2017年08月07日

(海外の反応)日本のロボットの姿に海外が称賛!




森友学園と加計学園を巡る問題で安倍政権に対する倒閣運動がメディアで盛り上がり、野党がそれと呼応して倒閣のチャンスとばかり国会が空転していたんですが、8月3日に発足した安倍第3次改造内閣の発表によって、森友学園、加計学園の報道も一段落したようでなによりです。

それにしても日本のメディアって末期状態ですね。森友学園も、加計学園も安倍政権にとっては法的に全く問題がないのに連日連夜の安倍バッシング。負のイメージの印象操作・・・。偏向報道ここに極まれりという感じ。北朝鮮がいつミサイルを打ってくるかわからない、アメリカの艦隊が北朝鮮周辺の海洋に集結している一触即発の状態でいったい何をやっているんだと思いますよ。

仮に安倍首相が森友学園や加計学園に便宜を図ったとしても何ら問題はないです。首相が賄賂をもらったなら話は別だけど、そんな話は一切ない。そもそも忖度が問題になるなら、企業活動すべてが忖度ですよ。一連の騒動を言うなら、知り合いや友人関係を中心に営業していた会社員が、いきなり「君は身内を忖度して営業活動してきた。けしからん!」とか言われてクビにされたり、責められるようなものです。こんな理不尽なことあるまい。

日本で一番忖度があるべき人物の忖度が問題になるなら、首相による大臣の任命権も、行動の自由も奪ったらいい。首相をがんじがらめに縛り付けて檻にでも入れておけばいい。メディアや野党の主張を聞いていると、何の権限も忖度もない首相のもとで日本を動かせとでもいうのか? そんな無力なリーダーの国に住みたくもないし、そもそもそんなアホなことを要求する方が異常なわけです。

全く問題ではないことが連日連夜メディアで報道され、国会が空転する。まぁ、安倍さんも知り合いに便宜を図っていないという主張をしたくて、実際その通りなんだろうけど、森友学園や加計学園に自身関わっていたら首相を辞めるとか言ったから、本人が関わってなくても、周りが便宜を図るとか。いくらでもツッコミどころがあるからメディアも野党もスイッチ入ったんでしょうね。余計な事言わなきゃよかったのに・・・。

安倍首相は歴代首相の中でもなかなかの逸材なんですがね。求人倍率を高度成長期並みに上昇させたし、自殺者を激減させた。外交面でとても強く、軍事面でも頼もしい。しかしながら、日韓合意しかり、外国人労働者受け入れ政策しかり、森友学園や加計学園に関する野党への対応しかり、墓穴を掘ることも多々あるわけで・・・。

人材登用に関しても今回の改造で総務相に野田聖子でしょう。毎度毎度人選に問題がある・・・。野田聖子の頭に国益があるとは到底思えず、今までの活動を見ていると我が異様に強いとしか言えない。この人、自分のことしか頭にないんじゃないかと思うわけです。大臣に起用された矢先に総裁選に出るとか発言し、安倍首相と対決姿勢を示すなど言語道断。個人的な願望ですが、彼女を入閣させるなら、三原じゅん子を入閣させるべきでした。

三原じゅん子に対して、新選組の隊員の生まれ変わりとオーラの泉で江原さんが言っていましたね。もちろん、新選組の隊員の生まれ変わりかどうかは確認のしようがないですがw 彼女は、確かに凛としたものを持っているし、言動をみると憂国の士という感じですね。将来大物になると思います。

さて動画ですが、日本のリアルなロボットに対する海外の反応を紹介しています。少子高齢化が進んでいる日本ですが、安易な外国人労働者受け入れを進めるよりも、ファクトリーオートメーションとか、店舗の少数無人化とか、アンドロイドとかそういう日本ならではのハイテクな労働補充の方向に向かうべきだと思います。今の技術でも介護ロボットや受付ロボットは可能でしょうし、あと30年もたてばアンドロイドと人間の見た目の区別がなくなるでしょう。そうなれば、早速労働者ですよ。風俗用のアンドロイドなら現在の技術でも十分可能だと思うけど(笑)。




少子高齢化社会で活躍期待 花開くロボット産業




アンドロイドル「U」デビュー




(海外の反応)アイドル的なロボットに海外の人達衝撃




海外の反応「エリカは他とは違う」日本の人工知能技術のレベルに海外がびっくり仰天 オモロテレビ



本物ソックリのアンドロイドマツケンの登場に本家・松平健もビックリ!



海外の反応「日本とだけは争うな」 日本で開発された装着型ロボットが凄すぎると話題に




安倍首相が記者会見で謝罪したことを非難する青山氏。確かに、何も悪くないのに謝罪するというのも変ですな。謝罪しないとそれを理由にメディアが叩くから仕方ないんだろうけど・・・。

posted by クールジャポン at 23:37| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする