2018年08月03日

全米が大興奮!!全米を熱狂させた30年前の日本のアニメが再び脚光!!海外メディアが取り上げ大反響の理由とは!?【海外の反応】



「鎧伝サムライトルーパー」ですか。もちろん知っているけど、同時期に流行した「聖闘士星矢」のパクリという認識でして、天空戦記シュラトもそうだけど、鎧パーツとキャラクターが合体するアニメが一時期流行した。「鎧伝サムライトルーパー」ですが、私としては人気男性声優をそろえて、やおい系女性ファンが大勢いたという印象。それが、世界で特にアメリカでこんなに人気なんて思いも寄らなかったので驚いています。といいますか、「聖闘士星矢」はアメリカ進出を果たして放映されたけど、鳴かず飛ばずで打ち切りなのに、なんでこの作品が人気?というのが率直な感想。

おそらく「聖闘士星矢」はアメリカで放送された時点で、旬を過ぎていたと言うのがあるんでしょうね。 1986年放送のアニメを2003年に放映開始というのも無謀だし、期待薄い。制作会社は聖闘士星矢の続編である冥王編を作るのにもブームが去った2002年まで間をあけているわけで動きが遅い。石橋を叩いて渡るも行き過ぎれば好機も何もかも失うということです。それと、「聖闘士星矢」は複数の製作会社により合作されていたため話によってアニメのクオリティーが目まぐるしく変化する。放送事故かと思えるような酷い作画の回もいくつかあった。全体の半分程度の話のキャラクターは描きこまれているけど、背景は常に安い水墨画みたいで絵的に時代遅れな感じ。さらに、アメリカのアニメの規制は厳しいし様々な要因も絡んで人気を呼ぶまでもなかったという話なんでしょうね。


「聖闘士星矢」の話が出たついでに言っておきたいのですが、「聖闘士星矢」の一番重要な12宮の戦いには疑問が残るんですよね。アニメ版は最後までサジタリアスのクロスを誰も装着しなかった。なんで、サジタリアスのアイオロスの逸話からストーリーが始まっているのに肝心な場面でサジタリアスのクロスを星矢に装着させなかったのか不可解。今までの伏線をいったいなんだと思っているんだ? 

本来なら、こういうストーリーが個人的に望ましいと思いますよ。


サガがゴールド聖闘士たちに囲まれている段階で、勝ち目がないと悟ったサガは沙織を道連れにアナザーディメンションで別空間に逃げようとする。その時だった。サジタリアスクロスが上空に現れ、星矢がそれを装着する。弓を構える星矢。アテナを盾にして、「お前に打てるのか?アテナに当たるかもよふっふっ」。

その時、善なる意識がサガを金縛り状態にさせ、星矢に弓を射るよう命令する。躊躇する星矢。矢はサガに命中するが、致命傷を与えない。躊躇している間に金縛り状態が解かれていくサガ・・・。アテナが再び星矢に弓を射るよう命令。今度は星矢の矢にブロンズセイントやゴールド聖闘士たちのオーラが加勢。矢を射る星矢。矢はサガを打ち抜き、アテナは解放される。とまぁ、こんな感じ。12宮の戦いで今までの伏線の集大成であるサジタリアスクロスを登場させないなんていまだに信じられないですよ。事情を呑み込んだゴールド聖闘士が瀕死の星矢たちに攻撃を任せてサガを全く攻撃しないと言うのも変なわけで。


原作者の車田氏はたまにそうなのだが、最後の最後で面倒くさくなって話を放り捨てる・・・。車田氏は最後の最後で思いっきり手を抜く悪い癖がある。詰めが甘いというか。そういう性格なんでしょう。映画ランボーでランボーをヘリコプターでロックオンしながら、その余韻に浸っている間にランボーにそのスキを付かれて、ランボーに矢を射られて自滅するヘリみたいな。当時の連載を追っていた人ならわかると思いますが、「聖闘士星矢」は肝心な最終話を描くのやめたうえ、それじゃ単行本にならないからVジャンプで最終話を描いたわけですよ。

その内容というのも、無事ハーデスを倒したはいいけど、星矢たちがどうなったのか行方不明・・・。そういや最終話近くになって、星矢の姉星華さんが出てきたけどマリンさんは星矢の姉じゃなく、別人だったというどうでもいい設定がでてきた。今までの伏線をぶち壊すし、いったいそれがなんだというのがさっぱりわからない・・・。マリンさんが姉の方がストーリー的にずっといい。星華の正体が判明したところで話が盛り下がるのなんの。この時点で、車田氏の逃げの姿勢が漫画に出てきていたので嫌な予感がしていたのですが、それが最終話で的中しましたな。

いや、冥王編のシャカが必殺技を出し、その描写が見開き白紙のページだった時点で分かっていたかもしれない・・・。漫画史上前代未聞ですよ見開きが白紙なんて漫画。たぶんこの時点でも投げ出す病が出ていて、描くの面倒になっていたんでしょう。車田漫画はカットがやけに大きくなったり手を抜きだすと作者が面倒を感じている連載終了のサイン・・・。

というわけで、星矢たちが今どこにいるのかわかりませんし、知りたくもないです。チャンピオンで連載されている「聖闘士星矢」を見ればわかるかもしれないけど。ちらっと見たが12宮の戦いをまた描いている。作者は、12宮の戦いに拘り過ぎているんじゃないですかね? 
エヴァンゲリオンの映画じゃあるまいし、何度も何度も繰り返すと飽きられるし、漫画家としての限界を感じますよ。





鎧伝サムライトルーパー Blu‐ray BOX PV

30年前の作品をブルーレイにしたところで・・・。見てないからわからないけど。




【海外の反応】衝撃!ケイティ・ペリーがどう見ても『聖闘士星矢』だと話題に!→海外「めちゃくちゃカッコイイ!まさかの黄金聖闘士かよ。」【すごい日本】


着ているクロスが合体して何かにならないとクロスとは呼べないんだろうけど。もろ影響受けていますね。



【衝撃ニュース】聖闘士聖矢がなんとハリウッド実写映画化


ハリウッドというのが嫌な予感ですな。世界でヒットしたとはいえ、アメリカでヒットしていないわけで、原作愛がない人たちが作る可能性が高いわけですよ。そうなれば、原作を無視してアメリカ受けを狙ってくる可能性がある。ドラゴンボールとかの二の舞になりそうですな。




【日本大好き外国人】セイントセイヤにハマるフランス人留学生 セイントセイヤフォォォォーーー!!!

フォォォォーーー!!!ってハードゲイかよw



posted by クールジャポン at 22:29| アメリカの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする