2015年09月01日

【海外の反応】「すごい観客!」BABYMETALに英国最大フェスが大熱狂!海外ファンも仰天!!




英国の野外ロックフェス「レディング&リーズ・フェスティバル」に出演中のB-ABYMETALによるライブが行われ、早くも英国ではメディアを巻き込む大騒ぎにな-っているとのこと。


日本のアイドルの楽曲ってメタルとか演歌とか、他に言い方がないんだけどJPOPとか、オリエンタルとか、エスニックとかいろんな楽曲のちゃんぽんで、アイドルの曲にはよくメタルが使われていて、元メガデスのマーティ・フリードマンは、そんな日本のカオスな音楽にメロメロなんですよね。

で、アイドルがメタル色を強調して、滅茶苦茶演奏の上手なプロのメタルスタッフをそろえたら、世界を席巻しちゃった。と言う話。メタルなんだけど、日本の楽曲って世界中の音源を集約しているわけでしょ。ジャンルを飛び越えた凄さがある。欧米の音楽は、ジャンル分けがきっちりされていて、メタルでラップなんてありえない。そのありえないメタルを実現したのがBABYMETAL。今まで聞いたことのないメタル。これは凄いぞと。

今までごっつい連中が歌っていたのに、かわいい少女が歌っているわけだからこりゃインパクトありますわ。人気が出るのもうなずける話。


聞いて驚いたんだけど、現モーニング娘。15のセンター鞘師里保とBABYMETALの中元すず香はアクターズ広島時代から友人だそうです。鞘師里保は、オーディションの最初に見た時から大物になると確信していました。派手な感じではないけど、とにかく周りの参加者とは醸し出すオーラが全く違っていた。彼女が際立って他は印象に残らない感じ。こりゃ将来大物になるぞと。

彼女を見抜けないようではつんくの見る目はたいしたことないなと。鞘師は、無難に合格しましたけど。つんくは時々大きくミスる場合が多々あるんですよね・・・。つんくが少女たちを評価する顔力って、いわば「奇面組」の類なんじゃないかなと。当たり外れが激しい。期待が外れると露骨に卒業させるのは見ていてかわいそうでしたが・・・。いわば、ギャンブルの類ですね。

それは置いておいて。今ではアクターズ広島時代にダンスの天才と言われていた鞘師よりも中元すず香は世界的に大物になりました。

鞘師がダンスの天才とするなら、中元すず香はダンスのモンスター。アクターズ広島の講師でもあった振付師MIKIKOのダンス評はコピペだけど、こうです。

「SU-METALはなりきろうとしてるというより、音楽が鳴った瞬間にナチュラルにそうなっちゃう怪物」
「彼女は見たことないグループ感なんです。本能でやってる感じ!」
「SU-METALはとにかくぶっ飛び系なんで(笑)。もう音がかかったら120%で踊っちゃう」
「だからもう感覚でやってる感じですよね。初めて見るタイプでした。良い意味で外人っぽいっていう」
「この人はきっと凄いになるんだな!とは本当に思いました。」
「彼女の中では振付を踊るってことを感覚でやってるから、カウントというより音で覚えているんですよね」
「ライブの後にあそこ凄い良かったね!って言ったらえ?そんな事やってました?覚えてません!って言うんですよ。
たから、これはちょっと凄いなと思って!一回リハを見て欲しいぐらいです、あのぶっ飛びSU-METALを(笑)」

もしかしたら、SU-METALのシャーマン的なダンスの能力が世界を席巻するBABYMETALの人気の秘密なのかもしれないですね。SU-METALの周りの2人はもちろん上手なんですが非常に規則正しいダンスで、SU-METALの荒々しいシャーマン的なダンスを盛り上げている印象です。そういう視点でBABYMETALを見ると面白いかも。




【海外の反応】「すごい観客!」BABYMETALに英国最大フェスが大熱狂!海外ファンも仰天



伝説だ!!【BABYMETAL】READING FESTIVAL 2015-08-29



伝説だ!!【BABYMETAL】LEEDS FESTIVAL 2015-08-30


イギリス人にメタルで受け入れられるなんて純粋に凄い事なんじゃないか? 日本人のアーティストでここまで英国に受け入れられたメタルは今までいないだろうし。



BABYMETAL Live Legend 2015 Awadama Fever (Bubble Dreamer)



BABYMETAL - Ijime,Dame,Zettai - Live at Sonisphere 2014,UK (Official Video)



Tainted RealityがNYC BABYMETALライブへ行く!(日本語字幕)
日本語字幕がなかなかの出来。


posted by クールジャポン at 00:51| イギリスの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする