2015年10月28日

中国「カレーライス」ブーム 日本の国民食を「人民食」に!



中国で納豆ブームが起きているとニュースでみました。納豆は現地で190円程度で売られていて、その値段は現地ではラーメン一杯に相当するから決して安くない。というわけで、中国では納豆製造機なるものが売られていて、納豆を自作して食べている中国人も多いらしいです。

日本の場合、スーパーに行けば安いものになると3パック50円程度で購入できますからね。手間とコストを考えると納豆製造機は日本では普及しないでしょうな。

中国での納豆ブームは案外有名なんですが、いま中国ではカレーライスブームが起きているそうです。経済発展で食文化が多様化した都市部を中心にカレーライスが流行していて、家族そろって楽しめる中華料理以外の新しい味として受け入れられるシーンが広がっているそうな。

やはり、辛くない甘口のバーモントカレーは子供受けがいいわけで、マクドナルドもそうだけど、子供の頃から味に親しませる戦略がカレーにはまんま通用できますね。バーモントカレーやマクドナルドのように子供向けコマーシャルを中国でバンバン流せば、黙っていても客層が拡大していく。将来的にカレーライスは中国で爆発的に広がる予感がします。




[グルメ旅行]モンちゃん❤鳥取県北栄町❤名探偵コナンの町❤カレー牛筋うどん❤

カレーとうどんは相性がいいので、中国でカレーうどんも流行するかもしれないですな。




そうそうカレーと納豆って意外と相性がいいんですよね。カレーの具としておすすめです。



海外の反応 日本のカレーが美味しすぎる!家庭の味、家カレーの作り方が話題




関連動画を漁っていたらこんな動画をみつけました。みそ汁や納豆の起源を韓国が主張するのはいつものパターンなのでわかるんですが、日本人が起源をねつ造しているというのは完全な妄想でちょっと腹立たしいですな。日本人に対する考えがそのまま自分たちに当てはまる。自意識過剰の妄想家が鏡に向かって目の前の敵(自分)と戦っているような滑稽さ。そもそも、韓国の料理を日本の料理として自慢する日本人っているのか?(苦笑)



posted by クールジャポン at 06:08| 中国の日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする