2012年05月02日

外国人に大ウケする?!ホテル客室で楽しめる温泉

ゴールデンウィークなんだけど、行くとこなくて、とりあえず大阪に行ってきたんだけどw。高速バスで東京から大阪まで方道3500円。格安な時代になって本当に助かります。と思いきや高速バス事故のニュースが舞い込んで、バスの運転手の運転が荒いのも加わり、帰りは戦線恐々・・・。
大阪に行くといつも思うんですが、大阪のエスカレーターって、止まって登りたい人右側、歩いて登りたい人左側です。これ東京と真逆。なもんだから、東京の人が大阪に行ったら、エスカレーターを停滞させる事必至ですよ。まぁ、これ関西人と関東人の気質の違いを明確に表しているんだろうけど、関西人は登る側が左側ですよね。体の神経中枢って、左右逆だから、アクティブとなっているのは右側の脳(感情、全体)です。逆に関東の人は左脳(思考、部分)に偏っていると。細かい事を気にせず、直情的なのは関西人を見りゃよくわかります(笑)。
それと、気がついたのが大阪駅の変貌ぶり。大阪駅周辺の景観がすっかり上品になっていましたね。まるで、東京の立川駅に似た雰囲気です。両方わかる人には膝をついて納得なんですが、大阪環状線のオレンジ電車なんてまさにちょいまえの中央線そのものです^^。地価が高いのが理由で、ラーメンなどの食べ物の高価格さもまるで立川(笑)。

hoteruhanshin.jpghoteruhanshinentrance.jpg
ホテル阪神というホテルに泊まったんだけど、このホテルなんと客室のバスに温泉が流れていて、わざわざホテル内の浴場に行くまでも無く、客室で温泉が楽しめると言う優れもの。このシステムって、今後流行して欲しいですね。皆の前で裸になるのに抵抗感がある外国人に大ウケしそうです。hoteruhanshinroom.jpgonsen.jpg
温泉の色は琥珀色。蛇口で温泉か水かを選択できます。タンクに貯蔵しているそうで、利用する時間(利用客数)によって、温泉の濃さが変わっていましたね。誰も利用しない時間を狙って、温泉に浸るのも手。
download.jpg
徳次郎の湯
泉質:単純温泉(低張性、弱アルカリ性、低温泉)
適応症:神経痛、関節痛、筋肉痛、五十肩、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、健康増進など。




posted by クールジャポン at 19:42| 外国人の日本観光スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする