2010年09月18日

ベルリンのラーメン屋



ベルリンのラーメン屋さん。5年前に日本に来たときにラーメンの魅力に取り付かれて、ラーメン屋をオープンしたドイツ人です。屋台からはじめて、店を持つまでになりました。
オーナーの名前のプレステレって・・・。ゲームが好きそうな名前です。


豚骨ラーメンを頼む外国人レポーター。


音を立ててすすることができない女性。確かに白人女性には、無理でしょうね。
「すすることができない」とわざわざコメントするあたり。事前に音を立ててすすることを番組スタッフから、指示されていたのが、わかるコメントです。そもそも、無音でラーメンをすすると、絵になりませんからね。

すすらなくて上等。この白人女性の抵抗感というのは正解ですよ。

イタリアのスパゲッティがフォークで麺を丸め込んで飲み込む図式って、やはり長い麺を処理する際に音を出さないためだと思うわけです。

すするという食文化って、恐らく日本で独自に発展してきたのでしょう。
posted by クールジャポン at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

盆栽職人めざすドイツ人



ヨーロッパを中心に海外で大人気の『盆栽』。その職人を目指そう と江戸川区で奮闘しているドイツ人を取材しました。 江戸川区にある春花園――。ここに盆栽職人を目指す1人のドイツ 人がいます。28歳のヴァレンティン・ブローセさんです。11歳 のとき故郷のクリスマスマーケットで盆栽と出会い、興味を持ち始 めました。ドイツで4年間庭師として働いた後、去年からこの春花 園で修行を続けています。

盆栽は世界中で人気です。ただ、残念なことに日本では老人の趣味のイメージが強いことですね。アートとして、今後人気を呼んでいくことを願っています。 盆栽が世界中でブームということで・・・さっそく韓国が起源を主張しだしています。 中国が発明し、日本が発展させ欧米が興味を持ち韓国が起源を主張する。 この流れなんとかなりませんかね_?
posted by クールジャポン at 12:37| Comment(0) | ドイツの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする