2010年12月17日

海外のトンデモ日本食 チョコ寿司



 伝統的和食と外国人(各国に在住する華僑や朝鮮系又は土地の人)-によるアレンジ和食とは別物として定義しておく必要があ るだろう。 そのうえでユーザーが伝統和食と他のものによってアレンジされた-創作和食を選ぶかは自由である。 伝統和食と言うものを理解される努力もせずに創作和食を氾濫させ-たのではユーザーにたいして失礼でもある。 アレンジ料理は伝統的料理が理解されたうえでの存在でなければな-らない。それは、日本国内でも同じ事 


世界に25000店ある日本食料理店。でも、なにか怪しい。日本人が経営しているパーセントって少ないんじゃないの?特定アジア人が経営している可能性が高いと言えば、日本に敬意を払っていない場合もあるわけで、平気で日本料理を貶める食べ物があるのも現実・・・。

チョコレート寿司???

謎の日本料理が世界に蔓延しています。


んまぁ。所詮不味い料理は駆逐されていくんでしょう。世界に受け入れられたら、それがいかに日本人の口に合わなくても、料理として成立するのが世界です。

ここの部分は時間が解決してくれると思います。逆にそういう創作料理が日本食を世界に広めてくれるきっかけになればと思いますよ。明太子スパゲッティに明太子が使われているからと言って、誰もスパゲッティを日本料理だと思わないでしょう。基本さえ、流通すればいいわけで、そこから派生するものに関しては、逆に応援しないといけないわけです。
posted by クールジャポン at 20:37| ヨーロッパの日本ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする