2018年04月28日

【海外の反応】外国人『人生を通して、あなたの影響を受けてきた。あなたが僕たちに与えてくれた多くのものに感謝をしたい。』→「日本アニメ界の神。ジブリの高畑勲監督が逝去・・・。」




少し前の話になりますが、ジブリ映画「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」などを監督したアニメ界の巨匠・高畑勲氏(以下敬称略)が逝去されました。お悔やみ申し上げます。

スタジオジブリでは宮崎駿よりも晩年では高畑勲の方が実力上と思っていたわけで、世間の認識では宮崎駿の方が格上なんだから世の中わからないですね。宮崎駿の「となりのトトロ」と同時上映された高畑勲の「火垂るの墓」の作品のクオリティーを比べてみれば歴然。宮崎駿は「となりのトトロ」あたりから、その昔「カリオストロの城」で見せたような緻密なプロットを放棄したようですね。いや「魔女の宅急便」からかな。

高畑勲の代表作となった「火垂るの墓」ですが、問題ないわけではないんですよね。一言ツッコミを入れるとストーリーが滅茶苦茶変です(笑)。あんな変なストーリーを感動作にしてしまう手腕は高畑マジックと言えるもので、泣きながら「なんじゃこりゃ( ゚Д゚)・・・なんで涙が・・・」と思ったものです。だって、戦争遺児の兄妹が親戚の家で無償で養ってくれているのにイジメもなんにもないのに、娘さんが淡い恋心をいだいているのにそれをわざわざ放棄して、川のほとりでホームレス生活する話ですよ(笑)。戦争なんて全く関係ない話です。なんでこれに戦争を絡める必要があるの?現在でも兄が妹を連れて、子供2人が川のほとりでホームレス生活すりゃ、確実に餓死するだろう。妹を虐待した、とんでもない兄の身勝手なストーリーですよ。一言「働いて耐えろ」としか言えない。

ストーリーは置いておいて、高畑勲氏の作品のクオリティーは安定していた傾向にあります。とにかく見せ方が上手い。監督には老化によって作品のクオリティーが低下するタイプと実力を維持するタイプがいて、黒澤明や宮崎駿は明らかに前者。このタイプの監督は、ピーク時の作品は確かに素晴らしいのだけど、晩年の作品はプロットが崩壊している傾向にあるんですよね。集中力が落ちで、行き当たりばったりの展開になる。

宮崎駿の場合、気分次第で出来上がった作品を破棄し作り直すから膨大な時間と製作費がかかる。その点でいうなら、「君の名は」の新海誠はあのクオリティーでスタジオジブリの製作費の1/10と言いますし、実力という点では宮崎駿を完全に凌駕しているんじゃないかと思いますよ。たぶん、宮崎駿の性格から「君の名」の超大ヒットに触発されて、新作映画を作り始めたと思うんだけど、いつ完成するか定かではないです。

公開されたら遺作。もしかしたら公開されないかもしれない・・・。というわけで、才能が枯渇した宮崎駿よりも高畑勲にもっと作品を作らせるべきだったと思います。にしても、この期に及んで新作映画を作り始めた宮崎駿は完全に予想通りでしたよ。わざわざ記者会見まで開いて監督を辞める宣言したのにあれは何だったんだ? 会見まで開いたのに何事もなかったかのようにしれっと嘘をつくということは、自意識が滅茶苦茶過剰なんでしょう。恥知らずなタイプと言える。おまけに責任を取らない。
左系に多いタイプなのですが、宮崎駿も高畑勲もそういえば左翼でしたね。

高畑勲監督が最後に遺した無念の言葉「これで安倍政権が崩れないのが信じられない」「自由で公平で平和な国で死にたい」だったそうですが、安倍政権が崩れないのはメディアの魔女狩り報道が存在するだけで、その実もりかけに違法性が全くないから。自由で公平で平和な国を体現しているのは日本でそれと真逆なのは共産国家。リベラルのくせに何?と思うんだけど・・・。止まらなくなるので、これ以上言うのは控えるとしますか。

まぁ、芸術家や映像作家に左翼は多いです。自身の思考のクオリティーと芸術作品のクオリティーに何ら因果関係がないことは高畑勲や左翼活動家坂本龍一を見れば一目瞭然ですね。





【海外の反応】高畑勲さん逝去、世界中のアニメファンから哀悼の声…



【海外の反応】高畑勲監督の『火垂るの墓』のポスターに隠された秘密が外国人に話題!!「鳥肌が立ちすぎてこのまま鳥になれそうなくらい驚いた。」



「海外の反応」『火垂るの墓』「史上最も悲しい作品」 に外国人が涙・涙・涙



高畑勲監督が生前に遺していた"無念の手紙"の内容に涙がとまらない…




『火垂るの墓』高畑勲監督のこだわりがちょっと普通じゃない



宮崎駿もショック!!高畑監督の悲報…「高畑勲監督」がドラえもんの救世主だった感動秘話をあなたは知っていましたか?


posted by クールジャポン at 08:41| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする