2017年11月25日

海外の反応 『NASAが選んだのは日本製!』日本のVR技術をNASAが選択したことに海外が驚愕( ゚Д゚)



発売から1年以上経過したPSVR。転売屋が買い占めて定価の倍近くの値段で販売していたため長らく手が出なかったのですが、新型が発売されたのと同時に増産体制が整ったため、一気に市場に出回り始めた模様。ヨドバシカメラで普通に売っていたから1台ゲットしましたよ。

ゲーム機の供給が需要を上回る。俗にXデーを迎えた転売屋は悲惨ですな。アマゾンで定価転売したとして15パーセントの出品手数料が加算されるから1台につき5000円程度のマイナスです(旧型は新型よりも5000円程度価格が高いから新型の定価で販売してもトータル1万程度の損失)。大量の在庫が原価割れになると被害も莫大になるでしょう。需要と供給の微妙なバランスを読んで、高値のうちに売り切らないと大損するのが転売の世界なわけで、転売屋も楽ではないという話。この調子で任天堂スイッチもXデーを迎えて欲しいです。というか、任天堂の場合は年末商戦に向けて品薄商法を仕掛けてきている可能性が高いからクリスマス直前まで品薄状態が続きそうですな。

PSVRの感想はといえば、一言で「凄まじい」。没入感というか、その場にいるという感覚がリアル。接続しているのが、PS4Proだからかもしれないけど、グラフィックも綺麗だし、登場する人物も存在感がある。これは映像の新たな地平ですよね。

百聞は一見に如かずとはよく言ったもので、VR技術はゲームはもちろん映像世界に革命を起こすと確信しましたよ。サメに襲われる映像で思わずのけぞって椅子をひっくり返してしまったし、特にホラーとの親和性が高く。どこから化け物が現れるかわからない恐怖感は今までにないもの。

インターネットやDVDの普及の牽引に大きな役割を果たしたのがエロ。そのエロの分野でも没入感が凄い。立体映像のエロを体験したら昔の平面のエロには戻れない感じ。

ただし、3D映像なので3D酔いするのが難ですね。長時間PSVRをするのはなかなかキツイものがあります。そんなPSVRですが嬉しい副作用もあり。PSVRの映像を見ていると目がよくなっている印象があるんですよね。昔バーチャルボーイでそんな噂が流れていて、なるほど確かにそうだなぁと思っていた。PSVRもプレイ後にはプレイ前に比べて目がよくなっている感じがする。おそらく、遠近をつかさどる目の筋肉が程よく刺激されるのが理由だと思います。ゲームをすると目が悪くなると言われていたのは過去の話で、視力を回復させるためにゲームをするというのが未来のゲームの在り方なのかもしれませんな。

さて動画ですが、NASAが数あるVRヘッドセットからソニーの製品を選んだとのこと。ほかのVRには全く興味がないけど、とりあえずPSVRの完成度は高いようですな。
PSVRは宇宙飛行士のための乗り物酔いの訓練に使われているとな? 3D酔いって克服できるんですか。知らなかった。



これまでに発売された中で最高のPlayStation VRゲーム10選



【海外の反応】PSVRを装着して遊ぶ外国人の反応が面白すぎワロタww



「PlayStation VR」で地上411mを体験してみた

高所恐怖症の克服に役立ちそうですな。




6月の段階でPSVRの総販売台数が100万台突破したと聞いたのですが、日本では品薄が酷すぎて盛り上がりに欠けている印象。



【ゲーム】PlayStationVRの新型と旧型の違いって何?新しいモデルって気になるよね!



人気ユーチューバーなだけあって、紹介動画も手が込んでいる。このジョーズは確かにやばい・・・。想像をはるかに超えているというのはやった人じゃないとわからない感想。技術の進歩ってマジ凄まじい。

posted by クールジャポン at 16:56| アメリカの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする