2010年09月30日

密入国は違法ではないと言い張る中国人




江頭2:50ばりに、尖閣諸島に関して一言物申したいんですよ。他国に侵略してきて、日本に賠償と謝罪を求める。これ、いい加減にして欲しい話なんですが・・・。

中華思想そのままです。中国人と言うのは、基本的に自己中です。今まで日本人が振り回されてきた手口なんですが、靖国も中国の戦略に日本人が安易に乗ったがため、中国政府からバッシングされているわけです。

結局中国の圧力に屈して船長を釈放させ、その責任を那覇地検に全部負わせた、菅直人政権。司法の独立を無視するなんて、本当に行き当たりばったりとしか言いようがないですね。譲歩する前に、譲歩した際の相手側の譲歩を前もって引き出しておくことは、外交では基本中の基本なんですがね・・・。

現在中国側の態度が軟化してきたそうですが、「欧米から批判があったから、中国は態度軟化させたらしい!」というメディアの論調は、あまりにも嘘っぽいですね。ゼネコン「フジタ」の日本人社員が中国当局に拘束された件はまだ解決されてないです。

あの国が態度を軟化させたら、何かが終了したか、次のステップに移ると考えたほうが無難です。とはいえ、確かに中国は、世界からの孤立化を恐れている部分があり、そこの部分でアメリカや欧米と連携して中国に対処するのは有効だと思いますよ。

今回の中国の軟化の舞台背景には、今後の日中外交のヒントが隠されてます。


今後の中国は、民主党の「政権基盤の軟弱さ、脆さ」を見越して、ここぞとばかりに、この種の領土ぶん取り政策を次々と打ってくる気がします。そのたびに振り回される日本の政治と、メディア。まさに、悪夢の始まりの気がするんですよね。今回の件も主導権は、ずっと中国に握られっぱなしですし。今の政府に中国への制裁措置とか期待できないのは、情けないですね・・・。

竹島は占領されて「もう韓国領土」ですし、中国からすれば、友好的に侵略できる日本って、有難い存在なわけです。人口が膨大に膨れ上がった中国のエネルギー問題を解決するためにも、尖閣諸島は、必死で奪いにくるでしょう。

いつ台湾を侵略してもおかしくない中国。沖縄の米軍基地の存在が東アジアの均衡をかろうじて保っていることを日本人は自覚したほうがいいと思います。


さて、動画ですが、密入国は犯罪ではないと主張する中国人。なかに、密入国を遣唐使に例え、密入国を肯定する、張景子がいます。彼女、日本国籍を取得したんですが、活動家風な徹底した思想の持ち主なので要注意ですよ。たけしの番組でよく見かけるんですが。どういうつながりなのか、知りたいです。

中国人に正論を言うドイツ人。「自分の国の制度の批判はできないくせに、日本の批判ばかりおこなう。しかも、密入国まで肯定化する。いいわけばかりで、反省がない。」と主張。

「中国人は自分だけ正しいと思っていて、人の意見聞かずに、自分の主張ばっかりする」と井沢元彦。そのとおりだと思います。
posted by クールジャポン at 14:33| Comment(3) | TrackBack(0) | ここが変だよ日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
動画を見た感じでは少し異なった印象を受けました。
密入国が犯罪ではない
密入国者が無罪だ とは言ってないように思います。

密入国者の誰もが外国人犯罪を犯すような人達ではない
単純に働きたいと思っていることを理解して欲しい
と主張しているだけのように思います。
認めて欲しいという感情が0という訳でもないでしょうけど。

もちろん法治国家で違法行為に賛成するわけもありませんし
劣悪な環境は逃げるのではなく変えて行くべきであるのも事実です。
ただ、彼女の日本語の「表現力」不足から、一番主張したいことと
それを受け取った側とで大きくズレてしまったように思います。

本文で「密入国は犯罪ではない」と表記されていたのが
気になってしまいコメントさせて頂きました。
Posted by at 2010年10月02日 21:19
 先に動画を見られた方が「少し異なった印象を受けました」とコメントされてますが、動画を拝見したところ開始直後に中国の方の「密入国は犯罪にならない」という発言が…(´・ω・;)
 したがいまして、これを「表現力不足」と捉えるのは些か強引に感じます。
 また、この動画の議論の本旨は「密入国は犯罪であるにも関わらず中国人はそれをやめない・反省の色も見えない」という点なのであり、「密入国の誰もが犯罪を犯す・犯さない」という議論を持ち込むのは、論点のすりかえに当たる気がします。
 中国人のこういった所(謝らない・反省しない・話をすりかえる)が、国際社会でルールを守らないと言われてしまう原因ではないでしょうか。

 そして、単純に働きたいのは何処の国の人も同じです。日本人とて例外ではありません。当たり前の事ですが、大勢の中国人が日本で働こうとすれば、日本人の職が減るのです。
 加えて、日本では外国人の就労及び滞在に対し、税金の免除・生活保護・子供手当などの補助を行っていますので、外国人が増えすぎれば、それだけ多くの税金が割かれる事になります。この補助金は私達の税金から賄われています。

 自国の劣悪な環境を変えるのは本来中国政府の仕事であるにも関わらず、それを放棄し、挙句は日本に対して対応を要求するのはおかしな話ではないでしょうか。
 もっとも、私には、自国の劣悪な環境を放置していること自体が中国政府の思惑であるように思えてなりませんが。

 本当の友好を目指すなら、相手が間違っていたらそれを指摘し、諌めなければなりません。中国人の自己中心的なふるまいには「我慢して合わせてあげる」のではなく、対等な立場から「それはおかしい」と言ってあげるべきです。


Posted by at 2010年10月05日 01:02
話し合いでどうこうできる国だったら尖閣問題は起きません。
Posted by at 2010年10月06日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック