーがないという欠点を完全にクリアしているしこれはそこそこ売れるかもしれないなぁ。と私は見ています。今現在スマホがゲームの最大の市場なわけですが、いつでもどこでもゲームできるというスマホのコンセプトに、任天堂が切り込んでいくとしたら、この形しかないでしょう。まぁ、任天堂はいつもそうなのですが、このマシンに関してまだ大きな何かを隠している気がしますね。


価格(税別)は、日本で2万9980円、欧米で299.99ドル。値段が高いという評判がほとんど。子供ユーザーを切り離しにかかっている価格なのが気になるところではあるけど、逆にそれだからこそ大人ユーザーを惹きつけるという考えもできますね。任天堂独自のアプリが当然のごとく投入されるわけだから、それにも期待しています。まぁ、タブレットで動画が見れてブラウザが起動して、ゲームができればそれだけで十分ですよ。

さて動画ですが、数分で予約が終了してもそのほとんどが転売屋の手に渡ったと推測されます。彼らの手に渡ったために不当に値段を釣り上げられ、現在発売前なのに市場価格よりも1万円以上の高い価格で取引されているという状況です。


続きを読む
posted by クールジャポン at 09:28| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする