2015年05月07日

『日本の学校を見た中国人』が羨望のあまり血涙コメントを連発中。我々は中国に住んでいるからどうしようもない【中国の反応】



麻雀のルールを全く知らないもので、アニメの「アカギ」を嫌煙していたのですが、ちょっと観てみたら麻雀を知らなくても面白い。突き刺すような鼻とか、横顔になると顎が変とか、額が反り返っているとか、そういうキャラクターとかも数回見るうちに慣れたのは「カイジ」と同様。

「アカギ」のラストは意味不明な状態になったのでいささか食傷気味ですが(原作では地獄を舞台に凄まじい展開になった様だけど・・・)、やっぱり食わず嫌いは駄目ですね。他にも面白い麻雀アニメはないか物色したら、「咲-saki」という女子高生もののアニメが人気らしい。それを見始めたら面白いのなんのって、ゴールデンウィーク後半はアカギと咲一色でしたわ。アカギが陰で、咲が陽。このコントラストが良い刺激になりました。

時代の流れなんでしょうかね。今の女子高生もののアニメってみんな「咲-saki」のような、ああいう顔している(笑)。顔がほとんど一緒なので、髪型とか髪の色、メガネでキャラクターを分けているけど、そういや「ときめきメモリアル」というゲームもあだち充のキャラクターもそういう感じ。あだち充の場合は、キャラの顔とか髪型が数パターンなので作者ですら見分けがつかないそうな。

「ときめきメモリアル」の場合は、ロングのスカート、「咲-saki」の場合は超ミニスカート(or超ロングw)とこれも時代を反映しているんでしょう。思い出したけど、「ときめきメモリアル」がアニメ化された時はルーズソックス履いていました。今見ると違和感ありまくりだろうな・・・。


さて動画ですが、中国でも日本の女子高生のスカートの短さが話題になっているようですね。まぁ、あんなに娼婦みたいに短いスカートを普通の女子高生が履いている国は、日本だけなので驚くのも無理ないでしょう。それと対比するかのように中国の一般的な制服はジャージ・・・。まあこれも一長一短でしょう。もしかして、中国がジャージなのは、一人っ子政策のためで、日本の女子高生の超ミニが許容されているのは少子化対策だったりして。冗談(笑)。







【海外の反応】日本の高校生生活がアニメみたいで超楽しそう!


アニメってもっと短いスカートを着用していたのに!という外国人のコメント。まあ、偏差値とか、学校によっても違ってくるし、規則が厳しい学校は無理でしょうね。確かに短い学校はあるんだけど、アニメの場合ファンサービスというのがあって、無駄に温泉のシーンが出てきたりします。「咲-saki」もそうだった。昔とは違って、アダルトアニメでない場合、隠す場所は必ず隠すことになっていますが、体の前にタオルが浮いていたり、湯煙が局部にだけ集中していたり、とっても不自然なんですよね・・・。常に上半身はだけた状態なのに、乳首が必ず服に隠れる。という設定の小さな巫女には思わず「その格好で大会に出場とかねえよ!」とツッコミ入れたけど(笑)。



『日本で高校生活を送りたい!』日本の制服が海外で大人気!! 【海外の反応】




【海外の反応】日本の高校のランチタイムに海外から羨望の声!「みんな超可愛い」




【海外の反応】 日本の高校の文化祭を見て感動する外国人の反応
posted by クールジャポン at 08:00| 中国の日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする