2015年06月25日

フランスで週刊少年ジャンプが人気!ワンピース、NARUTO、ドラゴンボールETC+元少年Aの絶歌について



神戸の児童連続殺傷事件の加害者である「元少年A(酒鬼薔薇聖斗32才)」が本を出版して、ベストセラーになっているそうですね。これどうにも納得のいかないんですが、10万部売れれば著者は約1500万円もの印税収入が入るわけで、10万部は軽く超えるだろうから既に億万長者確定ですよ。印税で働かなくて一生遊んで暮らせる。

少年Aの母親は、手記『「少年A」この子を生んで……―父と母悔恨の手記 』は、なんと180万部を売り上け、印税が億単位までいっている情報もあり、噂では四国で豪邸を建てて印税生活をしているとのこと。猟奇殺人をやった犯罪者やその親が殺人ネタで本を書いて一攫千金というのも異常過ぎて言葉を失います。見るとチャンネルを変えていた、パリ人肉事件の犯人・佐川一政がやっとメディアから消えてくれたと思ったらこれだ・・。日本のメディアは異常な部分があるので、本当に何をするかわからない。この本がきっかけでこれから「元少年A」がテレビや雑誌に出る可能性もあります。本人の自己顕示欲をかんがみると十分可能性がある。本当うんざりする話です。

日本人は加害者に優しく、被害者に厳しいとよく言われます。被害者は顔やプライベートを包み隠さず報道される。場合によっては被害者の家族や周辺住民にインタビューしたり、自宅周辺に取材陣が張り込み殺到したり・・・。それに比べて加害者が未成年の場合、顔写真もプライベートも伏せる・・・。

犯罪者に優秀な弁護士が付いて過剰に保護することも多々。恐ろしいのは、犯罪者は精神病なら罪に問われないこと。逆でしょう。犯罪者が精神病なら被害が出ないために行動をきっちり監視すべきです。それと罪から逃れるために精神病を偽る可能性も大いにあるんだから、加害者に対し過剰な弁護をするべきではないと思います。加害者の人権をことさらに尊重するのは左翼弁護士に多い。被害者などおかまいなしという印象。

彼らはというか左翼主義者は、よく平等の名の下で不平等を強いますね。善人もいるし極悪人もいる。人間は多種多様なのだから、その人間を一様に平等に扱うのは実は不平等なんですよ。加害者と被害者を同等に扱うことは被害者にとって不平等であり、差別そのものでしかない。被害者を上、加害者を下というふうに上下関係を作ることはたんなる区別であり、差別とは違う。この認識がないから、左翼たちは、「少年法」とか、精神病患者が犯罪を犯しても無罪といった、加害者優位の風潮を演出し支持しているわけです。

加害者に人権はある。が、被害者の人権と同等ではない。被害者の人権は加害者の人権よりもはるかに優先されるべきである。それは差別ではなく社会を健全に運営していくための当たり前のルールであると言いたい。

にしても出版は大田出版。完全自殺マニュアル出した出版社でしょうここ。完全自殺マニュアルのせいで自殺した人もいるわけで、儲かれば手段を選ばぬ姿勢はまさに犯罪。そして、猟奇的殺人者の本を出版し大金をせしめようと画策。ふざけた出版社ですね。いくら金に汚くても彼らは、光市母子殺害事件の犯罪者の手記も、コンクリート殺人事件の犯罪者の手記も出版しようとは思わないでしょう。良心の呵責もあるし、社会からの制裁がすさまじいのはわかっているから。というか、出しても売れないでしょう。

だが今回、少年がおかした犯罪という認識の盲点を突いて本を出版した。姑息にも日本人は子供に甘いという弱点をちゃんと分析している。「少年」という魔法のワードが、猟奇的殺人者の書いた本という認識をゆがめ、出版に対する社会の非難を緩和してくれるのをちゃんと計算している。

被害者たちは出版に強く抗議している。もちろん至極当然のこと。自分の息子が殺された両親にしては、自分の息子を殺した犯罪者がその猟奇殺人ネタで億万長者になるなんて悪夢そのものですよ。加害者にとっては金儲けかもしれんけど、これは打ちのめされた被害者にさらに鞭を打つような行為そのもので、社会的な害悪、犯罪そのもの。政府は、即刻出版を差し止めするように出版社に働きかけて欲しいし、出版社も誠意をもって出版差し止めるべき。なお、この元少年Aなる犯罪者は次に小説を出版したいそうだが、いったい何を勘違いしているのだろうか?

世の中の恐ろしさを知らないとはよく言ったもの。彼は、自分の犯した犯罪をネタで大金をまんまとせしめた。と思っているでしょうが、もし地獄があれば、地獄の底に真っ逆さまに落ちる事間違いなし。犠牲者の遺族の怒りも、それを知った良心派の怒りもすさまじい。数十万数百万の怒り。彼が世の中の本当の恐ろしさを知るのは、この世を去った後かもしれない。そもそも快楽のための殺人を犯すような犯罪者が少年法に守られて、刑期10〜15年程度で刑期を終えて世間に戻ってくる事自体が異常な話。

さらに、猟奇的殺人を犯した犯罪者がそのネタで一攫千金をせしめる。こんなふざけた話はあるか?全く冗談ではないわけです。この異常事態を作り出したのは、日本にはびこる自浄作用のない無責任な放任主義と紛れもなく「少年法」ですね。人間には生まれ持った質(たち)というのがあり、それが想像を絶するほど人によって違う。

少年法は性善説に基づいているが、これは人によって間違いです。性善説が通用する人間もいれば、性悪説が通用する人間もいる。生まれながらに快楽のために人を殺すような極悪人は大人だろうが子供だろうが関係なく一定数存在するわけで、そういう極悪人の殺人衝動を縛るには所詮罰の恐怖でしかない。

全く言うことを聞かない動物を調教するのにその最終手段として恐怖なのは人間も同じ。犯罪に対する罰則や死刑にも色んな種類があるべきだと思いますよ。たとえば、足の先から頭まで1時間をかけて徐々にミンチになったり、切り刻まれる。腐敗させられる死刑とか・・・。高所恐怖症の人はパラシュートなしで空中からダイビングもいい。いくらでも書けますが、確実に誤解されるのでこれぐらいで辞めておきます(笑)。

犯罪を起こした場合に罰則として、本人が心底恐怖を感じる拷問や死刑がもし行われるとしたら、彼らは絶対に重大な犯罪を犯さないでしょう。ここが重要なポイントであり本質です。恐怖を与えることでしか行動を制御できないレベルの人たちがいる存在する以上、殺人を犯しても10年で社会復帰できるなど、現在の甘すぎる「少年法」は極悪人の犯罪を援助し、助長する以外の何者でもないわけです。子供だろうがなんだろうが、それこそ生まれる前に地獄から這い上がってきたようなのもいるんですよ(苦笑)。

少年法は百害あって一理なし。

この理不尽な法制度が改正されるキッカケとして今後この本が大きく関わっていく可能性を感じます。猟奇殺人犯が本を出して億万長者なんて誰が考えても許せない。少年法がなければ、彼は今も獄中か死刑。なんだこのギャップは? 少年法おかしいんじゃないか?と、そういう説得力があります。それにしても、これがベストセラーになる日本って、相当病んでいますね。


暗い話題なので、明るい話題といきましょう。さて動画ですが、フランスの若者の間では週刊ジャンプで連載されている漫画が大人気とのこと。日曜のコンビ二に行って、月曜のジャンプをゲットするフランス人の情熱は凄いですね。


続きを読む
posted by クールジャポン at 08:00| フランスの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

フランスアングレーム漫画祭で韓国の慰安婦プロパガンダに屈した日本



古三子
これはあんまりにも酷い!
こっちが泣きたい!
漫画を愛する日本の文化、フランスも日本の漫画文化を認めてるくせに
退けるなんて………!
さすがにこれは許せない。
漫画には漫画を。日本の有名な漫画家が対抗して欲しいところですね



YAMATOASUKA
この人が今、日本中で叩かれている問題の人物ですか。
完全に日本人を敵にまわしちゃいましたね。
当然と言えば当然ですが。
この人物というか今回の漫画祭の主催団体のせいで、
「さよならフランス」とまで言われてしまっている。
フランスの人はどう思ってるんでしょうね。
韓国の捏造漫画等で洗脳されてしまったんでしょうかね…残念です。


----------------------------------------------------------------------------------------

30日、フランス南西部アングレーム「アングレーム国際漫画祭」で、従軍慰安婦をテーマとする企画展が開催されました。内容は、韓国側の主張に沿った展示内容で従軍慰安婦の強制連行を肯定するというもの。旧日本軍の兵士が当時の朝鮮半島の少女を拉致したり乱暴したりする韓国漫画が紹介されました。

日本側は論破プロジェクトなるものを立ち上げて、韓国の慰安婦漫画に対抗する漫画を公開して、抗議するはずだったのですが、日本側の漫画だけが却下され、さらに、ブースが撤去されるという事態に発展。「韓国ばかり不公平だ」「主催者側は買収されたのではないか」という憶測が流れています。

ちなみに、論破プロジェクトですが、某宗教が絡んでいるとかで熱が冷めた人も少なからず出たと推論します。私もそうです。頼むから、こういう保守的な活動に思想や特定宗教などで、色をつけないで欲しいと思うんですが・・・。国益を守る活動や運動を、宗教的な“政治宣伝”に利用されちゃたまったものではない。

「フランスアングレーム漫画祭」主催者の不可解な対応は、動画で一目瞭然。ワールドカップサッカーでも似たようなケースを目にしたと思うんだけど、韓国人の今までの行動から、この主催者側を買収した可能性が高いですね。金にものを言わせて、平和な文化の祭典を政治の道具に利用する。その韓国側の主張が正しければ、まだ筋が通るのですが、従軍慰安婦の強制連行は事実無根のデマであり、韓国側の行動は決して許されるべきではない。日本人もいい加減に指をくわえて見ているだけでは済まない事態に発展しています。韓国の日本に対するディスカウントジャパンキャンペーンはこの件にとどまらず、アメリカでの慰安婦像の設置など、今や世界中に展開されていて、日本人差別とバッシングを世界各国であおっています。

日本政府は悠長にクールジャパン戦略とか言っている場合じゃないですよ。自分たちの文化や尊厳の土台に火をつけられてクールジャパンなんて早速無意味。正直、クールジャパン推進委員会を今すぐ解体してでも、韓国の反日プロパガンダ対策委員会を作るべきです。韓国政府によるディスカウントジャパンキャンペーンによる日本の損失が計り知れない。何故政府は無関心な上、のん気に放置している?

「アングレーム国際漫画祭」における韓国の慰安婦漫画に対し、日本政府も一応対応したのですが、官房長官が行った批判は、「只の批判」レベルにとどまっている。これが諸外国なら、大使を呼びつけて経済制裁処置を発動しているんだろうけど。こういう中途半端で日和見な対応、何の意味も無い日本政府の対応は、問題をさらに悪化させるだけ。安倍政権は、事態の深刻さを直視して、経済制裁など、適切な対応を取ってもらいたいものです。

いつもいつも日本政府の手ぬるい対応に呆れるんですがね。日韓基本条約でどれだけの金が韓国に流れたのか、日韓基本条約とはどういうものなのか政治家たちが全く知らない。なぜ延々と続くチンピラのゆすりたかりに温和に反応する?でもまぁ、こういう韓国人の理不尽で、傍若無人な行為は、大勢の日本人たちにストレスが溜まることになるわけで、結果的に眠っている日本人たちの目を覚まさせるでしょう。おそらく、将来的にはプラスですよ。政府は、有権者の意向を無視出来なくなるほど反韓感情が高まって初めて重い腰を上げる結果になる。ただ、その前にメディアが腐っているため、真実が大衆に伝わらない大問題がありますが。

それにしても、メディアの報道姿勢には呆れる。



フランスアングレーム漫画祭で行われた日本ブースの破壊と略奪をほとんど報道しない。日本のメディアも韓国に買収されているんじゃないかと勘ぐりたくなりますね。


続きを読む
posted by クールジャポン at 14:00| フランスの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

今年もやっぱり乱入してきたジャパンエキスポの韓国人

フランスで開催されたジャパンエキスポなんですが、今年も性懲りもなく韓国がジャパンエキスポに参入して、韓国のアピールを行った模様。なかでも、ジャパンエキスポのコスプレステージで皆が踊った、その楽曲がPSYの『江南スタイル』という事で物議をかもしています。



PSYの『江南スタイル』は韓国の曲ですよ。それが何で日本のイベントの曲に採用されているのか。そもそも、日本が嫌いなくせに日本のイベントにしれっと便乗して寄生して、韓国人のメンタリティーって複雑ですよね。世界が日本に注目するのに嫉妬して、韓国も見て欲しい、日本のイベントを乗っ取ってやる!という捻じ曲がった意識なんだろうけど。

そういや、日本のオリンピック招致を韓国があからさまに嫌悪感を表明して、邪魔しようとしていますね。もし、日本のオリンピック招致が実現したら、韓国が日本のオリンピックに便乗してくるんじゃないかと思ってます。日本に注目するのは許さないニダと。何も荒唐無稽な話ではないですよ。

2002年の日韓ワールドカップでも、開幕式を韓国一色に塗り替えたし、日韓ワールドカップの名称をアルファベット逆の「KOREA・JAPAN」にしたし。開催費用がないと日本に泣きついて、韓国のスタジアム建設費用を捻出した日本に対して、あの韓国一色に塗り替えた開会式は失礼なんてものではないし、もちろん、韓国に貸したワールドカップスタジアムの建設費用は、日本に戻ってこない。

expo1.jpg

韓国ブースでは、旭日旗をあしらったバッグも販売。あれ?韓国人って旭日旗が嫌いで、サッカーでも日本側に旭日旗を使うなと抗議してなかった? 

expo2.jpg

韓国の国旗を誇らしげにブースで展示・・・。このイベントは日本の文化の祭典ですから。

そういや去年は日本の国旗をこんなにクシャクシャにして展示してましたね。z_unb.jpg




続きを読む
posted by クールジャポン at 20:10| フランスの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

浦沢直樹パリで神格化!? 漫画界の巨匠にフランス人熱視線!



孝洋 笹鹿
浦沢先生、広げた風呂敷は綺麗に畳んで下さい。


masaki crash
すげぇー同意する
伏線張り巡らす序盤の盛り上げ方はうまいんだけどなぁw
その伏線を回収しきれず最後「えっ?そんなオチ??」って感じで尻すぼみで終わるのがなんとも・・・・


-----------------------------------------------------------------------------------------
Youtube公式チャンネルにはアンテナを張っていたつもりですが、池袋テレビなんてチャンネルあったのね。最近まで知りませんでした。中を覗いて見ると宝の宝庫。これは!と思える動画があれば、今後紹介して行こうと思います。

では早速、漫画家・浦沢直樹がフランスで人気と言う動画。2012年のジャパンエキスポに浦沢直樹が招待されました。行われた会見のなかから浦沢直樹のコメントをピックアップします。

・フランスではアニメ「YAWARA」が放送された事がないとのこと
これは意外ですね。柔道大国のフランスなら放送されたと思ってましたよ。ストーリーも面白いし、当時にしてはアニメーションが綺麗なので、今から放送しても人気を呼ぶと思うんですがね。ちなみに、巷でYAWARAちゃんと呼ばれる、谷亮子を私は、「TAWARAちゃん」と呼んでいます。でも、谷亮子を「TAWARAちゃん」と呼ぶのに最近抵抗があるんですよね。谷亮子は、最近、綺麗になってきたと思いますよ。歳をとるたびに、顔が良い方に変わる人の典型でしょう。彼女は生活の党の議員でしたね。生活の党の支持率は0とも0.1パーセントとも言われているし、参議院選は難しいでしょう。多分駄目かと・・・・。

TAWARAちゃんは、柔道女子日本代表の園田隆二監督らによる暴力問題について、記者団に、監督を告発した選手たちの思いとは裏腹に「園田監督は人間性の素晴らしい立派な監督」という発言をして物議をかましました。昔から、指導者を見る目がないんでしょう(苦笑)。


・漫画がアニメ化するまでの道のりが長い

最大の問題は、スポンサーですよね。ただ、これはテレビアニメに限っての話。アニメ市場にはテレビアニメとOVAという2つの潮流があるわけです。OVAに限るとスポンサーではなく、販売規模ですね。どれだけ買ってくれるユーザーがいるか。ずっとOVA市場が冷え込んでいたのですが、最近盛り返しています。例えば、「聖闘士星矢」のOVA化の計画自体は1990年にはあったけど、長らくOVA化されず10年以上も経った頃になって発売されました。

ジョジョの奇妙な冒険は、最近1部と2部がOVA化(MXテレビなどで放送も)されたんだけど、OVA市場の盛り返しがアニメ化のきっかけになったんでしょうね。3部は既にOVA化されているので、わざわざOVA化する必要あるのかが、3部のアニメ化に歯止めとなっているんでしょう。3部が発売されるか否かは、1部と2部のOVAの売れ行き次第ですね。活気づいているOVA市場ですが、ネットでのアニメの無料視聴が流行して作品にペイしなくなる人が増えてきている懸念材料もあります。

・浦沢直樹のストーリーが長いのでアニメ化しずらい

YAWARAは、ストーリーをいくらでも省略する事が可能だったからアニメ化は容易だったはず。でも、20世紀少年とか、他の浦沢直樹作品は確かにそう。ストーリーが複雑に絡み合っているので、抜粋できない。長期のアニメになる事を前提とするわけだから、アニメ化は難しいし、スポンサーがつかないわけだ。でも、浦沢直樹の漫画が奇跡的にアニメ化された事がある。それが、「MONSTAR」。2004年4月6日から2005年9月27日まで。深夜アニメでは珍しく6クール(1年半)かけた長期放送。

>浦沢先生、広げた風呂敷は綺麗に畳んで下さい。

これには同感過ぎて吹き出してしまった。20世紀少年に代表されるように、浦沢直樹の漫画は、面白くしようと手当たり次第に素材(伏線)をぶち込み、煮込みすぎて、最後に出される料理の味が残念という事が多々ありますね。謎が謎を呼ぶと言う展開は凄く面白いんだけど、複雑な伏線をいかに料理するかに漫画家の腕がかかっているわけですよね。車田正美のように、伏線を張りすぎて、収集がつかず面倒になったら、なかった事にする(笑)のと違って、ゆでたまごのように思い付きで伏線を後足しするのと違って、浦沢直樹はなんとかまとめようとしている姿はいじましいですが。

posted by クールジャポン at 07:11| フランスの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする