2015年06月01日

中国で「STAND BY MEドラえもん」記録的ヒット!3年ぶり邦画、関係改善盛り上げ



5月28日に中国全土で上映が始まった日本映画「STAND BY ME ドラえもん」が、30、31両日の週末、アニメ映画で過去最高の興行収入を記録するなど大ヒットしている。中国メディアによると、「ドラえもん」の興行収入は公開初日、2日目はそれぞれ3000万元(約6億円)前後だったが、30、31日には8500万元、8800万元にまで急増した。アニメ映画で1日の興行収入で過去最高だった米映画「カンフーパンダ2」の6700万元を上回った。【北京時事より】


中国で3D版ドラえもんが公開されて大ヒットしているようですね。日本映画の中国での上映は、日本政府が2012年9月に尖閣諸島を国有化して以来初めてだそうです。まあ、中国とは尖閣をめぐっていろいろありますが、ドラえもんの大ヒット。これは素直に嬉しい。ドラえもんの3D映画が受けるなら中国で人気の一休さんも3D映画化したら中国で受けるんじゃないかと思います。んまあ、わざわざこれを3D化する意味ないか(笑)。

#動画削除#

そういや中国共産党の機関紙がドラえもんを槍玉に挙げて、日本政府が「ドラえもん」を使って、中国の中で親日派を作ろうと画策しているとアホな事を言っていましたな。政治的意図ありきで自国の文化を他国で流行させるというなら、とっくに中国や北朝鮮やロシアのアニメが世界を席巻しているはず。自国の文化やアニメ、芸術、文芸作品を他国で流行させるのがそんなに簡単な話ではないのは中国共産党が一番知っているはずなのに・・・。





中国語版よりも日本語のほうが良いって、完全に字幕付きの海賊版に馴染んじゃってますな・・・。




NHKの公式ニュースをYoutubeで配信しているのは知らなかった。



アメリカでドラえもんが放映されているのを知っている人が多いと思いますが、これが今アメリカ人の子供たちの間で超絶大ヒットしているそうです(本当かいな??)。アメリカ人の子供に人気があるキャラクターがジャイアン(ビッグG)とスネ夫(スニーチ)というのが笑った。まあ、アメリカ人の感性からすれば、のび太(ノビー)の人気がないのはなんとなくわかります。
アメリカの子供たちにも人気ということで、アメリカでも「STAND BY ME ドラえもん」の上映の可能性が高まってきましたね。



ドラえもんアメリカで放送!アナと雪の女王と共通点があった!

「ドラえもん」の世界観が他力本願だからプロテスタント的価値観と敵対するので、子供の教育上良くない。だからプロテスタントの影響力の強い国では放送されない。アメリカでドラえもんが放映されるようになったのは、価値観の多様性が進行したためとのこと。なるほど。中国、タイ、日本など、ドラえもんのヒットしている国は「他力本願的志向の民族」だと考えるといろいろ面白いことが見えてきそうです。



ドラえもんのアメリカ売り込みは日本政府が推進するクールジャパンの一環とのこと。こういう活動はどんどん進めて欲しいですな。

posted by クールジャポン at 22:05| 中国の日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする