2012年10月01日

インド不可触民を救う日本人、佐々井秀嶺



空海なども、生きていた頃はこのような人物だったのだろう。
SnakeCollection25

不可触民の実態を知り、それをただ傍観しているだけ、というのも後味悪く、ネットでもっと検索していたらこの動画を知りました。少しづつよい方向へと向かっているんですね。
zakuronron

こういう方が知らないとこでしている行動が
日本に対する世界の評価になってきたのだろう。
見習っていきたいです。
cocoro999

すごい人だ、、、
でも坊主というよりも皆から頼りにされるヤクザの親分とかゴッド-ファーザーみたいに見える、、、、
wright2128


------------------------------------------------------------------------------------------
私は無宗教なんですが、宗教に関する知識は多少ありまして。
なかでも原始仏教はかなり好きですよ。好きと言っても、執着ではないです。私がたまに言う「全ての知識を利用して捨てる」もたぶん原始仏教からです。行法で言うなら、小乗仏教の自己観察の行法「ヴィッパサナー瞑想」が好きですね。

チベット密教の一派やグルジェフも似たような自己観察系の行法教えてましたね。自分を第三者の視点で、日常的なもう1人の自分をモニターして観察する行法。これは、文化人類学者のカルロス・カスタネダが、ヤキインディアンから学んだ「夢見」の行法に似ていますね。「夢見」の行法は夢の世界で自由に動くメソッド。そのためにまずは、夢の中で夢を見ている事を自覚する事が必要です。手始めに、夢の中で「手」を見る事を試みます。まぁ、カルロス・カスタネダはフィクションっぽいですが^^。自己観察を説明するのにこれほど分かり易い素材もあるまい。

我々は夢を見ているとき、それを夢だと自覚できません。しかし、起きた時今まで見ていたのは夢だったと自覚するのです。起きたら何故夢だったと自覚できるか?起きている意識が夢の状態よりも一段上の覚醒状態にあるからです。

自己観察は我々が覚醒状態だと思っている日常生活の意識を「夢」として捉え、その「夢」を一段上の意識で自覚し続ける行法。夢を自覚し続け、夢の中で自意識を獲得し、意識の自由を得て夢の因果律を超える。その先には、「悟り」が待ち構えているに違いない。悟りは、我々の因果律を超えた段階で出会う、全く別の因果律なのかもしれませんね。

我々が夢の中で自意識を持ったと仮定してください。夢(世界)を自由に動きコントロールできる気になりませんか? 逆に、夢の中で夢を見ている、その恐るべき事実に気がつかない限り、夢の住人が、夢の世界の因果律から抜け出す事は不可能と思いませんか?

夢の中で、大金持ちになろうが、出世しようが、美形に生きようが、所詮夢です。夢の世界で自意識を持たない限り、どんな素晴らしい夢であろうが、自覚できない夢という名の牢獄を着飾っているに過ぎないのです。夢は精神的成長を促します。基本的にコンプレックスの解消ですよね。例えば、寝ている状態の夢の中で手が届かないはずの異性とキスした。これだけで、精神は成長しているんです。日常生活も同じです。日常の夢の意識で経験を積む、遅々たる精神の成長です。

ここで、もし、日常生活と言う名の夢の世界で自意識を持ったらどうなるか? もしかしたら、精神の成長は爆発的に加速するのでは? 実際、爆発するんですよ。まさにそこです。この事実に気がつくか否か。それだけで、人生というか存在そのものが大きく変わるわけです。巷の宗教修行者たちはこの種の本質に全く気がついてないがため、夢の中で修行しているようなものですね。夢の中で修行が上達しても所詮夢です。どうあがこうが、本人の本質は因果律の地平線上。

言わせてもらうと、修行者になった夢を見ているだけの人と、意識の本当の秘密に気がついている人では修行の上達は天と地どころか、月とすっぽんどころじゃないかも知れません。

まぁ信じろとは言いませんよ。私が嘘を言っているかもしれないです。私の言った事が嘘だと思ったら捨てればいい話しです。普段こういう話はしないのですが、たまにはちょっと脱線もいいかなと。

じつは、我々は夢の意識という名の大きな陥穽に捕らわれている状況。そこからの脱出法はいくつかの宗教で示されているのです。9割以上は大衆によってレベルを下げられ使い物になりませんが・・・。
なかでも仏教ほど、本質が捻じ曲げられた宗教も珍しい。本来のモノと現在の仏教は全く別モノだと思います。

救いの概念からして真逆。

仏教で言う本来の救うとは、恐らく、この夢の因果律の支配する世界(牢獄)から人々を救うの意味です。我々は因果の前では夢遊病者。その夢の中で自意識を持たない状況こそが苦しみなのです。仏教的には「夢の因果律の支配する世界」を輪廻転生と言い換えることもできますが・・・。ここでそういう話はしないほうがいいでしょう。

大金持ちでも権力を持っていても、本人が夢遊病者で因果に支配されていたら、迷いの苦しみでしかないわけです。その夢の世界から覚醒する事がイコール救いです。ただ、大抵の人はちんぷんかんぷんでしょう・・・。大衆にあって、「救われる=煩悩が満たされる」でしょうが。

我々が夢の意識? 何を馬鹿なとお思いでしょうが、驚くべきことに我々は、自己をほとんど意識して無いんです。嘘だと思うのなら、私を認識して見てください。何の事はない。今このブログを読んでいる自己を認識してみるのです。あるいは、日常の意識の連続が突然途切れ、ハッと我に帰る。「何でここにいるのだろう・・・」と目が覚めたような不思議な感覚に襲われた事が、誰しもあると思います。まさにその意識です。

試してみて分かると思いますが、自己を認識するのは数分と持ちません。誰しも集中力が分散し、数分後には別の妄想に支配されているでしょう。その連想によって繰り広げられる思考の状態はある種の夢なわけです。大半の人はその連想の状態で1日中過ごしているわけです。哲学者のグルジェフは我々人間を、状況によって反応する機械と称しました。

自己を意識するのは、我々を縛り付けている引力から脱出するような行為で非常に難しい。しかし、自己観察によって、自己を意識する訓練を積み重ねていくうちに覚醒している時間が、数分、数十分になり、数時間になり、しまいに1日中可能になってくる。そして、色々と興味深い現象が生じてくるわけです。自己観察に関しては、私が偉そうに言えるほど体験もないので、これ以上の言及は控えますが・・・。とりあえず、ブッダ(仏陀)の名称はサンスクリッド語で「目覚めた者」の意味ですが、それを仏教徒は字義どおり解釈すべきだと思います。

個人的な見解ですが、宗教、精神的な団体でこの種の行法が見えてない所は「人間の意識に関する本質が見えてない」と思います。

巷の宗教信者って何かを信じる。信じてそれを絶対だと思う。皆そういうのばかりです。一体何様のつもりなんだろうかと思うわけです。本人が優れているなら問題ないのですが、本人が優れていないなら当人が信じている宗教はその人が興味を惹くレベルなわけです。周囲と対立したり孤立したりの、日常生活ですら危うい低いレベルの人が信じるのは低いレベルのカルト宗教。

たいてい人間は、自分のレベルが高いと思い込み、当人が信じて疑わない。それ自体が大きな傲慢ではないかと。排他的で独善的なカルト宗教の信者って人相が悪い傾向にありますね。欲を目的に何かにすがろうとする人が信じるのは、決まって人を利用しようとする連中の「罠」です。

宗教を信じている者に客観的な正しい。正しくないなんて存在しないんです。

結局宗教は、本人が気に入るか。気に入らないかしかないんです。本人が欲まみれなら欲を満たす宗教に惹かれる。信じれば欲が満たされる。そういう宗教が正しいと思いこむんですよ。特定の宗教が言うように、信じれば何でも願いが適う。欲望がどんどん叶う。こんな事あったら本人がどんどん腐っていくのは、金持ちで甘やかされて育ったボンボンを見ればわかります。人間が腐る事を是とする宗教が正しいわけがあるまい。

ただ、宗教で心満たされる人がいるのも事実。新興宗教は「正しい事をしましょう」的な幼児的格言が基本なので、それはそれでかまわないと思います。幼稚園児に大学レベルを求めはしませんよ。言っている事は道徳的に問題ないし、本人が心の充足を得られるなら、それはそれで十分肯定できると思います。そこを基点に少しずつ進歩して行けば良い。ただ、頭の良い子供でも考えつくような事に金を払う人たちには勘弁して欲しいと思うんですが・・・。


特定の宗教のように、宗教に属さなければ救われない。何々をしなければ救われない。幸せになるためには何々が必要。そうではないんです。何が必要かを考え、必要なモノが手に入らないから、人は苦しんでいるんですよね。地位が必要、容姿が必要、異性が必要、金が必要、宗教が必要、指導者が必要。そしてそれを求める。

満たされない心。必要が増えれば増えるほど人間は、得られない苦しみから、どんどん心理的に不幸になって行きます。欲が深いほど苦悩は増大する。ですから、人が幸せになるためには、心が安定するには、何が必要かではなく。何が要らないかを考え、必要で無い物を取り去る以外ないんです。地位も要らない、容姿も要らない、異性も要らない、金も要らない、宗教も要らない、指導者も要らないのかも知れません。実際、必要ないと考えれば、苦悩は消え去る。ダイエットで悩んでいる太っちょは、食べ物を要らないと考え食べるのを辞めれば、痩せてその悩みは解決される。しかし、最低限の食欲がなければ餓死してしまう。人間そこそこ必要がなければ生きていけない。用はバランスですよね。

あらゆる宗教や哲学は、信じるのではなく「知識として利用して捨てる」べきものです。もちろん、カルト宗教である左翼思想も。知識に執着した時点で、妄想(真実とかけ離れた思考)が生じます。知識に執着してそれを絶対だと言い争い戦争まで起こしてきた人類の歴史が妄信の愚かさを証明してくれます。平和のために宗教を信じて、相手を悪だと疑わず、自分を正義だと信じて「敵」を殺す・・・。ここのどこに平和への真実があるというのでしょうか?

前フリが長いのでこれぐらいにしておきましょうか。インド不可触民を救う日本人仏教指導者、佐々井秀嶺の動画です。彼の影響でインドの仏教徒数が拡大しているとのこと。仏教の平等主義が不可触民に支持されているんですね。1億人とも言われるインドの仏教の頂点に立つ人物が日本人と言う事を皆知るべきだし、もっと知名度あってしかるべきなんですが。不可解な事に日本人はほとんどその存在を知らない。

さて佐々井秀嶺ですが、インド仏教の頂点に立つというから、どんな凄い人かと思ったのですが、動画を見てあまり興味を惹かれませんでした。宗教者というより、有能なビジネスマンという感じですね。意図的かわからないけど、田中角栄のスピーチを真似しているし(笑)。彼の発言はともかく、活動には期待できるものがあると思います。インドには愚かな宗教対立が多すぎだけど、一応仏教徒なら争う事はしないので、そういう平和的な人たちを不可触民に増やして欲しいです。
posted by クールジャポン at 09:09| 外国で活躍する日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

浅田真央2011-2012EXの各国の反応を集めてみました



いつも素晴らしい動画ありがとうございます。
涙が出ました。
浅田選手の演技はもちろん、他国の方々のコメントも、日本にとっての勇気であり、希望である気がします。
simezikirara

観ていて涙がこぼれました。
素敵な動画をありがとう。
daichandaisukiplum3

浅田選手に表現力も変化もなく、幼稚でつまらないとうのなら、一体表現力ってなんだろうって思う。
音を切って見ても、鳥肌が立つのが浅田選手。
Kidneal

頂点を極めた人は すごい へたな言葉はいらない 演技を見ているだけで感動・勇気をもらえる、自分ももっと頑張らなくちゃと 感動の涙が自然にこぼれる… 素敵な映像ありがとうございました。
2004hss

やっと試練から抜け出せる兆候が出たと思ったら
震災が起こって、その年に母の死。
彼女にとってどんなにつらい日々だったんだろうと胸が痛む。
それでも彼女は強く美しい演技で優しく私たちを癒してくれる。
彼女から誰かや何かを蔑む単語を聞いたことがあるだろうか。
不平不満を聞いたことがあるだろうか。
スタイル、才能、人間性、これだけ揃った人間がそういるだろうか-。
carpintero6919

各国の皆さんのコメを見て、このtheiceの滑りは特別魂がこもっていたと確信した。
そういう滑りが出来るようになったことを、傍からこっそり見守ってきた身として心から嬉しく思う。人の子ながら大きくなったなぁ-。もう大きすぎるくらい。いやもっと大きくなるぞ!
クリオネ...衣装か...?
yamabuki0sj0sensei


------------------------------------------------------------------------------------------

真央ちゃんの演技に対して、海外から絶賛の嵐!!

この動画のように、海外の人の意見を日本語に訳したコメント付き動画をアップしている人がいるけど、この種の動画を取り上げる海外の反応系サイトは、ほとんどないです。そもそも、海外の反応系サイトは基本、外国人が書いている英語や外国語を管理人が日本語に訳しているため、アップ主によって、外国人のコメントが付いている動画を扱う発想がないんでしょう。
既に訳されているから、書き起こしできませんし・・・。

というわけで、こういう動画も発掘していこうかなと思います。最近増えているので、この種の海外反応ブログのパイオニアになれるかも(笑)。

浅田真央ちゃんの話題が出たので、なにかと真央ちゃんの前に立ちふさがる某テレビ局に触れざるをえませんね。さて軽く触れるとしますか・・・。

続きを読む
posted by クールジャポン at 04:01| 外国で活躍する日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

エジプトの日本人バレエダンサー





★アンディオールばっちり

筋金入りのロシアバレエ

関西アクセントが嬉しい。


★これぞ日本男児って顔のレポーターですね。

濃いわ〜


1971年に火事で焼け落ちた、カイロオペラハウス再建には日本の援助があった。

全く知らなかったです。そういう日本人の海外援助の情報を日本のメディアは報道するべきなんですがね。

そうそう、今や日本よりGDPが上回る中国に日本は開発援助ODAを垂れ流ししているのに、日本のメディアってそれが何に使われているか全く報道しませんよね。問題にすらしません。

財政難、東北大震災でそれどころでじゃない時、気が狂っているとしか言いようがないんですが・・・。

双方のメディアは、中国人にも日本人にもODAの使い道を説明しない。日本人の血税が人知れず中国に流れる・・・。

こうなったら、日本の莫大な金が「騙し騙し」、中国人と日本人の政治家たちの懐に流れているんじゃないかと勘ぐりたくもなりますよ。ちなみに、昭和54年に始まった対中ODAは累計で3兆6千億円を超す金額です。

エジプトでは交通渋滞の方がテロよりも関心事とのこと。日本人が思っている以上にエジプトは近代的だということですね。
posted by クールジャポン at 20:18| 外国で活躍する日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする