2016年05月30日

【海外の反応】「何だこの人出は!多すぎ!」 ドイツ 日本デーの異常な人気ぶりが現地で話題に!!




G7(ジーセブン)で突然安倍首相が消費税増税延期を打ち出したのですが、唐突な話で驚きました。おそらく、前々から消費税増税延期のつもりだったんだけど、財務省の圧力があまりにも強いがため、それなりの大きな理由が欲しかった。というわけで、安倍さんはG7(ジーセブン)にかこつけて、ここぞとばかりに、消費税増税延期の正当性を主張したんでしょう。あまりにしらじらしいけど(笑)。G7で安倍首相に、言われちゃ財務省の官僚も黙るしかないですな。

前にも言いましたが、消費税にも贅沢品と日用品の2種類にあってしかるべきだと思います。裕福層の贅沢品への消費税は10パーセントどころか20パーセントが正しい。通常の消費税は5パーセント程度に減額すべきです。これで、すべて解決する気がします。消費税課税の比率を数多く分けるのはコスト面と運用面で無理が伴うので、2種類が限界でしょう。

贅沢品に対する消費税? よくよく考えると、日本は裕福層の所得税の税率が物凄く高い国。金持ちになればなるほど、ごっそり国に税金を持っていかれる。大金持ちになればなるほど、これほど国に搾取されるなんて通常ありえない。大げさに言うけど、海外なら暴動が起こるレベル。

この所得税の概念をそのまま消費税に当てはめるというわけです。裕福者への負担を増して、一般人の負担を減らす。

ガソリンのハイオク、宝石、ブランド品、高級車・・・。これらは本来必需品ではないですよね。裕福層はそれを承知で高い金を払って購入しているわけです。裕福層にとってこれらの消費税が上がっても痛くもかゆくもないわけです。金持ちだから。所得税であれだけ理不尽な税率を甘んじて受けているわけですから、消費税にだって耐えられるはずです。政府は何故、所得税と同じ概念で消費税を導入しないのか全く理解に苦しむわけですよ。消費税をすべての国民に均一にという平等主義が間違いなわけです。

政府から軽減税率なんて案が出てきたけど、その行きつく答えは裕福層の贅沢品への課税なのは明白なわけで。ひょっとしてと、この答えにたどり着くか否かで注目していたんだけど、残念ながら、結局辿り着けなかったですね。やっぱり頭が固すぎる。軽減税率という発想ができるんだから、裕福層の贅沢品への重点課税について思いを巡らせてほしかった。


さて、動画ですが、5月21日に開催されたドイツの日本デー。100万人(去年70万人)もの来場者が訪れ大盛況だった模様。というか、混雑し過ぎてラッシュアワーの日本の電車の方がマシだったとのこと。会場の近くで駐車は不可能だから、消防署の前に停めていたという人も・・・。やはり、日本のアニメとカルチャーはとんでもないパワーがありますな。日本デーは、花火が凄いらしくそれも人気に拍車をかけているようです。


続きを読む
posted by クールジャポン at 22:15| ドイツの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

【海外の反応】ドイツ人「日本好きには堪らない!」日本デーで今年もクールに花火が打ちあがる




モーニング娘。の元メンバー、加護亜依に暴行を加えたとして、夫の加護陽彦が逮捕されたニュースが流れました。以前も書いた思うのですが、加護ちゃんのこういう結末を予想していた者にしては起こるべくして起こったとしか言えません。

アイドルという職業は非常に怖い職業でして、私はアイドルという職業は「運という蝋燭にガソリンをぶっ掛けて燃やしていると言います」。何度も言っているので今更という感がありますよね(苦笑)。とにかく、アイドルは運の消費量がハンパない。運が尽きたアイドルたちは前方に傾いていた運命の振り子がまさに自分目掛けて突進し、打ちのめされる境遇に遭遇するのが常です。私はこれを「アイドル禍」と言っています。基本、女性アイドルたちのその多くが不幸に襲われる傾向があります。某ピーとか天地なんとか。短命でこの世を去ったアイドルは数知れず・・・。


男性アイドルも確かにそういう傾向があるんですが、最近そうではないケースを多々見ていて認識を改めました。男性と女性では運の消滅時期が大きく異なるようです。女性アイドルの時限が25歳程度なのに対し、男性アイドルは40歳以上でも可能。V6の坂本が43歳でアイドル、TOKIOの城島が44歳でアイドルの一員、SMAPの中居が42歳でアイドル。男性アイドルのメインは30代が中心・・・。なんですよ驚くでしょ。

もちろん、この女性アイドル25歳程度まで。男性40代まで。いや60代かなw というのは人間の生殖能力と一致しているのは間違いない。女性の場合40代でも出産は可能なのですが、男性は遺伝子的に健全に産める年代に意識が向かい、女性の場合は受身の性ということで優秀な遺伝子を残すことに主眼を置いている。年齢はさほど問題ではないのでしょう。

多分、このことが運が尽きる年齢に関係しているのではないかと最近考えるようになりました。運が尽きる年齢というのも、男性アイドルよりも女性アイドルのほうがかなり早々に現れてくる傾向があります。もちろん運の総量にも個人差がありますよ。生まれつき多く持って生まれた者。少々しか持ってない者など多々存在します。


運がなくなっても、ここで運を付け足す人たちの存在もあります。想像を絶する不幸により、運を付け足した人々はいます。物事は陰陽で説明できます。陽(成功)に至るためには陰(苦悩)が必要なのかもしれません。交通事故に遭ったビートたけしやア○ロがその典型でしょう。彼らは、不幸を乗り越え、一時は衰退した運気も上昇しています。元モー娘。の後○も一時そうでしたが、やはり彼女の運が尽きていたため一時光ったように見えたけど、結局継続して活躍はできなかったようです。彼女は弟も・・。

加護ちゃんに関してですが。もう、こうなったら、芸能人という立場から逃げるという手段を選択するべきだと思いますよ。芸能人=人気稼業というものは「運という蝋燭に石油をぶっ掛けて燃やしている」。

加護ちゃんが芸能界に戻りたいと言っているけど。

加護ちゃんはとっくに運がつきている。芸能界という運の消費量の激しい世界に飛び込んだら、不幸を投資しながら活動しないといけない羽目になる・・・。それはまさに地獄としか言い様がないんですが。よくワイドショーで、なんでこんな最低なやつとくっついた信じられないとか、好みのタイプを変えるしかない。と言うでしょう。ノリピーも加護ちゃんも、よくそう言われます。そうではないんですよ。

運が尽きているからそういう人物にしか縁ができない。芸能界にいると言うことは、膨大な運の総量があってこそ成り立つわけで、その運を使い果たした者が、芸能界にいるためには不幸という代価を払うことでしかその存在を許されない。基本芸能界に存在できるのはピラミッドの頂点の一部。芸能人になりたいものが10万人いるとして、10人程度しかなれない。長期にわたって継続できるのはその1人程度。

というわけで、加護ちゃんが芸能界に戻りたがっているけど、私は否定的ですね。不幸しか待ち受けていない気がする。加護ちゃんは以前自殺未遂もしたし・・・。自殺の危険性が高い。再スタートするとすれば一般人がベストだと思いますよ。加護ちゃんの知名度と前歴からすればいくらでも再就職の採用枠はある。

誰か、彼女にアドバイスできる人がいるといいんだけど。いないだろうなぁ・・・。



さて動画ですが、ドイツで開催された欧州最大の日本文化フェスティバル「日本デー」。14回を迎える2015年の来場者は大盛況で75万人とのこと。マジ?これが本当だったら凄い数ですよ。このイベントで人気だったのは、日本人花火師による花火。この花火が凄いとドイツ人たちに大盛況だったようです。




続きを読む
posted by クールジャポン at 22:55| ドイツの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

【海外の反応】ドイツ人が作った日本兵へ贈るトリビュート動画に対する海外の反応に涙




海外の反応コメントを紹介する動画がYoutubeで増殖中です。外国人のコメントを紹介するにしても、たいてい無機質なコンピューターによる合成の声が使われています。やっぱり、人間の生の声には及ばないし、コンピューターで音声を作ったりするのは面倒だし。と、なんでわざわざコンピューターの無機質な声を入れているのか不思議で仕方なかったんですよね。

そんな疑問を払拭するかのように、Youtubeのチャンネル「木村由美のニッポンの素敵!」では、チャンネル運営者自身の肉声で外国人のコメントを読み上げています。これが本来のあるべき姿なんでしょう。文字も大きいし、肉声で聞き取りやすいので機会があったら彼女の動画取り上げていこうと思います。ゆみさん美人だからこれから人気が出ると思いますよ。

上の動画ですが、外国人たちが日本人の置かれた立場や心情をよく理解している事に感心しました。なかでも東南アジアの人たちの理解度が高い。ひょっとして日本人以上に日本が置かれた立場に対する理解が及んでいるんじゃないかと思いますよ。言うまでもなく特定アジアの人たちの理解は全く期待できないですが・・・。この動画では、特定アジアの人たちのコメントは価値がないから省いたのでしょうかね?

こうした海外の反応動画によって、日本人が失った誇りや大義を外国人たちから教えてもらうのは非常に有意義な事だと思います。戦争には負の側面は確かにあるけど、負を強調するばかりに不必要な罪の意識にさいなまれたり、日本軍に関する捏造話に騙されたり、民族としての自信や誇りを失うのは愚かな行為だと思います。戦後日本人は左翼による反日自虐の毒牙に噛まれ、民族としてのアイデンティティを失ったかのよう。もうそろそろ負の連鎖を断ち切って、日本人を縛り続けた戦後レジームを脱却するべき時期に来ていると思います。

ほとんどの日本人たちは気が付いていないでしょうが、安倍首相の行おうとしている憲法改正や様々な改革が意図するのは、間違いなく「戦後日本を縛り付けてきた戦後レジームからの脱却」に相違ない。彼に期待すると同時に、日本人も民族としての誇りと自信を取り戻さなければいけないと思います。


続きを読む
posted by クールジャポン at 08:00| ドイツの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

平成の侍 町井勲に挑戦! ドイツのTVでBB弾切断などを「侍ハヤシ」が検証






据斬七太刀の記録や「千本斬り」でギネス記録認定を受けた町井勲。彼が出演した番組では、卵やえんどう豆のさや、シメジの傘を真っ二つに切断し、エアガンから時速154キロで発射されるBB弾の居合斬りや、
鉄パイプを刃こぼれをさせず真っ二つに。

そんな、町井勲にドイツの番組で、挑戦する日本人がいた。名前は「ハヤシ」。誰それ(笑)。ハヤシってば、時代劇風なサムライの服装だし、どうも番組のやらせっぽい。テニスボールを真っ二つにしたのも、まぐれ当たりだし。しかも、真っ二つにするため、さりげなくちぎったw。

テニスボールを真っ二つにするのですら、大変だったのに今度はBB弾に挑戦。こりゃ、挑戦するだけ無駄でしょう。まぁ、そこは番組。何百回か刀を振らせて、結局BB弾を真っ二つにしてしまいましたね。ちゃんとオチをつけるあたり、ドイツのテレビも日本と似てます。この動画を見て、ハヤシなる人物が何処にでもいる只の一般人にしか見えないのは同じ日本人だからでしょうな(苦笑)。


その昔ハロモニというモーニング娘。出演の番組があったんだけど。かさを投げて、傘入れに入れるとか、後ろ向きに本を投げ本棚に入れるとか、成功するまで、数十回、数百回も挑戦しまくる番組の企画があったんだけど、それを思い出しました。

やっている事はシンプルなので、翻訳がなくても意味がわかるし、ニコニコユーザーたちのコメントを集合していけば、下手な翻訳よりもよっぽど意味がわかるし、中身がない動画を笑いで盛り上げてくれるので、素の翻訳より面白いですな。


続きを読む
posted by クールジャポン at 23:28| ドイツの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする