2016年05月10日

海外の反応 日本 138年前 英国女性ただ一人、欧米人未踏の地へ 急流下りの冒険



パナマ文章が公開されましたね。基本的に外国に資産を移動することは法的には問題はないんだけど、国に治めるはずの税金を納めなかったという道義的責任が存在するために、パナ文書に名前が挙がった企業は非難されるのは必至でしょうね。こういう企業から税金を回収してくれれば、わざわざ増税する必要もないと思うわけで、なんとかならんものかと思います。例によって日本政府に忠誠心がないソフトバンクやらロッテやらの在日企業が名前を連ねているようですが・・・。メディアでのパナマ文章の扱いが小さいのは、こういう企業がテレビ局に圧力をかけているからなんでしょうね。

さて動画ですが、138年前に日本を訪れ、その旅行記を出版した英国人イザベラバードの旅行記の一部を紹介しています。イザベラバードといえば、日本を絶賛して韓国をこけおろしたことでも有名なんだけど、まぁ、日本人は昔から高い美意識と道徳心を育んでいたという事でしょうね。




イザベラバード日本奥地紀行、バードの見た明治初期の美しい日本




女性紀行家が観た、李氏朝鮮末期の朝鮮の真実…イザベラバード朝鮮紀行抜粋



【驚愕】江戸時代の治安の良さが想像を絶するレベルでワロタwww

この声でワロタと言うこと自体にワロタw




posted by クールジャポン at 18:00| イギリスの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする