2013年11月23日

【日本は理想】ウクライナで韓国製の列車が故障続き



ウクライナの鉄道は、時速10-0km以上は出せない設計。しかし、ヒュンダイを時速160kmで、走らせようとしています。もちろん、日本の新幹線が理想なのですが、コスト的に無理。

コストを最優先し、安全性を軽視した韓国の鉄道列車と、日本の安全な鉄道列車。日本の場合、安全性を重視しすぎて石橋を渡るという感じですね。リニアモーターカーも2027年の開通目指しているんですが、いくらなんでも遅すぎる。もっと早い実現でも可能だろうと思います。

高い安全性を維持するため、コストがべらぼうにかかる。そのため、新幹線の料金はいまだ、べらぼうに高い。東京⇔大阪で行き帰り25000円以上かかるのは、なんとかして欲しいんですよね。青春18切符を活用して、東京-大阪間を、片道4260円で行く事ができるそうなんですが、面倒なのでやろうとは思いません。料金が余りにも高いため、新幹線は最近乗っていませんね。私は、旅行や遠出する際は、安い高速バスを利用しています。慣れると、便利ですよこれ。

ちなみに旅行ですが、最近は、バスの行き帰り交通費1000円で、一泊2食付+アルコール飲み放題で、5650円〜という超激安なおおるりホテルグループを発見したのでそれが今のマイブーム(笑)。このグループは、温泉の泉質に特にこだわっているんですよね。草津、熱川、鬼怒川、日光、那須塩原などにホテルを展開しているんだけど、いつか全部のホテルを制覇してみたいですなぁ。



さて動画ですが、韓国企業が日本のイメージを利用して、鉄道車両の販売に精を出しているようですね。まぁ、結果として、コスト最優先のため、安全性に難があり。事故が多発して、後の後悔先に立たず。を字で言っている結果になるんだけど。そういえば、似たようなケース、橋の建設でありましたね。日本と韓国が落札争いをして、韓国が競り勝ち。その結果、低価格なコストで韓国が橋を建設した為、あっけなく短期間で崩壊。日本政府がODA援助をして、立派な橋を建設して一件落着という話。

日本の威を借りる韓国のイメージ戦略も、安全性に問題があるなどの自滅的な販売が祟り、世界的な信用をどんどん失っているんだけど。そんななか、BBCがおこなった韓国に対する世界の意識調査で、韓国を一番嫌いな国トップに輝いたのはなんとドイツ。日本かと思っていたんですが(苦笑)、意外にも日本は13位。




なるほど、ドイツの嫌韓には、こういう状況があったんですね。韓国人は日本人に歴史を直視しろ。謝罪しろ。過去の侵略を反省しているドイツ人に学べと言いますが、ドイツ人から韓国人が、世界で最も嫌われているという皮肉な結果になりましたね(苦笑)。


ウリナラの建築技術は世界一(パラオ編)



マレーシアの競技場の屋根崩壊! 〜韓国企業が建設に携わると?〜








posted by クールジャポン at 17:34| その他の国の日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする