2013年03月09日

【WBCVS台湾】日本のメディアが放送しない台湾への感謝プラカード



SIN0071980
どちらが勝ってもおかしくない好試合だったし、あらゆる意味で良い試合だった。
感動とはこういうのを言うんだな、本当に。

CHIRICO2010
謝謝台湾! 台湾ありがとう!
台湾チーム、王建民、はほんとに強かった。
台湾の人達、台湾メディア、プラカード揚げてた日本の人達ありがとう!

日本のメディアはほんとダメだな・・・


-----------------------------------------------------------------------------------------

8日、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで戦った日本VS台湾。延長戦にまでもつれ込む凄い試合だったそうで、見逃してしまって残念。この試合、台湾での盛り上がりと同時にあるプラカードや横断幕が2ちゃんねるで話題になっています。

それは、大震災の義援金援助に感謝する日本人たちの台湾感謝のプラカード。テレビでは、10回戦のとき「台湾の寄贈に感謝する」という横断幕が映ったとのこと。こういう親日的なエピソードは朝鮮色に染まってしまった日本のメディアでは放送されません。でも、親日の台湾のメディアではきっちり紹介してくれていますね。動画では、日本と台湾の友好ムードが伝わってくるかと思います。

大震災の義援金援助に感謝する日本人たちの台湾感謝のプラカード。この出来事には伏線があります。
ふれると、民主党は、大震災の義援金援助にまつわる各国への感謝状を出したのですが、なんと台湾を感謝状の対象外にしました。これは、韓国と中国に配慮したものでしょう。人口2千万強の国が、一番多くの額の200億円以上(現在)もの義援金をたずさえ、いの一番に支援に駆けつけてくれたにも関わらず、民主党は徹底無視を決め込んだわけです。その非礼すぎる態度に大勢の心ある日本人は激怒したわけです。

一番なんてどころの話ではなく、全世界でダントツでトップの莫大な200億円もの義援金を寄せてくれた台湾に対し民主は、完全無視。恩人に対し、恩を仇で返すとは何事かと。民主の政治家たちは、台湾に対して感謝は全く無いのか? 日本の危機に同情して、身を削って多額の寄付を寄せてくれた最大の恩人たちを公の場で無視し、台湾の義援金の数千分の1の規模の募金の国々を絶賛できる精神・・・。人間として必要最低限持ってしかるべき、道徳や常識、マナー、感謝といった人間として失ってはいけないものを失ってしまった民主党の政治家たちとは、一体どんな連中なんだと。

恩を仇で返すなんてまるで・・・。恩に報いる日本人とは感性がまるで違う。震災復興に力を入れず、日本人を差し置いて反日の韓国に5兆円のスワップ提供とか、素性が怪しい。そもそも民主党の政治家たちは本当に日本人なのかと(苦笑)。興味がある人は、「民主 帰化」で検索することをおススメします。



にうい にうい
僕個人も台湾に貢献できるよう頑張ります。
うちの馬鹿政府の対応は本当に申し訳ありませんでした。
あんなカス政党僕は大嫌いです。

RockBeatit
日本政府の意見=日本国民の意見では無いですからね
台湾のみなさんにはとても感謝しているし
台湾のことはとても好きですよ

johnny11d
心優しい台湾の人々への民主党の非礼、深くお詫び申し上げます。
言い訳にもなりませんが、あのおよそ三年間、日本国政府というものは存在していませんでした。
日本国民の代表として選ばれたはずの政権は、日本破壊工作を企む”国壊”議員だらけ。
報道番組という名の宣伝機関から聞こえてくるのは中国、韓国、北朝鮮など反日勢力の主張ばかり。
第二次安倍内閣が発足し、少なくとも台湾を傷つけるようなことはもうないでしょう。
国内の反日勢力を一掃し国力を取り戻した際には、我々日本国民一丸となって、今一度アジアの解放のために戦うべきです。


------------------------------------------------------------------------------------------

ふがいない政府に対し日本人は、有志たちで募金を募り、「感謝の広告」を台湾の新聞に掲載しました。震災から一ヶ月後に台湾で報道されたニュースです。一ヶ月で実現するとは、なかなかの実行力です。空気を読めない民主党政府は、震災から一年後に、なぜか韓国の新聞に感謝の広告を掲載する。「最初に暖かい手を差し伸べてくれた韓国の皆さんを日本国民は永遠に忘れません」と。

韓国⇒犬2匹、役人5人、セブンイレブンの義援金74万円。ちなみに、ソウル・衿川区が区役所の職員を対象に募金した、日本の大震災被害者支援募金の80%を独島(ドクト)守護活動に支援することに決めた。というようなニュースでも分かるように、韓国の義援金は闇か、反日活動資金へ消える・・・。それだけでは収まらず、その義援金をネタに韓国が何かにつけ「日本にしてやった、助けてやった」と威張り、「恩知らず」と日本に対して罵っている姿は滑稽です。

いっぽう台湾では、
台湾⇒義援金200億円 救援隊待機


台湾を無視して、あてつけるかのように韓国に感謝する民主党・・・。
明らかに変ですよね。さすが予想を裏切らない売国政党。

台湾は義援金200億円と救援隊待機の支援をしてくれたのに、この事を知る人は少ないです。理由は偏向したメディアです。韓国は賛美するけど、台湾の親日ぶりはテレビで報道しない。かつての民主党政府の台湾への対応と現在のメディアの台湾への対応が奇妙に一致している事から、民主とメディア内部で、どういった人たちが力を持っているのか、推理するのは面白い。



民主党がやらかした日本人らしからぬ非礼の結果、しかたなく有志でやるしかなかった、「感謝の広告」が台湾で反響を呼びます。台湾の新聞などで展開した日本人有志たちの「感謝広告」が、来年2月以降の台湾の教科書に掲載されることになりました。採用された広告は、宮城県石巻市の中学生らが、古タイヤを利用した手製の太鼓を打っている場面に、 「元気です。ありがとう台湾」と書かれたもの。台湾の中学3年生用「公民」の「世界公民の基本素養」の項で、 資料として掲載されるとのこと。
今回の「感謝広告」は、政府の外交常識のなさを民間で是正できる好ケースですね。





WBCつながりで、台湾の美少女たちが笑顔で韓国国旗を潰したことが話題になったりと、台湾と韓国の険悪ムードが話題になっています。韓国人は台湾人に相当嫌われているのですが、上の動画を見れば理由は分かると思います。それにしても日本人と台湾人って人の良さという面で似ているなと。隣国の傍若無人さにウンザリしているの日本人だけじゃないと思うと心強いです(苦笑)。
posted by クールジャポン at 14:26| 台湾の日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする