2017年03月08日

【海外の反応】外国人に人気だったマリオカート風レンタカー、無許可営業で任天堂から提訴




「マリオカート」げなコスプレで公道を走るカートのレンタルサービスを手がける「マリカー」が任天堂に訴えられて久しいけど、なんと「マリカー」の商標が止められず、任天堂の異議が却下されたとのニュースが入ってきました。どう考えても「マリカー」って「マリオカート」の略なんだけどね(笑)。これが許されるなら、肖像権というものも存在しないに等しいですな。そういやピコ太郎のPPAPを勝手に商標登録出願していた人物も話題になりましたな。

個人的な希望を言うなら「マリカー」の運営を任天堂がある程度認めて欲しいものです。任天堂がこの会社を買収してもいい。とにかくクールジャパンの観光として「マリカー」が外国人たちから人気を呼んでいるし、コスプレ+ゲーム+公道でマリオカート。こんなに奇抜で面白いものが盛り上がっているのに、ただ単に潰すだけではもったいないと思うんですよね。

任天堂と言えば、発売間もないゲーム機「Nintendo Switch」が話題ですね。Wii Uが発売数日後に余裕で購入できたので、これもそうかなと思ったら時代が変わっていた。何処も売り切れている・・・。転売屋が買い占めたのは明白ですな。転売屋が定価よりも高値で売っているので購入する気にならずまだ入手していませんが、(集計期間:2017年3月3日〜2017年3月5日/販売日数:3日間。ファミ通)国内推定販売台数: 330,637台とかなり好調のようです。

入手していないからあれこれ言うのもなんですが、ジョジョの奇妙な冒険には「シンプルなスタンドほど恐ろしいものはない」という言葉があり、「Nintendo Switch」ってまさにそれなんじゃないかな?と思います。シンプルな外観には驚くような未来が詰まっている。

何の変哲もないタブレット。コントローラーを合体させるだけで、タブレットから本格的なゲーム機に早変わり。日常への浸透圧が高いのが大きな強み。見た目が地味で何の変哲もないからこそ、ただのタブレットだからこそ大きな可能性を秘めている。電車でたまに見かけるタブレット。あれの形状が、ゲーム機を感じさせるものなら人前でプレイするのに抵抗ある人多い。でも形状がスマホやタブレットそのものなら人前でも抵抗がない。ここに任天堂が仕掛けた戦略を垣間見ることができますね。

まぁ、コントローラーをつけたらゲーム機に見えるんだけどね。タブレットという使い方がベースにあって日常に浸透しやすさでこれまでのゲーム機とは一線を画します。タブレットとして成功できるか否かはどんなアプリが投入されるかに関わってきますけどね。オンラインは有料とのことだし、無料通話アプリは当然出てくるでしょう。そうなると完全にスマホそのものですな。となると、スマホを世界で初めてゲーム専用機に昇華させた画期的な代物になる・・・。もしかして任天堂はこれを狙っているのかもしれない。



海外の反応】 「これだから日本に行ってみたい!」自由に公道を走るリアルマリオカート集団に外国人大ウケ!



マリオカート軍団@渋谷スクランブル交差点



任天堂から訴訟された「マリカー」 ディズニーの著作権侵害か。

任天堂からディズニーに鞍替えですか・・・。「マリカー」に好意的だったけど、これはどうかと思いますよ。



【海外の反応】海外でも大絶賛!ついに任天堂スイッチが世界同時発売!

順調な滑り出しのようですな。気になっていたスペックの低さなんだけど、タブレットの画面でそれほどのグラフィック性能が必要だとも思えないし、スペックを上げたために本体が重くなってしまってはゲームどころではないですからね。重さとスペックに対する任天堂なりの妥協点が「Nintendo Switch」だと思いますよ。
とにかく「Nintendo Switch」が目指したのが現在ゲーム業界を席巻しているどこでも持ち歩けるスマホそのものであり、ゲームとして見向きもされなかったタブレットを世界で初めてゲーム専用機に昇華させた画期的な代物という点に注目です。



海外の反応「凄すぎる」新作ゼルダ海外レビュー史上稀に見る高評価が海外で話題に オモロテレビ
posted by クールジャポン at 17:58| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする