2016年12月12日

『スゲェーよマジで・・・。』 任天堂が今度はスーパーマリオランを発売!世界で話題に!【海外の反応】



「ポケモンGO」に続いて投入される任天堂のモバイル向けキラータイトルであるスーパーマリオランが2016年12月15日に配信されます。基本無料でプレイできるんだけど、1200円を払えばすべてのコースがプレイ可能ということで、1本1万近くでゲームソフトを売っていたスーパーファミコンの殿様商売の時代からは想像のつかないようなディスカウントを実施していますね。

まぁ任天堂がリリースするだけあって内容の完成度は発売する前から高いのはわかり切ったこと。発売まであと3日ですが、「ポケモンGO」と同様の話題を生んでくれることと期待して待ってますよ。










横長の画面かと思ったら上下に広い縦長のゲーム画面とは驚き。





iPhoneに続いてアンドロイドでも配信されるとのこと。



エミュレーターで過去のスーパーマリオ作品を廉価でリリースしてくれると嬉しいんだけど、やっぱり操作性の問題があるんでしょうな。スマホ向けに開発されたというスーパーマリオランの操作方法に興味津々ですわ。スマホ版のストリートファイターのアプリなんて画面上でジョイステックの動作をするわけで、指が邪魔でプレイする気力を即座に失ってしまいましたわ。やはり十字キーとボタン付きのスマホを任天堂が発売すべきだと思うんだけどね。十字キー付スペーサーをiPhoneにはめ込む形でもいいけど。



目隠しでマリオをプレイ。これは凄い。



これ、六本木で見かけたわ。外国人たちがとりつかれたように写真を撮りまくっていたけど。





スーパーマリオメーカー 「BABYMETAL」編。スーパーマリオランにもコースを自作できるオプションをつけて欲しいですな。

posted by クールジャポン at 18:00| クールジャパンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする