2021年12月28日

【海外の反応】「電気自動車を超える!」EV化に対抗する日本車勢の挑戦に欧米から喝采の声が上がる!



韓国の大統領って後に暗殺や逮捕、自殺など悲惨な末路をたどる場合が多いけど、それに負けず劣らずの怖い職業がありましてね。それは何かというと人気絶頂のアイドル。
運命学的に言うと、非常な人気を博したアイドルや芸能人というのは晩年不幸に襲われるパターンが多く、私はこれをアイドル禍と呼んでいるのですが、人気アイドルというのは運という蠟燭にガソリンをぶっかけて燃焼させているようなもので、運が尽きれば陰陽の反動から様々な災難に襲われる事が多いものです。安室奈美恵さんの母は猟奇的な殺人事件でこの世を去りましたね。彼女が若くして引退を決意したのは、すでに運が尽きていてこのまま活動すれば更なる不幸が彼女を襲うということを本人が自覚したか、そういう事が分かる人から指摘されたのだと思います。
山口百恵さんは人気絶頂の21歳で引退しましたよね。普通ならありえないです。そういう事が分かる人が周りにいたのでしょう。としか考えられません。21歳ですよ・・・。

過去にも書いたと思いますが、そう言うことが頭にあったので松田聖子さんの順風満帆ぶりに首をひねっていたわけです。彼女の人気絶頂ぶりは凄まじいものがありましたからね。ひょっとして生まれ持った運の総量が桁外れで、寿命が尽きるまで運が尽きないのかもしれない・・・。そう思っていたのですが、沙也加さんの例の事件が起こってしまった。どうやら、聖子さんも沙也加さんも両者ともに運も尽きてしまったようです。娘さんは悲惨な末路をたどってしまいましたが、これは物理法則のようなもので、今回の事件が仮に起こらなくても別の何らかの負のエネルギーを体現する出来事が生じていたと思います。その場合も今回のような不自然な形で出た可能性が高い。

世の中には人気や名声を得たいと望む人が多いのですが、世の中は陰陽の世界なわけで両者のバランスの上に成り立っています。人気がありすぎるというのも悪運に転じた時のポテンシャルが増大していると見るべきで、ある意味考え物なわけですよ。ほどほどで適当が丁度いい。
ちなみに、マドンナなどの海外の人気アーティストで長続きしている人はボランティア活動とか寄付を積極的にしている人が多いですね。石油王のロックフェラーやウォーレン・バフェットといった投資家たちも莫大な寄付が付つきもの。
やはり運が尽きる前に他者や社会に奉仕してガンガン運を蓄積する必要性を彼らは経験上知っているのでしょう。そういう意識(あるいは無意識的に)は日本人よりも西洋人のほうが断然強い気がします。もしかしたら、松田聖子さんも多大な資産を寄付やボランティアに割いていたら今回のような不幸はなかったのかもしれません。

さて動画ですが、脱炭素化でEVに自動車産業がシフトしていけば、ガソリンエンジンで世界最高峰を誇る日本の技術が無価値になり、モーターや蓄電池で価格的優位に立つ中国の独壇場となり、家電と同様中国の自動車によって日本の自動車産業が駆逐され、500万人ともいわれる雇用が損失していくのは目に見えています。どうも、脱炭素化って中国の利権にからめとられたかつての小〇進次郎のような中国利権政治家によって進められているようですが、日本のメイン産業である自動車産業を潰し、日本の弱体化を進める中国の戦略のような気がしてこれには抵抗感しかない。政府はEVではなく日本にアドバンテージがある水素エンジンを猛烈に支援すべきだと思いますよ。

何故政府は自分の有利な土俵で戦おうとせず、相手のしかも中国の土俵に乗っかることばかり考えているのでしょうか?それほど政治とメディアで中国の工作活動が熾烈を極めていることの証左なのかもしれませんね。メディアはEVばかりを取り上げ世界最高峰の日本の水素エンジンをあまり取り上げないのは悲しいものがあります。



【海外の反応】ドイツ人「水素自動車の時代がきて日本に負ける…」

要するに。日本が世界的優位を保てるエンジン主体の水素自動車のほうがEVなんかよりも遥かに国益にかなっているということ。EVの推進は、日本のメインの産業である自動車産業を家電よろしく、中国家電、韓国家電に駆逐されたことの二の舞でしかない。日本の弱体化と500万人の失業者を生むだけ。脱炭素化でEVを推し進める政治家は売国奴と言っていいかもしれない。



【朗報】海外「日本の技術が凄すぎる!」三菱重工が開発した最強の「水素エンジン」が世界で話題に!【海外の反応】【グレートJAPANちゃんねる】




【衝撃】トヨタが開発した「水素エンジン」が世界を凌駕する!



【海外の反応】中国人「日本車はもう超えた!」電気自動車で日本が遅れてると思った中国人がトヨタの本気を見て驚愕!



【ひろゆき】トヨタの将来性について語る。水素自動車は完全に負け筋ですよ?世界各国は電気自動車を押しています。

>電気自動車が普及してしまったら充電の為だけに何時間待たされるかわかった物じゃない、給油並みのスピードでバッテリー満タンになる程のバッテリーが開発されれば電気自動車にも先があると思うが今のままガソリンスタンド並みに電気スタンドを設置したとしても充電待ちの大渋滞で使い物にならない、やっぱり電気自動車は駄目でしたとか言ってひっくり返す可能性は十分にあり得る

電気自動車の最大の弱点は充電時間の長さですよね。電気自動車が普及すれば高速のサービスエリアのガソリンスタンドで長打の行列や渋滞が起こるのが目に見えている。水素自動車はその点ガソリンと同程度の時間で入れられる利点がある。水素自動車が普及すればガソリン車で世界最高峰の日本の自動車産業が衰退せずに済むわけだから、やはり水素自動車普及に向けて政府一丸となって取り組むべきだと思いますよ。



【EV以外の選択肢】トヨタが水素エンジンで耐久レースをする、ものすごく深い意味



【EVシフトなのになぜ?】トヨタが「水素エンジンを開発する理由」が凄すぎた!【水素自動車】


【関連する記事】
posted by クールジャポン at 07:08| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする