2013年12月15日

日本で生まれた珍餃子を台湾人がレポート



手羽先に餃子の具をつめて、手羽先餃子ですか。想像するだけで旨さが伝わってきますね。こういう発想をするのは日本人らしいと言えばそうなんですが、この日本人の大胆な発想に台湾人が驚いています。というか、これ見た目からしても、炭水化物ではなく肉で餃子の具を挟んで餃子と言えるのか疑問。基本的に中国人にとって、餃子と言えば水餃子。日本の炭水化物こってりの餃子は珍しい存在です。それと、餃子とラーメン、おまけにたこ焼きを食べるというような、日本人特有の炭水化物かけ合わせも中国人には奇異に映るそうです。

この番組、レポーターは、中国人、台湾人、韓国人とさまざまですよね。Youtubeについているレビューを参考に何処の国の人かを割り出しているんですが、間違う可能性があるので要注意。

話変わりますが、餃子と言えば、幸楽苑というラーメンチェーン店がありますよね。そこでたまに配布される餃子無料券って、お得だと思いません?だって、290円のラーメン頼んでも、餃子無料券をつければ200円分の餃子が無料。290円でラーメンと餃子が食べられます。昔から幸楽苑の餃子って小さいと思っていたのですが。小さいくせに店員がやけに薦めてくるのが少々うっとおしかったんですよね。でも最近、幸楽苑の餃子が30パーセント増量となり、このコスパが高いので、注文してもいいと思えるようになりました。

2013年の全国ラーメンチェーン店ランキングで、『幸楽苑』は2位。ちなみに、1位は、『味千拉麺』、3位は『スガキヤ』、4位は『花月嵐』。花月嵐の創作ラーメンが好きなので、『花月嵐』もっと増えて欲しいですよね。近所にある『花月嵐』。ニラ壷に入っている激辛ニラをラーメンに大量に入れるんですが、入れ過ぎが原因でしょう。ある日、私が入店すると、店員が、私の席の周囲の壷を撤去されるというあからさまな嫌がらせをするように・・・。それ以後行ってないのですが、やはりあの激辛ニラの旨さは忘れられないです。

10位に山岡家があるんですが、午前11時までの朝ラーメンは390円とお得。あの油の乗り切ったラーメンが390円とはかなりの破壊力を秘めていると思います。最近山岡家の勢力が拡大してきているので、ダークホースとして注目ですな。




中国、台湾では餃子と言えば水餃子。


台湾つながりで。実は、渡辺直美は台湾出身なんです。そういえば、夏川りみのおばあさんが台湾人でしたよね。



1.『驚きの0円餃子!?』の「餃子処たちばな」(高円寺)
ドリンク一杯で餃子が無料。原価を考えればそんなに安く思えないんだけど。ちなみにビールだけではなく、どんなドリンクもOK。

2.『餃子アイドル美女軍団』の「一口餃子クーニャン」(新橋)
3.『孔子72代目の子孫が作る究極餃子』「異味香」(西川口)



フランス・パリに行列ができる餃子バー。
フランスパリでは餃子バーが人気との事。確かに、酒のつまみには餃子はうってつけですよね。

posted by クールジャポン at 10:55| 台湾の日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする